FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

もりのなか

ファンタジー3
(承前)
 「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ まさきるりこ訳 福音館)には、個人的に深い思い出があります。(この話は、他でも書いたかもしれないし、話すことも多いのですが・・・)

 昔、小学校1年生を担任していた時、小人数のクラスだったこともあり、毎日、帰りの時間には、1冊の絵本を読んでいました。教室の後ろの広いスペースに子どもたちは半円になり、体操座りで床の上、教師の前に座ります。それで、絵本を聞くのです。
 そのとき、それまで、幼稚園にも保育所にもいったことのなかった、つまり、集団生活の経験のなかったNくんは、うろうろと、動き回り、ともだちの顔をのぞきこんだりしていました。それは、そのときに始まったことではなく、授業中でも同じでした。椅子に座って聞くという経験がなかったのです。騒いだり、もめごとを生んだりするのでなく、みんなが椅子に座っているのは、どういうことなのか、うろうろ確かめているような動きでした。やんちゃ坊主ということもなく、多動過ぎるということもなく、単に、友達の存在が気になって、椅子に座っていなかったような気がします。その子の家庭は、決して裕福ではなく、狭い一部屋に5人家族が住んでいました。N君が、一番上の子で、あと2人の弟、妹が居たと思います。
 いくら、この話が昔のことと言っても、当時、ほとんどの子どもが幼稚園や保育所に通っていましたから、一種のネグレクト状態だったのかもしれません。まだ、虐待という言葉自体が、知名度の低い頃で、ましてや、新卒の新米教師には、そんなに深いところは、理解もできていませんでした。
 ・・・・で、3学期にもなったある図書の時間のことです。
 子どもたちは、思い思いの本を広げて、図書の時間を過ごしていました。ふと見ると、N君が、「もりのなか」を広げ、にっこり笑っているではありませんか。いい笑顔!!!
 その笑顔が忘れられなくて、新米教師だったカ・リ・リ・ロは、前期高齢者講師になった今も、絵本の種をまき続けています。
絵本なんか見たこともなかったであろうN君に、「もりのなか」を紹介したように、これからも細々と種まきします。 とはいえ、終わりの方が近いなぁ・・・・

☆、写真は、「また もりへ」(マリー・ホール・エッツ まさきるりこ訳 福音館)➡➡の見返しを広げた上に、「もりのなか」

PageTop

ファンタジーの世界へ

ファンタジー1
(承前) 「あおのじかん」➡➡「はくぶつかんのよる」➡➡ 「シルクロードの あかい空」➡➡の イザベル・シムレールの絵本で邦訳されているのは、現在のところ、4冊です。

 次の「ねむりどり」(イザベル・シムレール作 河野万里子訳 フレーベル館)は、他の三冊と違って、科学絵本ではありません。美しい絵でファンタジックなで世界を表現しています。
 「青い」「赤い」ときて、今度は「白い」絵本とも言えるでしょう。白い鳥の羽毛の質感も、表現しています。
☆写真上は、イザベル・シムレールの「シルクロードの あかい空」の上に、「ねむりどり」の本を置いています。
 
 この「ねむりどり」は、図鑑のように名前を紹介するのではなく、お話仕立てですから、作者の表現する世界に、自らが入りこんでいく必要があります。ところが、話の始まりは、リアリティのある、生活感のある表現ですが、徐々に、時間をかけて、ファンタジーの世界に入っていくので、ん?どうなっているの?  よくわからない・・・ということに、なるかもしれません。

 ファンタジーの世界に入りこむことは、時間をかけてではなく、あっという間に入りこまなくては、嘘っぽさが増してしまうのではないでしょうか。そして、入りこんだ世界が、もしかしたら、あるかもしれないというリアリティに裏付けされていることが、ナンセンスとは、違うと言えましょう。ナルニア国に行くのに、大きな深い衣装だんすに入りこむなんて、本当にありそうな入り口です。

 と、考えると、幼い読者が、あっと言う間にファンタジーの嘘っこの世界に入っていける「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ作 まさきるりこ訳 福音館)は、本当にお薦めできる1冊なのです。

≪ぼくは かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを もって もりへ さんぽに でかけました。≫
 そしたら。ほら!あっというまに、ファンタジーの世界に入み、らいおんが、ひるねをしているところに・・・
 そして、髪をとかすライオンがいて、水浴びをする象がいて・・・これが、髪をとかす象、水浴びをするライオンじゃ、リアリティがない。ありそうな世界だから、安心して、入りこめる。

