みんなみすべくきたすべく

おおきなかぶ

かぶりつく45
 孫の好きな絵本に「おおきなかぶ」(ロシア民話 内田莉莎子訳 佐藤忠良絵 福音館)があります。
 ≪・・・・まごがおばあさんをひっぱって、おばあさんがおじいさんをひっぱって、おじいさんがかぶをひっぱって・・・・≫
 明瞭な言葉が続きます。
 絵も簡潔で、わかりやすい。おじいさん、おばあさん、まごに犬に猫にねずみ。

もちろん「うんとこしょ、どっこいしょ」の言い回しは、その臨場感を孫も味わえるようで、その場面になると、身体をゆすって、一緒に「・・・しょっ、・・・しょっ」と言って、楽しみます。

あんまり、楽しそうにしているので、届いたばかりの本物の蕪を、見せました。
 「とうとう、かぶはぬけました。」の場面と比べるべく、これが蕪だよ。

それで、しばらく、その蕪をボウルに入れたり、出したりながら、遊んでおりました。
 ・・・が、そのとき、彼女は、蕪にかぶりついたではありませんか。

洗ってあったし、無農薬系有機野菜であったので、ま、いいかと思いつつも、カブにかぶりつくより、リンゴはどう?と、彼女に手渡すと、まあ、おそるべし、やっと生えたような歯で、ガブッ、もう一口、ガブッ、さらにガブッ・・・・というわけで、皮ごと、どんどん食べてしまい、完食。

 担当している学生たちに食育のところで、この「おおきなかぶ」の絵本を紹介してきましたが、やっぱり、間違っていなかった。

PageTop

ながい ふゆの おつきさま

月j
こんなに長かった1月は初めてです。
いつもは、1月行く、2月逃げる、3月去る・・・・の言葉通り、早く時が過ぎることが多かったものの、今年は格別長い。
スーパームーンの皆既月食だった31日のお月さまのことも、ちょうど、その頃、たまたまNEWSで知った次第。
そういえば、30日の保育所のお迎えの時に見た、お月さまも大きかった・・・

いつも寒い冬であるものの、今年は特に寒い。自分が風邪をひかぬよう、周りも風邪をひかぬよう、この生活に慣れて来たかのように見える孫を第一に考えています。

人の命の重さを、しっかり考えることができる日々です。
信じられないような子どもへの仕打ちをする大人も、初めは、人の子として命をもらったのに・・・と、憤って報道を見る暇もありませんが・・・

そんなとき、読み返したくても読み返す時間が足りない、アーサー・ランサムの「長い冬休み」やローラ・インガルス・ワイルダーの「長い冬」を、思い出して、長い冬の慰めとしています。

*アーサー・ランサム「ツバメ号とアマゾン号」シリーズ(岩田欣三・神宮輝夫訳 岩波)
*ローラ・インガルス・ワイルダー「大草原の小さな家」シリーズ(ガース・ウィリアムズ絵 恩地美保子訳 福音館 谷口由美子訳 岩波少年文庫)


☆写真は、スイス ブリエンツ湖の月。皆既月食とは関係ありません。

PageTop

サーカスの女の子

     サーカス
(承前)
 「とても とても サーカスなフロラ」(ジャック・センダック文 モーリス・センダック絵 江國香織訳 集英社)

 モーリス・センダック最後の作品「わたしの兄の本」と同時期に未邦訳だった「Circus Girl」もでました。

 サーカス生まれサーカス育ちのとてもとてもサーカスな女の子フロラが、ある日「外の人たちってどういうふうなの?」と不安な気持ちを抱きます。そこで、フロラは、サーカスの外に出ていき、見たもの、感じたものは・・・というお話です。
 お話は、画家のモーリス・センダックのお兄さんのジャックが書いたもので、絵はモーリス・センダックで1957年共作。

