FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

栗のパスタ

ウルスリ21
「ウルスリのすず」(ゼリーナ・ヘンツ文 カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波)
(承前)
 絵本「ウルスリとすず」で、ウルスリが大きな鈴をっ持ち帰り、鈴の行列の先頭に立ちます。そのあと、お父さんお母さんと食べたのが、蒸した栗でした。上には、生クリームがたっぷり、かかっていました。
 最後の絵は、件の大きな鈴を椅子に置いて家族でウルスリの話を聞いています。テーブルの上には、山もりの蒸した栗、それぞれのお皿に取り分けた蒸した栗、あとは、パンとオレンジ(?)が置かれています。つまり、栗は、ごちそうだとも言えましょう。

栗のパスタj

 さて、「黒い兄弟」の舞台、ソノーニョ村➡➡は、冬場は厳しい自然と岩場の狭い土地でしたが、そんな場所で見つけたのが栗のパスタ類でした。小麦がたくさん育つような場所ではありませんから、当然、たくさん収穫できる栗は、主食となっていたのでしょう。日本でも、縄文時代は、どんぐりを食べていたようですから。

 それで、日本に持ち帰り、食べてみましたよ。ほんのり甘い栗の味。ソースの味付けを気にすることなく、簡単にオリーブオイルやチーズをかけただけでも、美味しいです。また、小麦粉のパスタなどのような こしのあるものではないものの、最近、パスタが胸につかえるような感じのするカ・リ・リ・ロには、ぴったり。日本でも、売ってないか、探してみようっと。

 ちなみに写真上 右後ろに写るのは、ウルスリのエンガディン地方でもなく、黒い兄弟のティチーノ州でもなく、レマン湖畔ヴォー州で取れた黒いキノコをハーブの酢漬けにしたもの。手前の栗のパスタに混ぜて食べました。美味しいに決まってる!

 写真下は、同じくヴォー州シャトー・デーのお店に売っていた乾燥キノコですが、上記、壜詰めのキノコは、お店のおじさんの家族で森に取りに行ったものだと、胸を張って教えてくれました。だから、手書きのラベルにリサイクルの瓶。

 蛇足ながら、これで、思い出したのが絵本「うたこさんのおかいもの」(ディック・ブルーナ―文絵 松岡享子訳 福音館)。この中で、市場のきのこうりのおじさんが、≪この きのこは おれが じぶんで みつけて とってきたんだぞ」と たいそう ごじまん≫の箇所。

きのこj

PageTop

山に響いたのは・・・

ウルスリ12
「ウルスリのすず」(ゼリーナ・ヘンツ文 カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波)
(承前)
 ウルスリ詣での山には、ウルスリが渡った釣り橋を模したものも途中にありました。先の5歳くらいの男の子が渡っていきました。
 落ちても平気なところにかかっているので、揺れるのを楽しむのです。次は我々夫婦。(そこを通らずとも行けますけど)
 ♪ ビョンビョンビョン♪

 さて、次は、小学生低学年くらいの女の子二人。♪ ビョンビョンビョン♪
 あれ、行きつ戻りつしています。♪ ビョンビョンビョン♪
ウルスリ19

すると、聞こえてきました。彼女たちの歌声♪♪♪
モーツアルトの「魔笛」夜の女王のアリア!の有名な、コロラトゥーラの部分!!
繰り返し、繰り返し・・・
楽しくて♪ ビョンビョンビョン♪が、モーツアルトの「夜の女王のアリア」だなんて!
ウルスリ30

そして、蛇足です。孫たちが9月に入って、10日余り、うちから保育所に通うことがありました。そのときに、この「夜の女王のアリア」を何度か聴きました。あの山で出会った小学生の女の子のようなしっかりしたメロディではありませんが、3歳の孫は、タタタタタタタタターン♪などと歌いながら、ソファの上を ピョンピョンピョン♪・・・・ん?このアリアって、子どもたちを飛び跳ねたくさせる魔力を持っているんだ!!!

