FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

読者は続くよ どこまでも

恐竜13
 あとさきになりましたが、昨日の若い読者のための『種の起源』 「入門 生物学」≫(チャールズ・ダーウィン レベッカ・ステフォフ編著 鳥見真生訳 あすなろ書房)➡➡より先に手にしていたのは、絵本『ダーウィンの「種の起源」--はじめての進化論』(サビーナ・ラディヴァ作・絵 福岡伸一訳 岩波)でした。

 というのは、この絵本の装丁の美しさもさることながら、内容の興味深さもさることながら、一番の興味は福岡伸一訳だったからです。かつて、この学者は、フェルメールの研究者だと思ていたくらい、フェルメールの著作などもある生物学者です。

というのも、「せいめいのれきし」(バージニア・リー・バートン作 いしいももこ訳 まなべまこと監修 岩波)が改訂版で出たとき➡➡、その改訂監修者の真鍋真が書いた「深読み!絵本『せいめいのれきし』」(岩波科学ライブラリー)➡➡のあとがきの中で、こんなことが書いていました。

≪・・・どこまでが恐竜かどこからが鳥類か境界線が引けないくらい連続的な進化があったことがわかってきたことを、福岡伸一さんとお話したことがありました。恐竜から鳥類への進化は「世界は分けてもわからない」という福岡さんのメインメッセージにぴったり当てはまる事例です。先日、福岡さんもこの本(「せいめいのれきし」)が大好きな少年だったことがわかりました。福岡さんのお気に入りのページは大きな竜脚類が闊歩していたジュラ紀だったそうです。福岡さんに「バージニア・リー・バートンさん、石井桃子さんと一緒に名前が並んでいる真鍋さんがうらやましい」と言われて、とんでもないことをしてしまったと気がつきました(気がつくのが遅い!)・・・≫

 ということは、この『ダーウィンの「種の起源」--はじめての進化論』の表紙、ダーウィンという名前のタイトルの下、福岡伸一訳とあるのは、きっと、ご自分にとっても、誇らしい気持ちだったでしょうし、真鍋真氏からみたら、羨ましい・・・だったかもしれません。(続く)

☆写真は、英国 自然史博物館

PageTop

シュヴァル

 シュバル
 
かねてから、我が家(父親以外)の科学的知識や好奇心の源は。福音館の「たくさんのふしぎ」と「かがくのとも」という月刊誌だと断言できます。
 1年に12回も出版するのですから、月刊誌のすべての出来が上々とは言い難いものの、記憶に残る、何冊かもあり、子どもにわかりやすく、科学を紹介している点で、この月刊誌の存在は、もっと評価されていいはずです。難しいことをむずかしく言うより、難しいことを簡明に言うことは、どれだけ難しいか・・・

「シュヴァル――夢の宮殿をたてた郵便配達夫」(岡谷公二文 山根秀信絵 福音館 たくさんのふしぎ 2003年2月号) これもまた、月刊「たくさんのふしぎ」で出版された当時、面白い人が居るなぁという印象が強く残った本でした。
 郵便局員が一人で、自力で、独学で、彼の宮殿を、長い間かかって、作った実話。

 今度、それが映画になったというので、見に行きました。映画「シュヴァル理想宮ーーーある郵便配達員の夢」
(**この映画は、2019年12月に見に行き、昨日のコーンウォールの映画➡➡のように、慌てて書いていないので、もう上映していないかもしれない。ともかく、マイナーな感じの映画の上映期間は短い。)

 フランスの田舎の綺麗な風景の映画です。長い人生を撮るので、ちょっと、俳優さんに無理があるかなと思ったものの、昔、「たくさんのふしぎ」で出会った、変なおじさんという印象よりも、人生って、色々あるんだ・・・と、涙ぐんでしまいました。

 映画の中で、娘アリスのために、作ろうとした動機は、「たくさんのふしぎ」では大きく取り上げられていませんでしたから、シュヴァル自身の個性が制作の根本だと考え、偏屈で、かわった人が、作り上げたもの・・・と思っていました。

