FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

紅花常磐満作花蘇芳花海棠紫木蓮

47ベニときわまんさくj48ハナズオウj
45かいどうj46ムラサキモクレンj
 先日、京都国立博物館「王朝文化の華 陽明文庫名宝展 宮廷貴族近衛家の一千年」に行ってきました。くにゃくにゃのかな文字は、やっぱりほとんど読めず、熱心に鑑賞したのは、もっぱら、書や絵を表装している古裂の美しさでした。
 多くは、落ち着いた色合いのグラデーション、時には、反対色の差し色使い。刺繍のもの、織りのもの、染めのもの。その書や絵の書かれた時代のもので表装したり、修復したりしているはずなのですが、今も魅力を失わない模様、紋様。季節感あり、さりげないテーマあり。西洋絵画の額も興味深いですが、日本の表具の「粋」も面白い。

  今、青空に差し色するようかのように、ビビッドカラーの花が咲いています。紫木蓮は、白木蓮が終わった後に咲くのですね。

写真上左;ベニバナトキワマンサク右ハナズオウ
写真下左;ハナカイドウ右シモクレン

PageTop