 たくさんの挿絵はついているものの絵本ではなく、お話が楽しめるのは、小学校以上の子どもたちかと思います。

  センダックの描く絵で、特に好きなのは、夜や薄暗がりのシーンです。そこに居る人物(動物のこともあるけれど)の背中が物語っているように見え、夜のしんとした音が聞こえそうだからです。
 この「とてもとてもサーカスなフロラ」も(上の写真の下半分)も、「うさぎさんてつだってほしいの」(シャーロット・ゾロトウ文 こだまともこ訳 冨山房)(上の写真の上半分)も、「ケニーのまど」(じんぐうてるお訳 冨山房)「つきよのこどもたち」(ジャニス・メイ・アドレー 岸田衿子訳 講談社){ムーン・ジャンパー」(谷川俊太郎訳 偕成社)「シャーロットの白い馬」(こだまともこ訳 冨山房)「ふふふん へへへん ぽん!-きっといいこと きっとあるー」(モーリス・センダック作 じんぐうてるお訳 冨山房)➡➡などなども。

 そして、背中を向けたシーンではありませんが、、明るい調子の「かいじゅうたちのいるところ」(神宮輝夫訳 冨山房)。あの深い夜の色合いは、他の絵本には見られないもので、やっぱり、センダックの描く「夜」は、いいですね。

PageTop

センダック最後の本

センダックj
「わたしの兄の本」(モーリス・センダック 柴田元幸訳 集英社)
 
 2012年に亡くなったセンダックの最後の作品と言われるこの「わたしの兄の本」が昨秋、邦訳出版されました。
 ウィリアム・ブレイクとイメージが似ています。
 シャガールの影響も見えます。
 この話は、シェイクスピア「冬物語」を下敷きにしています。
 子どもの絵本ではありません。 

 二人の青年、ガイとジャックの物語です。
 が、しかし、兄のジャックは1995年に亡くなっていますから、この本が、仲の良かった兄ジャックへの直接的なオマージュというものではないかもしれません。もしかしたら、50年パートナーであったEugene Glynnが2007年に亡くなっていますから、その彼へのオマージュと考える方が近いのだと思います。
 そして、「わたしの兄の本」について生前センダックは、ニューヨークタイムスのインタビューに答えて「哀しい謎解きは、自分にとって最善のものだ」という言葉を発しています。つまり、二人の絆を深く考えることが、敬意を示すことにつながる・・・・(続く)

☆写真左は、「わたしの兄の本」最初のところ
≪荒涼たる真冬の夜に
新星ひとつ!ーー燃え立つ光!
水晶のまばゆさ!ーー月を隠し、
空を焦がし、
ガツン!ーー鉄の大地をまっぷたつに裂き、≫の挿絵

☆写真右はモーリスが描いた兄ジャックの絵(「センダックの世界」(岩波)掲載)

PageTop

犬のスヴィップ

やかましjj
(承前)
「やかまし村」シリーズ(リンドグレーン文 ヴィークランド絵 大塚勇三訳 岩波)の「やかましむらの子どもたち」の中に「オッレが犬を手にいれた話」があります。
 
 親切とは縁遠い靴屋のスネルの番犬はスヴィップといい、辺り一帯でいちばんたちの悪い犬でした。いつも、犬小屋につながれ、誰かが靴屋に来ると、小屋から飛び出して、吠え付くので、子どもたちは、怖くてそばに寄ろうとしませんでした。
 スヴィップは、靴屋にしょうちゅう殴られ、食べ物をもらえないこともありました。どろだらけで荒ぽく、うなったり吠えたりいていたのです。
 が、親切なオッレが、遠くから「おまえはいい犬だね。そんなにやたらとほえちゃだめだよ。」と、話しかけ続け、おいしいものを持っていくと、吠えなくなってきました。そして、靴屋がけがをすると、オッレは「あなたの足がわるいあいだ、ぼくにスヴィップのせわをさせてくれませんか?」と申し出ます。で、散歩に連れ出し、犬小屋をきれいにし、食べ物をたっぷりやって世話をしますが、靴屋のスネルのけがが治ると、スヴィップは、元通りの生活に…オッレは何日も何日も悲しみます。そして、そんな息子を見ていられなくなったオッレのお父さんが・・・・