 確かに、映画はフィクションでもありますから、本当のところの動機は不明かもしれません。が、人づきあいが苦手で、自分の子どもとの関りさえも手探りだったというシュヴァルが、晩年では、人が変わったように、少しは、他人と会話のできる人になって行き、実際、俳優さんは、シュヴァルの瞳に輝きを増させていく演技していたのを見ると、溺愛した娘アリス、あるいは、小さい時に手放した息子など、シュヴァルを取り巻く人たちが、嘘のような素人制作に駆りだたせたのだと考えることはできます。

 ま、個人的な背景があるにせよ、33年もかかって、たった一人で、それも素人が凄いものを創った(長さ26メートル幅12~14m高さ8~10m)のは、事実。またそのあと、自分と奥さんと娘の入る墓廟を造り、その完成の年には、86歳になっていたシュヴァル。

 セメントと石灰と集めた石でできた彼の宮殿は、彼の死後(1924年)、朽ちるに任せていたものの、1969年文化担当大臣アンドレ・マルローによって、文化財の指定を受け、今も訪れる人は多いようです。

 それで、彼が一番初めにつまずいた石というのが不思議な形です。
 映画でも、たくさんのふしぎにも掲載されていますが(写真の右下に写る石)、貝殻状の渦巻きがいくつも重なっているようです。それは、岡谷公二(「郵便配達夫 シュヴァルの理想宮」作品社)によると、
≪この辺りは、地質が古く、形の面白い砂岩、凝灰岩、礫岩などに富み、化石も多く、地質学のアマチュアたちのメッカであった。その中の一人は、この近くの谷で、80種類以上の海産の貝殻を発見している。つまり、今は全くの陸地であり、山地といってもいいこのあたりが、かつては海だったのだ。≫

*「シュヴァル――夢の宮殿をたてた郵便配達夫」(岡谷公二文 山根秀信絵 福音館 たくさんのふしぎ 傑作集)
*「郵便配達夫 シュヴァルの理想宮」(岡谷公著 作品社)

PageTop

ねずみのおよめさん

ねずみのよめいりj
 今度は瀬田貞二再話ではなく、小野かおる再話・画のものです。「ねずみのおよめさん」(小野かおる再話・画  福音館)
 
 子どものいない鼠夫婦の家に生まれた、大事な娘鼠。嫁にやるには、ネズミの嫁さんじゃもったいない。せかいいち偉い人に婿さんになってもらおう・・・ということで、おひさんに白羽の矢が。ところが、おひさんは、雲さんが一番偉いというので、雲さんの元に。すると、今度は風さんが偉い。次は、壁さん、その次は、壁をかじることのできるネズミさん。

 ということで、
≪ほう、せかいで いちばん えらいのは ねずみだったのか。まあ、せかいで いちばん つよいのは ねずみだったのね と おおよろこび≫
≪そこで ねずみのむすめは、となりまちの わかものねずみのところに およめいり≫

めでたいお話です。写真のページは、めでたいと口に出さずとも、鯛が描かれるだけで伝わります。
ただ、この絵を、違う文化の人が見ても、お祝いに鯛、めでたいから鯛などと分からないんだろうと思います。ということは、もしかして、ひょっとして、いずれ、日本の子どもたちも、この絵のめでたさが伝わらない日が来るとしたら、どうしましょ?
将来、こんな文化、こんな洒落や粋なこと、その他、色々、伝わっていきますように。

PageTop

おんちょろちょろ

おんちょろちょj
「おんちょろちょろ」(瀬田貞二再話 梶山俊夫画 福音館)
「さてさて、きょうのおはなしは・・・・」( 瀬田貞二再話・訳 野見山響子画 福音館)


「ねずみじょうど」➡➡は、瀬田貞二再話で、絵本にも、「さて さて、きょうの おはなしは・・・」にも入っていましたが、「おんちょろ おんちょろ」も、同様。

 道に迷った男の子が、山のふもとの一軒家で世話になる事になるものの、お寺の小僧さんと勘違いされ、お経を唱えることに。
 そこに現れたのが、ネズミ。そこで、「おんちょろちょろ 出てこられそろ」「おんちょろちょろ のぞきもうされそうろ」などと、唱えたものですから、小僧さんが出て行った後も、その家のおじいさんおばあさんは、その言葉を唱えます。そんなおり、3人の泥棒が、やってきます。
 3人の泥棒たちは、そのお経を聞き、自分たちが入りこもうとしているのが見破られたと震えあがり、逃げていったというお話。こればっかり。

