FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ぼくはなにいろのネコ?

ねこ10j
「ぼくはなにいろのネコ?」(ロジャー・デュボアザン 山本まつよ訳 子ども文庫の会)
デュボアザンの絵本は、たくさん翻訳されています。
「ごきげんならいおん」シリーズ、「ペチューニア」のシリーズ、「かばのベロニカ」のシリーズ、アルビン・トレッセルトと組んだ数々、などなど。ここでも、もっと紹介した絵本があるものの、なかなか全ては紹介しきれていません。

 ということで、猫の絵本。「ぼくはなにいろのネコ?」です。

≪「ぼくを見て」と黄色がいいました。「ぼく、パッとあかるいでしょ。ぼくは、秋のにわを いきいきとさせるキクの花。ぼくは、日なたでねむる黄色いネコ。ぼくは、ジャングルを音もなく とおっていくトラ。ぼくは、空にかがやくお日さま。もちろん、ぼくがいなければ、お日さまもないのさ」≫と、この絵本は、始まります。
≪「黄色いネコだって!」と子ネコのマックスがいいました。「黄色っぽいネコはいるけど、黄色いネコなんかいるもんか、もし、ぼくが黄色だったら、水仙の花たばと まちがえられてしまいそう。」≫と、子ネコのマックスは考えます。

 こんな、詩的な始まりのこの絵本は、次に青、緑、赤、オレンジ、茶色、黒、白…時にお互いが交じり合いながら、色が様々に交じり合っていく世界を 表現しています。絵本でなくては、表現できなかった抽象的な世界です。
 が、お話の本ではないので、少し大きめの子どもたちの方が、楽しめるかもしれません。

 また、最後には、大人にも、伝えたい言葉がありました。
≪「ほんとうに、ぼくら、ほかの色がいなければ、なにもできないね」と、黄色、青、赤、黒、白が、声をそろえていいました。「わたしたちが、なかよくいっしょにいれば、世界は、なんてうつくしく見えるんでしょう」≫

PageTop

そして、みんなも ねこである!

サイモンj
「サイモンは、ねこである」(ガリア・バーンスタイン作 なかがわちひろ訳 あすなろ書房)

 上記、写真の左端に、小さく「そして、みんなも ねこである!」という文字が見えますか?これは、表紙カバーを広げたところで、カバーされた状態では、表から見えず、折り込まれている箇所です。だから、多くは見落とします。
 が、洒落っ気のある作者は、この絵本のテーマであり、みんなも猫ということをどうしても、言いたくて、ここに表記したのだと思います。小さくても、主張するポリシーは、またこれ、この絵本のテーマだと思われます。

 お話は単純、サイモンという小猫がライオンやチーターやピューマやクロヒョウやトラたちに、「ぼくたちのだ にてますね」というところから話は始まります。みんなはそれを一笑に伏すものの、よく考えると、「いい耳を持ってる」「立派なひげと長いしっぽ」「鋭い歯」「とがった爪」「暗闇でも見える目」を、みんな持っていることがわかります。小猫のサイモンも「ちっちゃい」ながらも、持っていたのです。・・・・・ということで、サイモンも、仲間だとわかり、みんなで楽しく過ごす・・・というお話。

 これを読むと、ちょっとした違いにしか過ぎないものにこだわっていると、大きな括りが見えなくなる、ものの本質が見えなくる・・・・なーんてこと、考えて読んだら、面白くないので、このサイモンという猫たちの関わりを楽しむのみ。 

PageTop

きみとぼくのネコのほん

 パオラねこj
「きみとぼくのネコのほん」(トミー・デ・パオラ作 もりしたみねこ訳 ほるぷ出版)

 この絵本は、お話のある図鑑のような一冊です。いろんな猫の説明が続きます。
まずは、シャムネコ、マンクス、ペルシャネコ、レックス、アメリカン・ショートヘアー。他にも絵だけで登場するのは、バーミーズ、ジャパニーズ・ボブテイル、ヒマラヤン、メイン・クーン、ロシアン・ブルー、のらネコ、でぶネコ、農場のネコ。

