みんなみすべくきたすべく

改訂版 せいめいのれきし

恐竜1j
(承前)
 「せいめいのれきし」(バートン作 石井桃子訳 岩波)➡➡は、2015年に真鍋真監修によって、改訂されています。
絵本「せいめいのれきし」が生まれてから50年たち、その間にいろんなことがわかってきたことによって、本文の趣旨をかえることなく、新事実に基づいて、説明を改訂したのが、この新しい「せいめいのれきし」(バージニア・リ・バートン作 いしいももこ訳 まなべまこと監修 岩波)です。

 「改訂版 せいめいのれきし」は、科学的な新しい見識の部分の訳を改訂していますが、話の本筋は変わっていません。
 例えば。プロローグ2場
旧→≪わたしたちの地球は、何億年、何十億年もの昔、うまれました。太陽の家族にあたる、九つの惑星のひとつで、太陽からかぞえて、三ばんめの場所をしめています。・・・≫
新→≪わたしたちの地球は、46億年もの大昔に、うまれました。太陽の家族にあたる、8つの惑星のひとつで、太陽からかぞえて、3ばんめの場所をしめています。・・・・≫

 真鍋真氏は、生命進化史の研究者で、子どもの頃、この「せいめいのれきし」の愛読者だったようです。そして、岩波科学ライブラリーから「深読み!絵本『せいめいのれきし』」も出していて、そこでは、作家のバートン女史をリスペクトしつつ、特に恐竜について、その後判明したことなどを紹介しています。
 
 真鍋氏は作者に敬意を払い、訳者にも敬意を払っているのがわかります。それは、きっと、監修者ご本人が「せいめいのれきし」を大事な一冊のままにしておきたかったからだと思います。
 子どもの頃の愛読書の改訂に、関われるなんて、なんと幸せなことでしょう。他の誰でもない、一番の愛読者である自分が、丁寧に愛をこめて改訂するのですから。

 そして、真鍋氏は、今後も、絵本「せいめいのれきし」が読み物として、子どもたちの手に渡ることを、忘れていません。
 ここが、同じ思いを持つ愛読者のひとりとして、嬉しい限りなのです。一人でも多くの子どもたちが絵本「せいめいのれきし」に出会い、地球上に生きる喜びを知ってほしい、そして、考えてほしいと願うのです。

 バートン女史は「せいめいのれきし」の最後でこういいます。
≪さあ、このあとは、あなたのおはなしです。主人公は、あなたです。ぶたいのよういは、できました。時は、いま。場所は、あなたのいるところ。いますぎていく1秒1秒が、はてしない時のくさりの、あたらしい わ です。いきものの演じる劇は、たえることなくつづき――いつもあたらしく、いつもうつりかわって、わたしたちをおどろかせます。≫(続く)

☆写真は、ロンドン 自然史博物館

     自然史博物館j

PageTop

せいめいのれきし

地層3j
(承前)
 ルチェルン交通博物館のトンネル断面図➡➡に興味津々だったのは、スイス観光をしていると、出くわす、目に見える断層、地層のことだったからです。
地層2j
 高校の時の地学の先生の顔は思い出せても、一体何をやったのかわからんという不届き者ながら、今は、湖から眺める崖などを見ていると、ふーむ、これはいつの時代だったのかい?と、ちょっとは、頭を働かせようと鋭意努力し、結局、うーん、凄く古い時代なんだね。と、納得するだけで終わっています。
地層5j
地層9j12
地層8j

