FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

立体芸術の愉しみ

           151蝦夷鹿j
  以前は、彫塑という立体芸術の愉しみが、よくわかっていませんでした。
 「ブリティッシュ・アート論」の現代彫刻の授業のとき、大理石でできた鳩の映像を見ました。バーバラ・ヘップワース(1903~74)という女流彫刻家の“DOVES(鳩たち)”という作品でした。硬く冷たい大理石でできているのに、ふわふわとした羽根にぬくぬくとくるまった白い鳩が身体を寄せ合っているように見えました。柔らかそう・・・。触ってみたい。その後、英国テートギャラリーにあったヘンリー・ムーア(1898~1986)の作品でも、同じような経験をしました。このゆるい曲線は、柔らかそう・・・・(触ってみました。触っても良かったのか、禁を犯したのか、定かではありません。ごめんなさい。) 硬い石であり、ブロンズであり、木であっても、その素材を忘れる作品の滑らかさ。血が通っているかのように見え始めました。すると、彫塑と言う分野が面白くなってきました。

 先の彫刻家佐藤忠良生誕100年特別展では、実際に触ってもいい作品がたくさんありました。お尻の曲線も、ごわついたジーンズも、子どもの頬にも、触れることができました。芸術にじかに触れることができたのです。高い場所から、この作品、お前らにわかるか?というのではありません。一緒に分かち合える喜びがありました。

 佐藤忠良の作品には、人間の持つ温かさ、優しさがあります。人間を愛し、人間を信じた人。佐藤忠良の成し終えた作品―彫刻にも、絵画にも、文章にも、健康な精神が満ちています。次世代に伝える言葉にも溢れだすものがいっぱいです。

「美術や人間の変化というと、時代が移り変わったり、年齢を重ねたりすると自然に変わっていくように感じられるかもしれないが、私たちは、そうは考えていない。自然に変わるどころか、自覚的に人生を歩んでいる人は、自分を作り変える努力を重ねて生きていっていると、とみている。なぜ、こうした努力を重ねるかというと、自由な人間になるためである。自由な人間というのは、偏見や権威に惑わされず、理想や美に対して直面し、勇気をもってそれを吸収できる知性や感性をそなえた人間である。生まれたままの自然児が自由な人間ではなくて、ほんとうの知性や感性を努力の末に獲得した人間が、自由なのである。」(高等学校美術科『美術・その精神と表現』)

☆写真は、佐川美術館の建物を囲む水辺に立つ「蝦夷鹿」(佐藤忠良:作)

PageTop