 それで、アビシニアンのページには、古代エジプトの猫と呼ばれる由来が、書かれています。また、ローマ人がエジプトの猫を連れ帰ると重宝されたものの、中世になると、悪い魔女の手先と思われ、ハローウィーンの魔女の箒に乗る猫の絵が…それから、ヴィクトリア女王の時代には、猫の居る家庭が幸せの象徴とされ、たくさんの画に。そして、お話にも登場するチェシャーネコ フクロウと子ネコ 長ぐつをはいたネコ・・・・

 それから、猫の食事やトイレ、寝る場所・・・と、簡単に書かれています。そして、主人公のパトリックは、猫をもらって帰ったものの、一匹だけでいいと家族に言われ、上の写真下部に写る絵となるのです。
 
 ネコ好きの人には、たまらない絵本です。
 その後書きの部分に「ネコのおもしろじょうほう」もあって、その中に、「英語でおすネコはトム、めすネコはクィーンとよばれます。」とありました。ん?ん? ああ、また続くぞ!(続く:その2へ)

PageTop

つきねこ

つきねこ11
フランスのペール・カストールシリーズ➡➡は、日本でも何冊か翻訳されています。フョードル・ロジャンコフスキー『のうさぎのフルー』『りすのパナシ』『くまのブウル』『かものプルッフ』➡➡『かわせみのマルタン』他(福音館)➡➡や、ゲルダ・ミュラーの➡➡  ⇒⇒『ゆきのひのおくりもの』『さるとつばめのやおやさん』『マルラゲットとオオカミ』(パロル舎)なども、そうです。

 動物たちが活躍するこのシリーズで、猫の絵本は、パロル舎から出ていた「つきねこ」(アルベルティ―ヌ・ドゥルタイユ作・絵)です。今は、徳間書房から「こねことおつきさま」というタイトルで、出版され、訳は、同じ訳者(ふしみみさを)ながら、改訂されています。

 月と戯れる、子ネコが、生き生きと描かれています。どっしり構えているポーズの猫の絵が多い中、この子ネコは、自由自在に跳ね回っています。写真上左、≪あたまをしたにして、かべをおりるんだ。ツタをつたってね。せかいが さかさまに みえるよ。≫右≪さあ、芽キャベツばたけを つっきるよ!≫写真下左≪こんどは、やねに ジャンプ!≫右≪なんでも ぼくの まねを するんだね。まねっこあそびを しているの?≫(徳間書房「こねことおつきさま」)

 家も友達もいなかったこの自由な のらねこは、ミルクを見つけて、ぺろぺろ・・・ミルク壺をガッチャーン!・・・子どもたちに見つかって・・・

PageTop

ねこのラルフ

ラルフj
 「あくたれラルフ」(ジャック・ガントス 二コール・ルーベル 石井桃子訳 福音館 童話館)のラルフが、猫だということを忘れそうです。
 ま、猫じゃなく,きかん坊過ぎる、小さな子どもとも言えます。
この絵本が福音館から翻訳出版されたとき(1982年)、訳者石井桃子となっていて、ちょっと驚いたものです。
 石井桃子が、それまで訳してきたものと、絵やお話の雰囲気が、ずいぶんと違ったからでした。実際「あくたれラルフ」という、過激なタイトル。
 が、中を読んでみると、いたずらすぎる猫のラルフも、愛おしい存在です。

 この「あくたれラルフ」の後、ずいぶん、時を経て、訳者は、いしいももこからこみやゆうに変わり、出版社もPHPに変わってはいますが、、お馴染みのあくたれラルフと あくたれでもラルフを好きなセイラの登場する絵本は「あくたれラルフのたんじょうび」「あくたれラルフのクリスマス」「あくたれラルフのハロウィン」と続きます。

 どの絵本でも、生き生きとした動きを通り越した、ラルフの悪たれぶり。最後ではセイラに甘えたり、納得の表情だったり。
 子どもはこんなもんでしょ。という向きもあるかもしれませんが、ちょっとやりすぎというのもあるなぁ・・・・

「あくたれラルフのたんじょうび」「あくたれラルフのクリスマス」「あくたれラルフのハロウィン」(ジャック・ガントス 二コール・ルーベル こみやゆう訳 PHP研究所)

PageTop

湖水地方のネコたち(補)

グロースター12
(承前)
 英国 湖水地方から遠く離れたグロースターにも、忘れられない猫がいます。他のネコのように主役級ではありませんが、このネコの登場が、話に膨らみを持たせています。➡➡
『グロースターの仕たて屋』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)