 が、地学で習った知識というより、思い浮かぶのは、かつて子どもたちと楽しんできた 改訂前の「せいめいのれきし」(バージニア・リ・バートン作 石井桃子訳 岩波)です。
≪山が、たかくもちあがってきました。気候はさむくなり、かわいてきました。氷河がうまれて、沼地は、さばくにかわりました。地上のいきものの歴史で、これは大変な危機でした。・・・・≫という1幕6場。
地層6j
そして、2幕1場
≪気候が、すこしおだやかになりました。大きな川や小さな川が、山をけずって流れだしました。・・・≫
2幕3場
≪山は少しずつ高くなっていきます。気候はだんだんさむくなってきました。・・・≫
2幕4場
≪山は、いよいよ高くなっていき、気候は、どんどんさむくなってきました。・・・≫
3幕2場
≪火山が、火をふきはじめました。そして、山が、また高くなりはじめました。・・・≫
3幕3場
≪山は、いよいよ高くなっていき、火山も、噴火をつづけていました。気候は、たえまなくすずしく、かわいていきました。・・・≫
3幕4場
≪噴火と造山連動(山のできること)は、この時代に絶頂にたっしました。気候は、ひじょうにさむく、空気は、ひじょうにかわいてきました。・・・≫
地層4j
3幕5場
≪北に、大きな氷河が、いくつかうまれて、地面をけずりとりながら、ゆっくり南にすすんでいきました。地球の歴史のうえで、この時代は、氷河時代と呼ばれています。この大きな氷のかたまりは、四ど、北からおしよせて、四どとけて、しりぞいていきました。そのころ、にんげんは、すでにうまれていたでしょう。でも、まだたいした力は、もっていませんでした。≫(続く)
地層1j
☆写真下から2・3番目はロートホルンという山ですが、昔、氷河が流れた跡がわかりますか?一番下の写真は今なお残るアルプス三山の氷河。

PageTop

がたんごとん がたんごとん ざぶん ざぶん

    がたんごとんj
 「がたんごとん がたんごとん」(安西水丸 福音館)
 がたんごとん がたんごとん のせてくださーい 
 がたんごとん がたんごとん・・・の、繰り返しの「がたんごとん がたんごとん」の絵本は、小さい子どもたちと、一緒に楽しんでほしい1冊です。
 がたんごとん がたんごとんと 列車が進み、リンゴやバナナ、哺乳瓶も のせてくださーい。
 小さい子どもたちの身近なものが、次々、のせてくださーい。

 で、終点です。おりてくださーい。
 絵も単純化され、小さい子どもにもわかりやすい。
 
 夏バージョンの「がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん」もありますよ。
 スイカやアイスクリーム、ビーチボールも出てきます。
 個人的には、がたんごとんがたんごとん ざぶんざぶんの「ざぶんざぶん」の音が好みです。
 23年ぶりの続編らしいですから、「がたんごとん がたんごとん」が長い間支持されてきたのがわかります。
 
 小さい子の絵本は、身近なものが出てきて、繰り返しのある言葉、リズミカルな言葉のものが楽しいのですが、一番は、身近な大人が読んで、一緒に楽しむことに、つきますね。

 ちなみに、この登場人物(?)の中で、孫(1歳3ヵ月)が好きなのは、小さなネズミ。

☆写真は、がたんごとん がたんごとん オモチャ。丁寧な作りです。子どもと絵本に関わる人が、作ってくれました。

PageTop

わっしょい わっしょい

わっしょいj
(承前)
 「蚊」も「蟻」もと書いたのに、「蚊」のお話だけ紹介するのも、片手落ちのような気がして、今日は「蟻」のおはなし。
 といっても、「ありこのおつかい」(いしいももこ文 なかがわそうや絵 福音館)ではなく、もっと、小さい子ども向けの絵本です。

 「わっしょい わっしょい」(福地伸夫さく 福音館)は、小さい子向けの絵本なので、絵がはっきりくっきり、見やすく、しかも「いっぽ にほ ありさん」、「わっしょい わっしょい」の繰り返し。
 登場するのも、さくらんぼ、イチゴ、ビスケット。それに、少々、傷みが来て、甘い匂いが漂って、皮がふにゃふにゃしてそうなバナナ。
 甘いもの・・・子どもの大好きなもののオンパレード。

 で、最後のページは、集めてきた甘いものが全員集合。
 「わっしょい、 まっかしょい」

 小さい子と、声に出して楽しまなくちゃね。
 「わっしょい、 まっかしょい」

PageTop

しーつ!ぼうやが おひるねしているの

ぼうやj
(承前)
 次も、「蚊」の出てくる絵本です。

 「しーつ!ぼうやが おひるねしているの」(ミンフォン・ホ作 ホリー・ミード絵 安井清子訳 偕成社)