 「ぼく」は、もりに散歩に出かけ、動物たちと、お父さんには見えない動物たちと、楽しい時間を過ごすのです。

 イザベル・シムレールの「ねむりどり」は美しい本ですが、地味な色合いの「もりのなか」「また もりへ」というマリー・ホール・エッツの絵本と比べると、幼い読者の心を捉えて離さない絵本は、後者だと思います。(続く)
☆写真下は、イザベル・シムレールの「ねむりどり」の上に、「もりのなか」を置きました。寝ているライオンの口元、よーく見て!このリアリズムがたまらない。

ファンタジー2

PageTop

シルクロードのあかい空

あおのじかん5
「シルクロードの あかい空」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)
(承前)
 さて、今度は青い絵本ではなくて、「赤い」絵本です。赤い色を基調にし、雄大な風景を美しく描いています。
 この絵本は、科学絵本の中では、自然科学というより、社会科学絵本のような位置づけでしょうか。もちろん、今までの「あおのじかん」➡➡(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波) 「はくぶつかんのよる」➡➡のように、図鑑的な要素もあり、絹や綿、その地の動物などの名前を記してもいます。ただ、この絵本は、シルクロードの歴史や位置づけもテーマなので、2冊の青の絵本より、単純な流れとはいえません。
 今この時、シルクロードを行く人の視点だけなく、歴史上の人物も登場するため、視点がぶれ、幼い子どもにはわかりにくい。絵本の形はしていても、小学校中学年以上の子どもたちに楽しんでほしい一冊です。(続く)

☆写真上下とも、「はくぶつかんのよる」の見返しの上に、「シルクロードのあかい空」を広げています。これら、「はくぶつかんのよる」の 2つの見返しは、少々、青の明度が違い、描かれている内容も、違います。

あおのじかん6

PageTop

はくぶつかんのよる

あおのじかん3
「はくぶつかんのよる」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)
(承前)
 絵本「はくぶつかんのよる」は、「あおのじかん」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)➡➡の続編かと勘違いしそうになる深い青色の表紙。中身も青を基調としています。

≪かわの ほとりに たたずむ はくぶつかんに まもなく よるが おとずれます。だれも いなくなった たてもののなかを そっと
のぞいてみましょう。≫と、この絵本は始まり、化石や貝殻の部屋(ここは何も動きません)、次は、昆虫標本の部屋(チョウたちがこきざみに 羽根をふるわせ始めたと 思ったら、一匹の黄色いチョウが・・・)、骨だらけの部屋(いつのまにか、チョウたちが 飛び回り)、剥製の部屋(チョウたちが呼びかけると、どの生き物も目を覚まし)、鉱石や隕石の部屋(チョウたちがふれ)、道具たちの部屋、埴輪やお面も仏像も、空中散歩、いろんな時代のいろんな地域から集まってきた生き物や化石や道具たちが、一晩中 過ごすのは、まるで、夢のようなひととき!・・・・・

 たくさんの化石にも、昆虫たちにも、動物たちにも鉱石や隕石にも、名前が付けられ、さながら、小さな図鑑のようです。
 図鑑のようでありながら、詩的で、美しい話の流れ、最後は、一番初めに飛び始めた、一匹の黄色いチョウの絵で終わります。(続く)

☆写真上は、「あおのじかん」の最後の見返し、世界地図の上の動物たちの絵の上に、「はくぶつかんのよる」を置いています。
写真下は、「あおのじかん」の初めの見返し、色々な青という色見本の上に、「はくぶつかんのよる」の鉱物のページを開いています。


あおのじかん4

PageTop

あおのじかん

あおのじかん2
 きれいな絵本です。「あおのじかん」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)

 おはなしの絵本のようでもあり、小さい子どもにもわかりやすいように描かれた科学の絵本でもあります。絵本を開くと、初めの見返しの部分に、いろんな青の色見本があって、青といってもこんなにあるんだと、本を読み進む期待感が増します。
 ちなみに、一番薄い青は、「こなゆきいろ」。一番濃いのが、「まよなかのそらいろ」。

  ≪おひさまが しずみ よるがやってくるまでの ひととき あたりは あおい いろに そまるーそれが あおの じかん≫で、はじまり、≪すべての あおい いきものを よるの やみが そっと やさしく つつみこむ≫で、終わる絵本です。

 いろんな青の動植物たちが登場。詩的な世界が広がります。≪あおの じかんの はじまりを つげるのは アオカケスーー≫そして、ホッキョクギツネ、コバルトヤドクガエル、アオガラ・・・・・最後は、 ≪ぐんじょういろの イトトンボが ルリハッタケに すっと とまったら・・・・あおの じかんは そろそろ おしまい≫
 
 見返しの最後は、青い世界地図が描かれ、絵本に登場した動物たちが、世界中で、夜更けを迎えたのがわかり、その地球規模の広がりを知り、青の深さに改めて、感心。静かで、美しい世界を味わえる1冊です。 