昔、グロースターの町に貧しい仕たて屋が住んでいました。もうすぐクリスマスという日、市長さんから上着とチョッキの注文がはいります。➡➡

仕事に疲れ切った仕立て屋は、家の切り盛りをする飼い猫のシンプキンに、買い物を頼みます。
≪シンプシキン、わしらにも 金がはいるかもしれん。だが、わしは もうくたくただ。この4ペンス銀貨を もっていけ。(わしらのさいごの4ペンスだ)それから、ミルクいれも もっていけ。そして、パンを1ペンスに、ミルクを1ペンス、ソーセージを1ペンス、かうのだぞ。そうだ、それから シンプキンよ、さいごの1ペンスで べにいろのあな糸をかってこい。その1ペンスをなくすなよ。さもないと わしはおしまいだ。くたくたにつかれて、あな糸をかう金は、もうないのだから。≫
ボタン穴をかがる、あな糸が少し足りなかったのです。

 ところが、雪の中、買い物から帰ってきたシンプキンは、ネズミを食べられなかった腹いせに あな糸を仕立て屋に渡しませんでした。そして、そのあと、3日のあいだ、仕立て屋は熱を出し病気になり、眠ってしまいます。
 さて、仕立て屋の代わりに、市長の服を仕上げたのは?
 出来上がった服のボタン・ホールのかがり目は、細かくてーまるで、小さなねずみが刺したように見えたようです。

グロースター2j

 この結末には、悔い改めた猫のシンプキンの存在があります。この悔い改めたシンプキンは、ポターの絵にも描かれていますし、文章にも。
≪仕立て屋が ベッドから出て、ふくをきた。外には、日がかがやいていた。仕立て屋が、おもてに出ると、シンプキンは 先にたって、はしっていった。≫
☆写真は、英国 グロースター。 グロースターの仕立て屋の舞台になったお店の2階に展示してあるグロースターの仕立て屋とネズミが仕上げたチョッキ(の、レプリカ)。

PageTop

湖水地方のネコたち(3)

湖水地方j
(承前)
 さて、子ネコのトムの親族➡➡ではありませんが、ピーターとその仲間のネコには、『ジンジャーとピクルズやのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)の黄色い雄猫のジンジャーが居ます。
 猟犬のピクルズと一緒に、村で雑貨屋をやっています。田舎のこの店は、動物たちに人気があるものの、「掛け売り」なので、ちっとも、儲かりません。ちなみに、トムのお母さんタビタおくさんも村で雑貨屋をやっていて、こちらは掛け売りをしていませんでした。(やっぱり、しっかりしてる!)

 お客には、うさぎたちがいますが、猟犬のテリア種のピクルズを、ちょっとばかり怖がっています。また、家ネズミたちもきますが、ネコのジンジャーを怖がっていました。が、丁寧な応対と「掛け売り」に、何度も客は足を運ぶのでした。
 ところが、現金箱にはお金がないものですから、ジンジャーもピクルズも、お店にあるものを食べる日々。・・・で、犬の鑑札を受けるお金もなく、呼び出しがかかることを不安に思い、お客たちに請求書を書きますが…
 その請求先で、回収が一番困難そうで、怪しい行動をとっていたのが、誰あろう?あの『ひげのサムエルのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)のネズミのサムエルと奥さんのアナ・マライア。

・・・ということで、ジンジャーとピクルズは店を閉めてしますが、ここでも、しっかり者の、タビタおくさん。したたかな猫のお母さん。
≪ジンジャーとピクルズが みせじまいをしたために、ほかのものたちは たいへん ふべんな おもいを することに なりました。タビタおくさんは すぐ みせにあるしなものを ぜんぶ 10えんずつ ねあげしました。そして、あいかわらず、かけうりは、いっさいおことわりです。≫

☆写真は、英国 湖水地方ではなく、グロースター。 グロースターの仕立て屋の舞台になったお店のウィンドー(続く)

PageTop

湖水地方のネコたち (2)

ねこのリビー12
(承前)
トムのおばさんのリビーさんは、『パイがふたつあったおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)で、犬のダッチェスをお茶会にご招待。
リビーはお茶会のためにパイを焼きます。
ネズミとベーコンのパイ、パイの焼き型、そして、カササギせんせい・・・その絡みが可笑しい。大人の儀礼社会への皮肉。