 「やかまし村」のシリーズは、ドラマチックな展開の話ではありません。子どもたちの日常が、淡々と、描かれていて、大騒ぎのお話や、ヒーローの活躍ものを期待すると、つまらない地味なお話集だと思う人もいるかもしれません。
 が、しかし、子どもの頃なら、きっと、こう思っただろう。きっと、こうしただろう。ということが、次々描かれ、なんだか心が落ち着いてくるのです。
 もちろん、子どもが子どもの時期に読んでもらったなら、共感しながら楽しむことができるでしょう。

  実は、この本は、年始早々、戌の日を待たずして、入院した娘が、読みたいから持ってきてと言った本でした。

 中学生になる頃まで、毎日親子で本を楽しみました。3人の子どもの内、2人は、活字中毒気味の読書好き、この娘は、読書をしない、活字から縁遠い大人になりました。
 お腹の子は、元気なのですが、本人は当分,寝たきりで、何もできない生活に「やかまし村」を所望。
  
 さて、今日は、戌年二回目の戌の日です。犬の絵本は、他にも、犬のダッチェス、犬のくんくん、犬のショーティ、犬のバディ・・・などなど、ありますが、またの機会に。

PageTop

犬のブッペ

ブッペj
  戌年には関係なく、1歳8か月の孫は、「ぼくのブッペはどこ?」(イロン・ヴィークランド作 藤田千枝訳 福音館)が好きです。
 隠れている犬のブッペを探すのですが、それは、世によくある「〇〇をさがせ」と違って、絵に物語があって、主人公のぼくとブッペが心通う間柄であるのがわかる楽しい絵本です。
 孫は、この絵本を読んでもらうとき、得意げに、(ブッペは)ここ!と指さします。すると、大人は、「凄いねぇ。よくわかったねぇ。」と、彼女を褒めます。そして、また、読んでもらう。特に、初見の大人が、読むと、ブッペが本当にどこなのか、よく判らない。そんなとき、彼女は、得意満面「ここ!」

 この絵本は、リンドグレーンとよく組んでいるヴィークランド作です。いつも、生き生きとした子どもが描かれているので、好きな挿絵画家の一人です。
 思えば、孫の母親もこの画家が挿絵を描いた「やかまし村」シリーズ(リンドグレーン文 ヴィークランド絵 大塚勇三訳 岩波)が好きだったのを思い出します。(続く)
 

PageTop

犬のジェニー

ジェニーjj
「ふふふん へへへん ぽん!-きっといいこと きっとあるー」(モーリス・センダック作 じんぐうてるお訳 冨山房)です。

「はじめ、ジェニーには なにもかも そろっていました。2かいには まるい まくらが、1かいには しかくい まくらが ありました。くしが ひとつと ブラシが ひとつ、のみぐすりが ふたつ、めぐすりが ひとつ、みみの くすりが ひとつ、たいおんけい 1ぽん、それから さむいときに きる あかい けいとの セーターが 1まい。そとを ながめる まどが ふたつ。しょくじの おわんが ふたつ。かわいがってくれる ごしゅじんも いました」で始まるこの本。

 何でもそろっているということは、こんなに質素で有難いことなのか・・・と、小さい子どもなら思いませんが、大人の読者なら、感じるところがあるかもしれません。
 そして、ジェニーは「なにもかも そろっているよりも もっと いいこと きっと ある!」と、家を出ていきます。
 ここからは、波乱の人生(?)とはいえ、さいごは、舞台女優(?)になるジェニーの物語。