 この絵本は、タイの農村の様子が描かれています。
 住まいの様子も、身近な動物たちも、日本とは、少々異なります。
 が、なかなか寝なくて、ごそごそ 動き回る 坊やは 万国共通。
 「みんな 静かにして。 ぼうやが お昼寝しているから」・・・と、動物たちに訴えて回る母心も、万国共通。

 一番小さな蚊から始まり、猫にねずみ、蛙に豚、あひるにテナガザル、水牛に象に「しーっ!」と、お母さん。
 最後の象に「しーっ!」というときの お母さんの、眠そうな目。
そして、この絵本を見る楽しみは、お母さんが、それぞれの動物たちに言って廻っている時の、ご坊やの動き。

 やっと あたりが すっかりしずかになった頃、
≪おかあさんは まどべで こっくり こっくり   月は 木の上に そうっと のぼり   風も ふくのをやめました   もうなんの音も きこえません   みんな ぐっすり ねています≫

 さて、≪たったひとり ぱっちり まあるく 目をあけて おきているのは だあれ?≫
という最後のページ、どこかでみたような 坊やが描かれています。

PageTop

どうして カ は みみのそばで ぶんぶんいうの?

絵本2j
「どうして カ は みみのそばで ぶんぶんいうの?」(ヴェルナ・アールデマ文 レオ・ディロン・ディロン絵 やぎたよしこ訳 ほるぷ)

 今年は、毒アリ上陸のNEWSです。大阪湾に面した阪神地区に住む者にとっては、決して、気分のいいものではありません。
 デング熱を発症させるのは、「蚊」でした。マラリアというのも「蚊」でした。
 眼に見える生き物の中で、一番小さいとも言えるアリ(蟻)や、カ(蚊)が、知恵ある(はずの)人に迫ってきます。(ダニというのもありました)
 そんなとき、いつも思うのは、小さな生き物が人に何か警鐘を鳴らしているんだと感じるのです。
 そして、思い出すのが「どうして カ は みみのそばで ぶんぶんいうの?」という絵本です。

 「どうして カ は みみのそばで ぶんぶんいうの?」は、西アフリカの民話です。
 ≪あるあさ、イグワナが みずたまりでみずをのんでいると、カ がやってきていいました。「イグワナ、わたしが きのう みたことを、はなしたって しんじてくれないでしょうね。」「まあ、いってごらん」と、イグワナがいいました。「あのねぇ、おひゃくしょうが、あたしくらいもある ヤマイモをほっていたの」「ヤマイモにくらべたら じぶんが どんなに ちいさいか しっているくせに!」イグワナは、ぴしゃりといいました。・・・≫
 それで、そんな馬鹿話を聞くくらいなら、聞こえない方がましだと、イグワナは両方の耳に木の枝で栓をしてしまいます。
そのあと、イグワナはニシキヘビのそばを通って、「おはよう、イグワナ」と声をかけられても返事をしません。それで、ニシキヘビは不審に思い、「イグワナの奴、何か企んでいるのかも?」と隠れるところを探し、ウサギ穴に入っていくと、慌ててウサギが、いのちからがら逃げ出します。すると、それを見たカラスが危険を知らせに森に飛んでいき、その声を聞きつけたサルは・・・・
 と、広がっていき、ついには、おひさまが出なくなったので、王さまライオンが、その原因を探っていきます。

 一番小さい「蚊」が耳のそばでぶんぶん言ったことが大騒動につながるお話なのです。で、その結末は・・・・・?

 写真のページはカラスが事情を説明しているところです。デフォルメされたすっきりした絵は、どこか沖縄「紅型(びんがた)」に、ちょっと似ていると思うのは、カ・リ・リ・ロだけ?
 