 この最後の件のところで、ちょっと、思い出すのは、ブレーメンの音楽隊➡➡じゃないですか?ブレーメンの方は、ニワトリ、猫、犬、ロバが、力を合わせて泥棒を追い払うのでしたが・・・

☆写真の絵は、ネズミがちょろりと走り出て、かねたたきのバチをたおしたところ。その時、男の子が唱えたのが、「おんちょろちょろ、ばちあたりそろ」
追記:瀬田貞二再話で梶山俊夫画という本は、まだありました。瀬川康男と二人で画を描いています。「日本のむかしばなし」(瀬田貞二文 瀬川康男、梶山俊夫画 のら社)の「ねずみのすもう」です。

≪びんぼうな家のやせネズミと長者どんのところのこえネズミが相撲をとるのですが、貧乏な家のやせネズミは、負けてばかり。そこで、じいさんとばあさんが、餅を作り用意してやると、ついに長者のところのこえネズミに勝つのです。こえネズミは、その秘訣を聞き、自分にもお餅を作ってもらい、二匹は互角に戦えるようになる。そして、そのお礼に長者の家のぜに金を毎日もってくるようになって、じいさんもばあさんも、ずいぶん金持ちに。≫

・・・うーん、わかりやすい話とはいえ、個人的には、いくら長者どんのところのお金でも、ずっと持ってくるのは、泥棒じゃないの・・・・と、思ってしまいます。・・・悪徳長者なんだろうか?

PageTop

まご ひこ やさご すえの すえまで

 ねずみじょうどjj
 次は、草子ほど長くない昔話「ねずみじょうど」。
 貧乏なお爺さんが、ころがったそばもちを追いかけて行ったら、ねずみの住む穴に。目をつぶってねずみのしっぽを握って、着いた先では、ねずみたちが大歓迎。ねずみの黄金をどっさりお土産に持って帰ると、となりの目腐れ爺さんも、真似して、ネズミ穴に。ところが、ねずみたちの歌の最中にねこの鳴きまねをしたものですから・・・・もぐらになっちゃった。

 瀬田貞二再話の「ねずみじょうど」では、ねずみが言います。
≪じいさん じいさん ただいまは、けっこうなごちそうをありがとさん。なんにもないけど、ちょっくらうちへよってくだされや。それ まなこをつむって、このしっぽにしっかりつかまって、な。」と、ねずみごえでいいました。

 ねずみごえって!! 「ねずみは いいました。」ではなく、「ねずみごえで いいました。」 聞いているそれぞれの頭で、いろんな声が聞こえてくるじゃありませんか。

 それに、ねずみたちが歓迎に歌う歌、ちょっとめでたく、お正月にぴったり。
♪ねずみのじょうど ねこさえ いなけりゃ このよは ごくらく とんとんとん 
まご ひこ やさご すえの すえまで ねこのこえ きくめぇ とんとん ♪

 それにしても、もぐらになった めくされ爺さんも、よりによって、にゃーおなんて言わなければ、よかったのに・・・
 とっぴんはらいのぴい・・・ですね。

「ねずみじょうど」(瀬田貞二再話 丸木位里絵 福音館)
(「さてさて、きょうのおはなしは・・・・」 瀬田貞二再話・訳 野見山響子画 福音館)

PageTop

ねずみのおはなし

      鼠年j

 2020年は、子年。ねずみの年・・・ということで、今年は、ねずみの絵本を探そう。2019年のイノシシよりは、たくさんあります。

 とはいえ、ねずみは、いろんな絵本に、ちょい役として登場するものの、主人公となって大活躍は、犬や猫に較べて少ないかもしれない。犬や猫が、家族の一員となって、身近な存在であることに較べ、ねずみは、多くの世界で嫌われものとして、生きながらえて来たことに関係している?
 また、ライオンや象などは、強い、大きい・・・と、絵本に登場することも多いのに比べ、ねずみはどうだろう?
 身体が小さいねずみは、可愛いということにもつながることもあるけれど。