 この綺麗な絵本を学生たちに読んだ授業後、「手に とって見たい」と近寄った学生も、何人か・・・(多くは、いつも、近寄ってきません) (続く)
 
あおのじかん1

PageTop

ねこのホレイショ

ホレイショj
「ねこのホレイショ」(エリナー・クライマー文 ロバート・クァッケンブッシュ絵 こぐま社) 

(承前) 写真左は、気難しい顔つきに見えるねこのホレイショです。
 ホレイショは、しまもようのおじさんねこで、ちょっと太りぎみ。灰色の眉毛が突き出しているので、気難しい顔つきに見えるとあります。が、抱かれるのも嫌いで、うれしいときも滅多にゴロゴロとのどを鳴らしません。ホレイショは、可愛がられるより、尊敬を込めて扱ってほしいと思っていたのです。

 写真右は、ホレイショが笑っているところです。抱きしめられても嫌がらず、嫌がるどころか、のどをゴロゴロ大きく鳴らしたホレイショ。

この2枚の絵は、初めと最後の絵です。
ホレイショに何があったのか?

 ホレイショの飼い主は、親切なケイシーさん。ケイシーさんが、連れて帰ったおなかをすかせた子犬、預かったウサギ、翼のおれた鳩、隣の家の子どもたち・・・みんな、ホレイショには、不愉快な存在でした。
うんざりしたホレイショは、家から抜け出すと・・・子猫が二匹、ついてきます。お店で追い払われ、大きな犬に吠えられ、雨が降ってきても、おなかをすかせた子ネコたちはついてきます。
 するうち、ホレイショが、子ネコたちのために行動し始め…
 最後は、ケイシーさんのところに子ネコと共に帰る・・・というお話。

 温かみのあるロバート・クァッケンブッシュの版画が、すねているホレイショをうまく表現し、可愛い子猫をより可愛く表現しています。

 作者のエリナー・クライマーは、「パイパーさんのバス」(クルト・ヴィーゼ絵 小宮由訳 徳間書房)➡➡の作者でもあります。

PageTop

ペルシャのふるい詩から

イラン1
「くらやみのゾウーペルシャのふるい詩からー」(ミナ・ジャバアービン再話 ユージン・イェルチン絵 山口文生訳 評論社)
(承前)
 イランの絵本を、ほとんど知りませんが、ペルシャの詩人ルーミーの詩をもとにつくられた「くらやみのゾウ」はどうでしょう?

商人アフマドは、大きくて不思議な生き物を遠く、インドから連れ帰りました。その噂は、村中に知れわたり、一体それはなんだ?一目見ようとアフマドの家に。一人、また一人と、くらのなかをのぞいてみますが、「蛇みたいだ」「木の幹みたい」「でっかいうちわ!」「革製の水入れみたい」「絵筆みたい」「角のよう」「笛のような音」・・・と、言い合い、夜になっても誰も人の言うことに耳を貸さず、どなり合っては、自分の言い分を押し通そうとします。

≪…つぎの朝、アフマドは、うつくしくて、おだやかな生きものを川へつれ出しました。でも、みんな、けんかするのにいそがしすぎて、大きなはい色のゾウに、ちっとも気がつきません。そして、自分が知っているのは、しんじつのほんの一部だということにも,気づきませんでした。


下の画面の絵は、前のページで、大人たちが言い争っているページの次、最後のページで、文章はありません。子どもたちと美しい象が向き合って、仲良く楽しんでいる様子が描かれています。
    イラン  

PageTop

ちっぽけで ちいちゃい

エーデルワイスj
 昨日のRBGは、知恵の塊のちいちゃなおばあちゃんでしたが、お話でも、ちいちゃいおばあちゃんが、なかなか知恵のあるものとして描かれるのは、喜ばしいことです。

 イギリスの昔話に「ちっちゃな ちっちゃな ものがたり」(ジェイコブズのイギリスのむかし話集より 瀬田貞二訳 瀬川康男絵 福音館)というのがあります。
≪むかし ちっちゃな ちっちゃな むらに ちっちゃな ちっちゃな うちが あって ちっちゃな ちっちゃな おばさんが ひとりで すんで おりました≫で始まる話です。このおばさんは、ちっちゃな ちっちゃな ぼうしをかぶり、ちょっぴり ちょっぴり散歩に出かけるのですが、そこで見つけたものは、さてなんでしょう?
ちっちゃな ちっちゃな おばさんは、それを持ち帰り、ちっちゃな ちっちゃな 戸棚にしまうのですが。。。