PageTop

ピーレットのやさいづくり

絵本1j
「ピーレットのやさいづくりーちいさな こどものための やさいばたけのおはなし」(ウルリカ・ヴィドマーク文 イングリッド・ニイマン絵 高橋麻里子訳 岩波)

 以前、お話の本ではないものの、ゲルダ・ミュラーの「ソフィーのやさいばたけ」という絵本を紹介したことがあります。➡➡
 こちら「ピーレットのやさいづくり」は、小さな女の子ピーレットが畑を耕し、水をやり、手入れをして、収穫、市場に並べるまでのお話の絵本です。

 ピーレットも可愛ければ、いつもそばに居る犬のピフも可愛い。
 小さな子が、何かに真剣に取り組んでいる表情そのままが描けています。

 色は、黒、黄色、緑、赤と、ピーレットの肌の色だけですが、いちごも、ラディッシュも、パセリも、人参も、豆も、そして赤い花、黄色い花も、ちゃーんと描けています。すっきり表現された絵は、単純なお話を生き生きと伝えています。
 
 この絵本で、嫌いな人参を食べてもらおうなどと思うなかれ、人参もピーマンも、いつか、そのうち食べられるようになるんだから、せいぜい、絵本のなかのピーレットの頑張りを、楽しんでみてください。

*「ソフィーのやさいばたけ」(ゲルダ・ミューラー作 ふしみみさを訳 BL出版)

PageTop

ちょうちょと けんかは するもんじゃない

     あめはふるふるj
(承前)
 昨日の「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」(アルビン・トゥレセルト作 レナード・ワイスガード絵 わたなべしげお訳 童話館)
の絵は、レナード・ワイスガードでした。
 ワイスガードは、いろんな作家の絵本に絵をつけていて、特に、マーガレット・ワイズ・ブラウン【「おやすみなさいおつきさま」(クレメント・ハード絵 瀬田貞二訳 評論社)などの作者】➡➡ と組んだ絵本が多いのですが、個人的に、ワイスガードの絵本では、着色された絵本より、「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」のような、一見地味な絵本が好みです。とはいえ、なんと20冊も、本棚にあった・・・

 そんな中でも、 「あめが ふるとき ちょうちょうは どこへ」(M. ゲアリック文 L.ワイスガード絵 岡部うた子訳 金の星社)という絵本は、ブルーグレー一色のすっきりした絵本です。アクセントに時折、黄色が使われています。
≪あめ、あめ、あめ、あめ。あめが ふるとき、ちょうちょは、どこへ いくのかしら。≫で始まるのですが、なかなか正解までたどりつかず、結局≪でも、ちょうちょは どこへ いけば みつかるのかしら。わたしは、あめのとき そとで ちょうちょを みたことが ないのですもの。   みなさんは、どうかしら。≫で終わってしまいます。

 ん?ん?子どもたちは納得いく答えが欲しくて、この本を読んでもらったら、もぐらやあひるのことはわかったけれど、ちょうちょのことはわからないし、おまけにことりもどうなってる????
 「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」が納得のいく雨の行方と、耳に楽しい言葉があるのとは、ずいぶん、違いのある絵本です。

 が、詩的な世界を表現するとき、ワイスガードの無彩色に近い絵は、その世界を邪魔しません。
「ワイズ・ブラウンの詩の絵本」(マーガレット・ワイズ・ブラウン詩 レナード・ワイスガード絵 木坂涼訳 フレーベル館)
「くまと ちょうちょ」
≪くまと ちょうちょが けんかした
 ひるも よるも けんかして
 とうとう くまが ひっくりかえり
 ちょうちょは くまの はなのうえ
 くまは おおきな ためいき ついた
 ちょうちょと けんかは するもんじゃない
 とくに つきよの ばんにはね!≫
☆写真は、後ろに立てているのが「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」右下「あめが ふるとき ちょうちょうは どこへ」左下「ワイズ・ブラウンの詩の絵本」

PageTop

ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ

     らずべりーj
 「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」(アルビン・トゥレセルト作 レナード・ワイスガード絵 わたなべしげお訳 童話館)
 時々、昔のことを覚えてくださる方がいて、20年も前に、絵本「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」を、読んだ日のことを鮮明に覚えているとメールをくださいました。久しぶりに「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」の絵本を、大人の皆さんの前で読んだ日のことでした。