「ばきゃたれ、うすのろ!は!は!は!」と繰り返すカササギせんせいの台詞は、時として、今も、警鐘音として我が耳に響きます。
この「ばきゃたれ」一つの言葉をとっても、「なに ばきゃ?」「たれ?」から、「ばきゃたれ?」となり、「ばきゃたれ、うすのろ!」、「ばきゃたれ、は!は!」となっていき、微妙に語尾を変化させ、ばきゃ(馬鹿)が確信になっていきます。細かいけど、そこを楽しむのも、ポター作品の楽しみ方の一つであり、石井桃子訳の楽しみ方でもあります。

トムの一族ではなさそうですが、ピーターとその仲間には、まだ他のネコたちも出てきます。(続く)

☆写真は、英国 ピーターたちの舞台。湖水地方。『パイがふたつあったおはなし』の犬のダッチェスさんの家のモデルとなったバックル・イースト邸(撮影:&CO.I)

PageTop

湖水地方のネコたち(1)

湖水地方12j
ポターの描くピーターラビットとその仲間にも、ネコさんたちはいます。
まず、こねこのトム。
『こねこのトムのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)では、お母さんがお友達を招いてお茶会のその日、トムと妹たちはおめかしするのですが・・・子どもたちあるあるのような話。窮屈な服装が、いかに子どもたちにマッチしないかということですね。

また、こねこのトムは『ひげのサムエルのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)にも登場。
ネズミたちに捕まってしまい、猫巻ダンゴにされ、危機一髪!
ネコなのに、愚かな子ネコゆえに、ネズミに捕まってしまうというアイロニー。
このねこまきだんごという驚きの発想。・・・・可笑しい、こわーい。

さて、ねこまきだんご状態のトムが助かった後の、トムのお母さん、タビタ奥さんのしたたかさ。
≪タビタおくさんは、ねり粉を トムのからだからはがして、すすが目立たないように、ほしぶどうを入れて、ゆでだんごにし・・・・≫

それから、トムには、ミトンとモペットという妹がいます。
そのモペットちゃんは『モペットちゃんのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)に登場し、ネズミに翻弄される、ちょっと情けない子猫のお話ですが、いつまでたっても、ネズミを怖がったトムに比べ、モペットちゃんとミトンは、≪大きくなると、たいへん ねずみとりが じょうずになりました。ふたりは 村へ ねずみとりに出かけて、ほうぼうから ちゅうもんをうけました。とったねずみは、1ダースいくらで、おかねをはらってもらいましたから、あんらくにくらすことができました。≫

そして、トムたちのお母さんタビタおくさんの、いとこはリビーおばさん。
『ひげのサムエルのおはなし』では、タビタおくさんと一緒に、いなくなったこねこのトムを探していました。(続く)
☆写真は、英国 湖水地方(撮影:&Co..I)

PageTop

7ひきの真っ黒い子猫

ショーティj
もう1冊バーナディン・クックのねこ(と、犬)の絵本。
「ショーティーとねこ」(小笠原まき絵 小風さち訳 福音館)は、ショーティーという茶色い足の短い犬と仲良しの緑の大きな目の真っ白い髭と長いしっぽを持つ猫の話です。…猫の名前は書いていません。原題もShorty and That Cat です。
 ショーティーと猫の二匹は、いつもは仲良く遊ぶのに、ある日、箱の中に猫が、入ったきり。
ショーティーが箱をのぞこうとすると、猫はうなって追い返す始末。
あるとき、猫の居ない隙を見て、ショーティ―が箱の中をのぞくと・・・7匹の真っ黒い子猫!!

 この絵本は、絵の端々に、日本の匂いがします。というのも、墨絵のようなタッチで、表現しているからでしょうか。特に、上記写真の真っ黒な子猫たちの様子は、他のどのシーンよりも この表現の方法がぴったりだと思います。
 油絵の黒を使っていたら、もっと「黒」が強調されていたかもしれません。
 が、このページには、真っ黒な子猫のふわふわした毛の様子。身体を寄せ合っている様子が、優しく描かれています。細かい線を生かす墨絵ならではの技法だと思います。
 寝息まで聞こえてきそうです。

PageTop