PageTop

ウルスリ詣で

ウルスリ山1
(承前)
「ウルスリのすず」(ゼリーナ・ヘンツ文 カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波) 
 ウルスリが、大きな鈴を取りに行った山は、村から一気に登っていきます。が、今は、おおよその順路がつけられ、子どもも登れる工夫がされています。ウルスリが行った山小屋や吊り橋は、もっと奥にあったと思われますが、ともかく、ウルスリ気分で、山を一周できるよう、木製の遊具が、随所にありました。次の遊具を目ざして、急な山道を登っていくという形です。 
 実際、我々の前を歩いていたのは、ジイジとバアバに連れられた5歳くらいの男の子。どんどん、先に歩いていきますが、遊具のところで、少し遊んでいるうちに、大人が追い付いてくるという形です。スイスでの山には(いわゆる名峰登山は知りませんが)、必ず、標識あるいは、石に赤ペンキで、印が入れられ、天候に問題がなければ、初心者でも、子どもでも迷うことはありません。
ウルスリ11

ウルスリ122
男の子が絵合わせの裏見てます。

ウルスリ12
鈴の一番大きいものはどーれ?

ウルスリ14
男の子のジイジが、こうやって、歩くんだよと、教えてるところ。
ウルスリ15

ウルスリ16
模造の山小屋ですが、ドアの上の部分が開き、裏手に回れば屋根裏まで登れます。男の子は、今からドアの上部を開けて、ジイジ!バアバ!と言ってました。
 さて、ここから下りになり、以下のような大きな立体絵合わせが、随所に置かれています。
ウルスリ17
      ウルスリ16
 で、最後は、「ただいまぁ!」のウルスリの家のドア。もちろん、開けて下りていきました。
ウルスリ18

 一周およそ、1時間半でしたが、最後、雨が降ってきて、かの男の子とジイジ・バアバより早く村に戻ったものの、彼等は、まだ、山で雨に会って、大変だなぁと心配していたら、雨具、完全防備で、元気よく下りてきて、一緒のバスに乗りました。
 うーん、小さい時からの山や自然に親しむ・あるいは向き合う生き方、教育。黒い兄弟のジョルジョ➡➡が、自然の中で学び、それが人に対する思いやりとなり、やがては、故郷に戻って、次の世代のために生きる・・・ということを、思い出します。
 
 そんな山の中で、聞こえてきたのは…(続く)
ウルスリ山2

PageTop

ウルスリのすず

ウルスリ1
 2005年、初めてスイスに行ったとき、カリジェ詣でに、生家や墓のあるトゥルン村に行ったことがあります。 そのことは、古本「海ねこ」さん掲載のブログ(2007年3月8日)などにも書きましたが、➡➡ フルリーナの絵のある建物他、カリジェの描いた絵のある建物➡➡が、その村に多くあって、ハイテンションな時間を過ごしたのを思い出します。もちろん、ゆかりの博物館も教会も楽しみました。
 ハイテンションすぎて、その村には、ウルスリが居ない・・・などと、考えもしませんでした。

ウルスリ4

ウルスリ4

 その後、15年近く経って、やっと、今回、ウルスリには、別の舞台があるんだ・・・と、わかった次第。
それは、スイス東部のエンディガン地方。グアルダという村。

「ウルスリのすず」(ゼリーナ・ヘンツ文 カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波)
以前、「ウルスリとすず」のことを書きましたが➡➡実際に、その舞台になった場所に立って見ると、小さな村の後ろにそびえる山は、急な山。(素人には・・・)そして、ウルスリがすずを見つけに行った山の小屋は、ずいぶんと遠そう。(続く)
ウルスリ3

ウルスリ2

☆写真は、すべて、スイス グアルダ村 二番目と三番目は、小さな小さなウルスリ博物館。四番目は、文を書いたゼリーナ・ヘンツの住んでいた家(カリジェは、ここに逗留し、ウルスリとすずの絵を描いたようです。)。五番目は、ウルスリの家のモデルになった家。一番下は、見晴らしのいい場所にあったベンチ


ウルスリ8

PageTop

マッジョーレ湖とルガーノ湖

マッジョーレj
(承前)
「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
 さて、「黒い兄弟」では、ロカルノからマッジョーレ湖を渡り(遭難するものの)、ミラノに行きつくジョルジョたちでしたが、ミラノから逃げ帰ったのはルガーノ湖➡➡からでした。そして、命からがら、行きついたところ、それは、ルガーノ湖のモルコーテでした。
≪「ここは、どこですか?」ジョルジョは、できるだけおちついた声でたずねました。「モルコーテだ!」税関吏は言いました。「モルコーテですって?」ジョルジョははねおきました。アントニオとアウグストの顔が、ぱっと笑顔に変わりました。「じゃ、スイスだ!」税関吏は、大きな顔をゆがめてほほえみました。「もちろん、スイスさ」「ああ、マリアさま」・・・≫
モルコーテ j