 塗り絵のようなけばけばしい絵本が増えてきていた20年前でも、アクセントに黄色や茶色が使っていますが、ほとんどはカーキ色のようなグレーの濃淡。地味といえば地味。かろうじて、表紙のカエルのひょうきんな顔が、「かわいい」かもしれません。

 が、この絵本は、誰かが声を出して読むことで、より生き生きと楽しめるものとなります。
≪ぽとり ぽっとん すぷらっしゅ   ぽとり ぽっとん すぷらっしゅ  ぽとり ぽっとん すぷらっしゅ  あめは ふる ふる あさ ひる ばん≫
≪きらきら ひかる はっぱから ぽとりと おちる うさぎのはなから ぽとんと おちる ちゃいろのくまの しっぽから ぽとり ぽっとん すぷらっしゅ ひなぎくのなはびら つたって ぽとり ぽっとん きのみき つたって  ぽたぽた ぽっとん あまがえるの せなかに ぽとり ぽっとん≫

・・・・と、だんだん、読むほうも、聞く方も、この「ぽとり ぽっとん すぷらっしゅ」が楽しい。
≪あめは ふるふる ふりつづく   ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ   ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ   ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ・・・・≫

ほら!「ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ」がくせになりませんか?
そして、降り続く雨は、川の流れとなって、大都会にまで流れ、海にまで行くと、お日様が顔を出して、雨が止む・・・・

あれ!!くせになっていた「ぽたぽた ぽっとん すぷらっしゅ」の音がもう出てこない!!なんだか寂しい。もう一回読んで!(続く)
☆写真は、スイス 雨上がり 野生のラズベリー

PageTop

ぱあぷうぷう くりんくりん からん どす どす

basinnbann.jpg
(承前)
 しつこいようですが、まだピーター・スピアのボロボロ本が出てきたので・・・(今、ピーター・スピアの絵本は手元に15冊ありました)

「ばしん!ばん!どかん!」{はやいーおそい たかいーひくい」「ごろろ ううう ぶうぶう」の三冊です。(いずれも冨山房 訳は渡辺茂男、増井光子)

 ここ20年ほどで、赤ちゃんとともに楽しめる絵本が日本でも増えてきました。
 赤ちゃんが楽しむのですから、もちろんそれを読む大人がいなければなりませんが、生まれて日の浅い赤ちゃん、視力が未熟な赤ちゃん、その分、耳から楽しむことをしっている赤ちゃん。
 そんな赤ちゃん絵本には、身近な題材、はっきり描かれた絵、それに、楽しい言葉やリズムが必要です。

 うちの3人の子どもたちは、上記のピーター・スピアの3冊のうち「ばしん!ばん!どかん!」「ごろろ ううう ぶうぶう」の「音」たちもよく楽しんでいました。ただし、赤ちゃん時期より少し大きくなって細かい絵も楽しめるようになってからだと思います。

 例えば「ばしん!ばん!どかん!」の楽隊の行進のページでは、
≪どす どす どす くりんくりん どんどんどん どす どす どす ちんからりん りんりん りんりん ちりりん ちからん りん くりんくろんくろん ぴいっ ぴいっ たららんたららん たららん からん どす じゃあん!! からん ぱららんぱららん どす どすとてちてたあ!! ぱあぷうぷう くりんくりん からん どす どす ぱたぱた からん ちゃらちゃら どす どす ちゃらちゃら からん
どす≫
・・・と、ひらがな拾っても、ちっともわからなくて、絵を見れば、行進の臨場感が。
確か、一文字落とさず、読んでやっていた母親がいたなぁ・・・

 それから、「はやいーおそい たかいーひくい」は「はんたいのほん」と副題がついているように、反対の言葉のものを絵で対比しています。「おもい⇔かるい」のところでは、豚さんとちょうちょなどなど。こちらは絵がほとんどで文字は説明の部分だけ。
 それでも、3冊の中では、一番ボロボロなのは、母親に読んでもらわなくても自分でページを繰っていたのでしょう。

☆写真は、英国ロンドン 近衛騎兵連隊交代式 ぱかぱかぱか
 

PageTop