 この話「ちっちゃな ちっちゃな ものがたり」の原題は、Teeny -Tiny といいます。音が面白いですね。
 また、英語には、他に wee という単語も、ちっぽけなという意味があるので、カ・リ・リ・ロは、これを使い「ちっぽけなカ・リ・リ・ロ」というアドレスにしています。
☆写真は、スイス ロートホルンのエーデルワイス

PageTop

長い尻尾

オーランド―2
(承前) 
 上の写真は、原書と翻訳のオーランド―です。が、ちょっと変なところが見つかりましたか?そう原書の表紙の、オーランドーには尻尾がない!もちろん裏表紙には、3匹の子猫が、尻尾にじゃれついているのですが・・・
 時々、原書と翻訳のものには、こういった差がありますが、今回は、翻訳されたものが、原書の復刻版より、作者の意図を組んだ表紙絵となっています。

 この「ねこのオーランドー たのしい日々」(キャスリーン・ヘイル作 こみやゆう訳 好学社)では、子ネコたちが、そろそろ学校に行く頃になったので、お金がかかる。だから、稼がなくちゃ。だから、生活に役立つものを発明して、買い取ってもらおう!
 最初は、「どこでも横断歩道」。・・・・車の部品を改造して作った機械。これに乗って、ぴょーんと、飛び上がれば車を気にすることなくいつでも横断歩道を渡ることができるという代物。
奥さんのグレイスは、使わなくなった毛布を爪でとかし、仕立て直して、新品のようなふかふか毛布に。
次は、「雨知らずローション」。・・・・これを身体にぬれば、水をはじいてくれるので、雨に濡れる心配がありません。
奥さんのグレイスはふわふわの手袋とマフラー。

・・・・で、高い値段!!で売れたものの、子ネコたちは、学校へ行こうとしません。
それぞれの さぼり方が、なかなかの知恵。三毛猫のパンジーは顔を半分ずつ出して、追い払われ、白猫のブランシュは気を失ったふり。黒猫のティンクルは、しっぽの先をインクに浸して、教室中にまき散らしたりなどなど・・・で、「お前らは、もう学校にいかんでいい!」
 それで、3匹が習ったのが、ダンス。芝居、芸術!

 てんやわんやになってしまうものの、ここからが、オーランド―一家の結束力。子どもたちは、オーランドーとグレイスに見てもらう発表会を企画し、オーランドーとグレイスも、屋根の上でデュエットを歌い、---お月さまもさえも、その歌を聞きにのぼってきたくらいーーーあついタラいりのミルクをのんで、ぐっすりとねむりました。(このご夫婦、本当に仲が良いのです…最後のページの絡み合った長い尻尾をみて!)

PageTop

ねこのオーランド―

オーランド―1
「ねこのオーランド―」(キャサリン・ヘイル作画 脇明子訳 福音館)は、
昨日の「ぼくはなにいろのネコ?」(ロジャー・デュボアザン 山本まつよ訳 子ども文庫の会)➡➡と違って、初めから、色の指定から物語が始まります。

≪オーランド―は、とってもきれいな マーマレード色のねこで、そのしまもようときたら それこそ マーマレードにはいっている オレンジの皮に そっくりでした。目は みどり色で、まるでぐズベリーの実を ふたつならべたみたいです。オーランド―とおくさんのグレイスとのあいだには、ちいさなねこが三びきいました。三毛のこねこが、パンジー、雪のようにまっしろなのが、ブランシュ、石炭みたいに黒いのが、ティンクルという名前です。…≫

 ほら、わかりやすいでしょう?昔、この絵本を初めて、手にしたとき、この一番初めの「とってもきれいなマーマレード色」、そしてマーマレードの皮という表現に、惹きつけられました。物語自体は、オーランド―の家族の日常を描いていて、すっきり整ったものではないものの、ともかく、このマーマレード色をした猫を好きになりました。

 「ねこのオーランド―」は、「おおきいえほん」の項で紹介したように、かなりの大型絵本です。➡➡ したがって、よっこらしょと持たないといけないとても小さい子は苦手な大きさだといえましょう。また、中には、オーランド―たちがテントを張った近辺の地図が描かれていたり、その平面的な地図が、立体的な描かれ方に変わっていたり・・・と、お話をたくさん楽しめるような少し大きくなった幼児なら、この絵本を楽しむことができるでしょう。
 猫なのに、身近な生活のあれこれを見せてくれる、家族仲の良いオーランド―のシリーズは、「ねこのオーランド―」(キャサリン・ヘイル 脇明子訳 福音館)「ねこのオーランド― 農場をかう」(キャサリン・ヘイル 脇明子訳 童話館)「ねこのオーランド― 海へいく」(キャサリン・ヘイル 小沢正訳 童話館)しか、翻訳されていなかったのですが、昨秋、一冊でましたよ。(続く)

PageTop