 センダックが彼の愛犬シーリハムテリアのジェニーを主人公をに描いただけあって、ジェニーの風情は魅力的なものです。それに、その不安だとか悲しみだとかを、センダックは、夜の風景や、陰の様子で表現し、実は、深い1冊になっているものの、最後は、コミカルな描き方で、肩の力を抜きます。

 初めは、わけがわからない長いお話だと思っていた子どもたちも、その何が起るかわからない人生に引き込まれていき、マザーグースの言葉を使って生まれたこの本、神宮輝夫のリズミカルな訳で楽しめます。

 が、しかし、もしかして、なんだか楽しめないなと思う人ならば、ぱらぱらとこの本を繰っていけば、丁寧に描かれたジェニーの画集を楽しむことになると思います。
 上の写真は、ブックカーバーを取った中にしかない、ジェニーの肖像。実は、この絵本、布張りで、丁寧な造り。センダックのジェニーへの思いを感じます。

 センダック」の犬の絵本には、漫画のコマ割りのような「子いぬのかいかたしってるかい?」 (マシュー・マーゴリス&モーリスセンダック作& モーリス・センダック絵 山下明夫訳 偕成社)もあります。

PageTop

犬のウィリー

ウィリーj
「のら犬ウィリー」(マーク・シーモントさく みはらいずみ訳 あすなろ書房)
 
 昨日の犬のジェヌビエーブ➡➡は、パリののら犬でしたが、こちらはアメリカ、多分ニューヨークののら犬のお話。
≪家族でピクニックに行くと、犬がいました。ウィーリーと名付けて、一緒に遊んでいると、あっという間に時間が経ち、家に帰る時間になりました。ウィリーは、誰かの犬かもしれず、連れて帰るわけにはいきません。でも、みんな、ずっとウィリーのことが気になって・・・
 次の土曜日も同じ場所にピクニックに行くと…そこに居たのは、網をもっているおじさんに追いかけられているウィリーでした。
首輪もひももない犬は捕まえなくてはならいというおじさんに、 こどもたちは、ベルトをはずし、髪のリボンをはずし、「ウィーリーは、うちのこなの!」≫
 
 実話をもとにできた絵本だと紹介されています。マーク・シーモントは、
「木はいいなぁ」(ジャニス・メイ・ユードリー文マーク・シーモント絵 西園寺祥子訳  偕成社)
「はなをくんくん」(ルース・クラウス文 マーク・シーモント絵 木島始訳 福音館)
「オーケストラの105人・105人のすてきなしごと」(カーラ・カスキン文 マーク・シーモント絵 岩谷時子訳 中川千尋訳 すえもりブックス・あすなろ書房)
などなどの画家でもあり、自然と人の動きをなど丁寧に、しかも、親しみゃすい描き方で表現できる画家だと思います。
 それは一時期ルームメイトだった「かもさんおとおり」などの作者、ロバート・マックロスキーも、画風こそ違え、共通するものがあります。
 そして、二人ともコルデコット賞を受賞しています。マーク・シーモントは「木はいいなぁ」で、ロバート・マックロスキーは「かもさんおとおり」「すばらしいとき」での2冊です。

上の写真の両ページには、犬がたくさん描かれていますが、「ウォーリーウィリーをさがせ」式で探してみると、こどもは、すぐに見つけます。

「かもさんおとおり」(ロバート・マックロスキー作 わたなべしげお訳 福音館)
「すばらしいとき」(ロバート・マックロスキー作 わたなべしげお訳 福音館)

PageTop

犬のジェヌビエーブ

マドレーヌ
(げんきなマドレーヌ」と「マドレーヌといぬ」(ルドウィッヒ・ベーメルマンス 瀬田貞二訳 福音館)の始まりは、
≪パリのつたのからんだ ある ふるいおやしきに、12にんの おんなのこが、くらしていました。2れつになって、9じはんに、ふっても てっても さんぽに でました。いちばん おちびさんが、マドレーヌで、ねずみなんか こわくないし、ふゆが すきで、スキーも スケートも とくい、どうぶつえんの とらにも へいっちゃら。≫です。

