FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

リスベート・ツヴェルガー原画展

  136ツヴェルガーj
 「クリスマス・キャロル」「クリスマスのまえのよる」「アンデルセンコレクション」等の画家、リスベート・ツヴェルガーの原画展に行ってきました。オーストリア生まれの女性の画家です。1954年生まれの現役で、しかもデビュー35年というキャリア。未邦訳絵本の原画もたくさんありました。優れたデッサン力で描かれた、オシャレな衣装の登場人物や部屋の設え。衣装や壁飾りの細かい刺繍が、本物の刺繍のように細かく丁寧に描かれています。繊細な線。ともかく、細かーい。これは、印刷されたものでは、なかなか味わえません。やっぱり、原画。

ツヴェルガーは、1990年国際アンデルセン賞を画家部門で受賞しています。日本では、赤羽末吉と安野光雅が受賞している賞です。ちなみに1956年第1回国際アンデルセン賞は、エリーナー・ファージョン「ムギと王さま」です。

*「クリスマス・キャロル」(ディケンズ作 吉田新一訳 太平社)
*「クリスマスのまえのばん」(クレメント・ムーア詩 江國香織訳 BL出版)
*「アンデルセンコレクション」(アンデルセン作 大畑末吉訳 太平社)
*「ムギと王さま」(ファージョン作 石井桃子訳 アーディゾーニ絵 岩波)

PageTop