 が、しかし、ねずみは、小さいながらもなかなかの知恵者であり、家族が多く家内繁栄を象徴することもあって、ねずみの小さな力を借り、成功に導かれる、幸せに近づく、といった話は、けっこうあります。

 特に、日本の昔からの話に、鼠が登場するのは、ペットとして身近ではないものの、ごく身近に――壁一枚のところに、住んでいて、昔話の基本である、虐げられている者、弱い者、貧しい者の代弁者として、ねずみを描いているのではないだろうか。(続く)

☆写真後ろは、鼠草子(サントリ―美術館) ➡➡ 写真前は、グリーンノウのねずみ。「まぼろしの子どもたち」(ボストン作 瀬田貞二訳 堀内誠一絵 偕成社文庫)「グリーンノウの子どもたち」(ルーシー・M・ボストン作 ピーター・ボストン絵 亀井俊介訳 評論社)

PageTop

こねこのウィンクルとクリスマスツリー

ウィンクルj

 12月に入って、一通のメールが届きました。小学校で、本を読んだり、お話をしたりする活動をなさっている方からでした。
 メールには、昔むかし、カ・リ・リ・ロが訳したお話や詩を、子どもたちに紹介してくださったとのこと・・・
 ん?

 そうでした。25年くらい前のこと、ある子どもの本の出版社から出ている月刊誌に何度か、私訳のお話が掲載されたことがあったのです。
 その中の一つに、「こねこのウィンクルとクリスマスツリー」の出てくるお話がありました。(ルース・エインワース作 菊池恭子絵)
 あ!クリスマスツリーが出てくる!と、思い出し、クリスマス絵本の会の今年のテーマである、クリスマスツリーやモミも木のお話に、慌てて付け加えました。
 
 本棚の奥の奥に眠っていた、この月刊誌たち。
 が、種は撒いてみるものですね。
 ちゃんと、誰かが育ててくれていました。ありがとうございます。
 もしかしたら、そのお話を聞いた子どもがいつの日か、また、繋いでいってくれるかもしれない・・・

 当時は、たくさん、小さなお話を訳していたものでしたが、紆余曲折を経て、今は、ほとんど訳さず、年に一度、クリスマスカード用に詩を訳しているだけです。来年は、ちょっとまた、やってみようかな・・・

*年末年始、ブログを休みます。みなさま、よいお年を。

PageTop

シモンとクリスマスねこ

シモン
 そういえば、今年はネコの絵本を紹介し続けていたのでした。まだ、まだネコの絵本や読み物があるものの、ここでは、クリスマスとネコの本は、どうでしょう。

 「シモンとクリスマスねこーークリスマスまでの24のおはなし」(レギーネ・シントラ―文 ジータ・ユッカー絵 下田尾治郎訳 福音館)
 シモンの家には、フローラという名前の、尻尾のシマが24ある猫がいました。クリスマスまで24日もある!と嘆くシモンに、お父さんやお母さん、おばあちゃんたちが、シモンに24の話を聞かせるストーリーです。
 どれも、詩的な世界で、心温まる世界が広がっています。話を聞き終えた、シモンは、毎回、気持ちよく眠りにつきます。
 23日目はおばあちゃんが話す「クリスマスねこ」のお話です。

≪ いつもは臆病なシモンの猫のフローラですが、この日は、道の真ん中で大きな声で喋り出しました。そして、今日から、自分の名前を「クリスマスねこ」にすると宣言します。それまでの日々の話の中で、お花を「クリスマスの星」と言ったり、木は「クリスマスツリー」になったり、月は「クリスマスの月」、動物のおもちゃは「クリスマスのおくりもの」となるので、≪わたしも今から『クリスマスねこ』という名前になります。そうじゃないとクリスマスにふさわしくないから」≫と、フローラは言うのです。≪人間はみんな、頭に『クリスマス』ってつく言葉が好きなんです。だから『クリスマスねこ』って名前になりたいんです。そうすればきっと、もみの木やクルミ割り人形なんかよりも、ずっとわたしのことを好きになってくれると思って・・・
 すると、白い雄ネコに「もうやめんかい」と一喝され、フローラというのは、花のことで、きれいな名前だと諭されます。それで、フローラは「じゃあ、わたしはせめて『クリスマス・フローラ』って名前でいさせて。」と、一目散に家に帰ります。・・・≫