 そんなマドレーヌが、散歩の途中でセーヌ河に、落ちてしまいます。溺れる寸前を、一匹の戌が飛び込んで助けます。みんなは、その犬を、おやしきに連れ帰り、名前もジェヌビエーブとつけますが、学校検査の日に、追い出されてしまい、憤ったマドレーヌが叫ぶシーンが、上の写真のマドレーヌ人形と犬が見ているページ。

≪マドレーヌが いすに とびのって、「いいんちょうどの! おぼえていなさい!」と、さけびました。「ジェヌビエーブほど、えらい いぬは ないわ。あなたには、てんばつが くだりますから!』≫

 マドレーヌが勇敢でお茶目なところも可愛いのですが、こどもたちの世話をする、ミス・クラベルも素敵な人。
 子どもたちが騒ぎ出すと、すわいちだいじと はしりに はしってかけつけるのがミス・クラベル。

 それに、覚えにくい名前なのに、一旦覚えてしまうと、魅力的な名前のジェヌビエーブ。

 さて、この「マドレーヌのシリーズ」には、パリの風景も描かれていて、それを眺めるのも一興。
「マドレーヌといぬ」には、表紙のフランス学士会館だけでなく、モンマルトルやポン・ヌフ橋なども描かれています。

*「げんきなマドレーヌ」「マドレーヌといぬ」「マドレーヌといたずらっこ」「マドレーヌとジプシー」(瀬田貞二訳 福音館)
*「クリスマスのマドレーヌ」「ロンドンのマドレーヌ」(江國香織訳 BL出版)

PageTop

犬のキューちゃん

キューちゃん
 次は「スティーヴィーのこいぬ」(マイラ・ベリー・ブラウン文 ドロシー・マリノ絵 まさきるりこ訳 あすなろ書房)です。
昨日の「トプシーとアンガス」(マージョリー・フラック 作・絵 まさきるりこ訳 アリス館)➡➡のトプシーは、ご婦人の手からジュディの手に渡った犬の話でしたが、この「スティーヴィーのこいぬ」は、スティーヴィーが庭の木の下で見つけた子犬の話です。

 ドロシー・マリノの描く世界は、「くんちゃん」も、「ふわふわくんとアルフレッド」」も、「おかあさんはなにしてる?」も「スーザンとマイケルは一年生」も「ベンジーのもうふ」(子猫のお話です)も、どれも、みな優しく、穏やかな空気が流れています。
 
子犬の飼い主が見つかっても、スティーヴィーがその子犬をもらうことになるのですが、友達が口々に子犬の名前を提案するも、
≪スティーヴィーは、こいぬを じっと みつめました。「なんて なまえにしてほしい?」 スティーヴィーは、こいぬをのぞきこんで ききました。「キュウ キュウ!」と、こいぬはなきました。「キューちゃんだ! ぼく、このこいぬ、キューちゃんって よぶ!」とスティーヴィーはいいました。「キュウ キュウ!」と キューちゃんは いいました。みんな わらいました。「ほらね!このこ、もう げいとうを ひとつ おぼえたよ。じぶんの なまえが いえるんだ。かしこいなぁ!」と、スティーヴィーは いいました。≫

「くんちゃんのシリーズ」(ドロシーマリノ 石井桃子訳 岩波 まさきるりこ訳 あらいゆうこ訳 ペンギン社)
「ふわふわくんとアルフレッド」(ドロシー・マリノ 石井桃子訳 岩波)
「おかあさんはなにしてる?」(ドロシー・マリノ こみやゆう訳 徳間書店)
「スーザンとマイケルは一年生」(ドロシー・マリノ まさきるりこ訳 アリス館)
「ベンジーのもうふ」(マイラ・ベリー・ブラウン文 ドロシー・マリノ まさきるりこ訳 あすなろ書房)

PageTop