 ・・・と言う話をおばあちゃんが終えると、シモンは猫のフローラの毛をなで、「フローラ、しんぱいしなくていいよ。クリスマスっていう名前がつくどんなものより、おまえのことが好きだよ。」そして、おばあちゃんにも、言います。「・・・・おばあちゃん、ぼく、おばあちゃんのことも、いちばん好きだよ。」シモンは、おばあちゃんにキスをしました。おばあちゃんがそばにいてくれて、シモンはとてもうれしかったのです。シモンはその晩、ぐっすりとねむりました。

PageTop

ちいさな虫のおおきな本

虫の本
(承前)
「もりのおくのクリスマスツリー」➡➡の作者ユーヴァル・ゾマーは、虫の絵本も描いています。
「ちいさな虫のおおきな本」(日本語版監修:小松貴 東京書籍)

虫が嫌いな人は、手に取らないかもしれませんね。表紙から小さな虫がたくさん描かれていますから。

が、苦手な虫もあるけど・・・くらいの人は、このちょっと、可愛げな大きな絵本は、絶対楽しめます。もちろん、虫にあまり偏見のない子どもたちなら、この絵本のなかに詰まっている、虫世界の知識も増えるし、綺麗な絵にも出会えます。

  花は好きだけれど、虫はねぇ・・・と、勝手なこと言っている人も居るでしょう。
 花が咲き、実がなり、樹木が育つのは、虫や他、生物が媒介しているのですから、時々は、花や葉や実を食い荒らす憎っくき虫なども、生きるためなんだねぇと余裕の気持ちで、接したい、
 地球の上に、同じく生を受けたご縁。子どもたちのように、偏見なく、この絵本を楽しみたいと思います。

 さて、この絵本には、カマキリが登場するのですが、孫は、夏の終わりに、じいじがバッタやカマキリを素手で掴んだことが、よほど、印象的だったらしく、そのことを、カマキリの箇所で、教えてくれました。カマキリは、こーんな手をしてるんだよ、と身振りを添えて…

 いわゆるお話の絵本ではありません。(自然)科学の絵本の場所にあります。

PageTop

もりのおくのクリスマスツリー

もりのおくのクリスマスツリー

 30年以上、クリスマス絵本の会を続けていると、質のいい新刊・復刊が、たくさんあって、用意するのに困る年もあれば、え?たったこれだけ?復刊もしないの?と、残念な年があります。今年が、その年でした。

 毎年のように、紹介し続けている「クリスマスイブ」(マーガレット・ワイズ・ブラウン 矢川澄子訳 ほるぷ)のような、静かに心に迫るクリスマスストーリーとは、違った角度で、クリスマスツリーを見たのが、この「もりのおくのクリスマスツリー」(ユーヴァル・ゾマー 石津ちひろ訳 ほるぷ)
 クリスマスツリー(モミの木)を中心の題材としたクリスマス絵本・読み物は多く、その中の新人がこの「もりのおくのクリスマスツリー」です。

 絵がイラストタッチなのは、最近ありがちな風潮です。が、自然の描写は、子どもたちに親しみやすいものです。ストーリーもわかりやすい。

≪ぼくは いっぽんの き・・・・ここに じっと たっている。≫と、この絵本は始まります。傾いているこの木は、なかなか背が伸びず、季節がめぐって、他の木がクリスマスツリーとして、居なくなって、ひとりぼっちになって・・・
 そして、最後、≪あめや かぜや ゆきや おひさまの おかげで だんだん おおきく なっていく。いつだって、ぼくは みどりいろ。ぼくは いっぽんの き・・・・ ここに じっと たっている。≫で、終わります。

 四季を表現した絵は、どれも美しい。大仰な表現でなく、子どもたちにも伝わりやすい馴染みやすい絵です。
 ページの隅々に登場する、鳥や、森の生きものも、いいなぁと思っていたら、この画家、自然科学の絵本、動物や昆虫の絵本も手掛けている人だった・・・(続く) 

PageTop