ルガーノ湖1jjj

ルガーノ湖2jjjj
そして、ルガーノの町の丘の上、カセラ先生の家にたどり着くのです。
≪街道はのぼり坂になりました。あたりの景観も、しだいにごつごつした岩肌がめだつようになり、やがて巨大なピラミッドのようなサン・サルバトーレ山が、目の前にあらわれました。街道はふたたびくだりになり、たくさんの家が見えてきました。「あれがルガーノかい?」と、ジョルジョがたずねました。「あれは、まだパラディーソさ」そのあたりにくわしいアウグストが、首をふっていいました。でもそこからはもう、ルガーノをのぞむことができました。大きくなだらかな丘陵に、たくさんの屋敷が豆粒のように小さくならんでいました。≫

 話の構成として、ミラノまでの遠さを表現するには、南北に長いマッジョーレ湖は、ソノーニョ村からの距離を十分すぎるほど表現します。反対に、ルガーノ湖は、複雑な形でできているため、対岸が近い。つまり、早くミラノからスイスという地に行きつくことが出来る…実際、ロカルノよりルガーノ自体も、ミラノ寄りです。

 なかなか、宗教心のない者にはわかりにくい事でしたが、ソノーニョ村の聖マリア・ロレト教会➡➡から始まり、ロカルノのマドンナ・デル・サッソ教会➡➡が、その後のマイルストーンとなり、最後の希望の光にルガーノ湖の大きな教会のあるモルコーテ➡➡・・・と、この「黒い兄弟」では、教会つまり、信仰も、大きな役割を担っていたことがわかります。

☆写真は、上から、マッジョーレ湖 北端スイス部分。
二番目はルガーノ湖のモルコーテ。
三番目は,ルガーノ ブレ山からルガーノ湖を望む。向こうはイタリア。モルコーテは橋の右向こう。ちなみに、ジョルジョたちが2・3時間歩いて着いたメリーデは、写真に写る橋の右たもと。
四番目は、サン・サルバトーレ山を左に、そのふもとがパラディーソで、建物の多いところがルガーノ市内。
五番目は、アスコナから見たマッジョーレ湖、湖のイタリア地域をのどかに周遊する船がとまっています。マッジョーレ湖の写真は2019年。ルガーノ湖の写真は2018年。
アスコナ6

PageTop

市場

朝市1

「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
(承前)
 ロカルノの町に着いたジョルジョたちは、骨折したお母さんのためにお医者さんのところに、まず行きますが、次に向かったのが、広場の市場です。
朝市2

≪市場はどこをむいても、めずらしいものばかりでした。広場の真ん中では農夫が一列にならんで品物を広げています、黄金色のやわらかいバター、ウィキョウの種のはいった白いチーズ。牛肉、豚肉や野生動物の肉を売っている人もいます。そこには、ウサギ、シカ、ウズラ、キジ、カモシカなどがつるしてあります。コテージチーズや卵を売っている人もいました。ほかにも、野菜がかごにいれて売られていました。サラダ菜やシッコリー、ネギ、真っ赤に熟したトマト、つやつやしたザクロ、ぱっくり口をあけた大きなイチジク、粒がクルミほどもあるぶどう、熟しておいしそうなナシやリンゴ、細長いツケッティ、ウィキョウ、セロリ、そして大きなキュウリ。みんな、いかにもおいしそうで、つい手がでそうになりました。・・・(中略)・・・・屋台の一つには猟銃とピストルがありました。そのとなりには畑仕事の道具、そのまたとなりには服や色とりどりの布、そのまた先の屋台には帽子がおいてありました。・・・・(中略)・・・・別のところでは横一列に砂糖やレモネードを売る屋台がならんでいました。聖画や十字架やなべかまを売る店もたくさんありました。・・・(中略)・・・・広場の空き地には旅芸人の一座がいました。…(中略)・・・・クマも小さなサルも二匹つれていました。・・・・(中略)・・・・少し行くと、女い占い師の小屋がありました。そのとなりにはのぞきめがねの小屋がたっていました。・・・・(中略)・・・・その先には歯医者の小屋がありました外科医も何人かいて、腫ようにも、目の病にも、ウオノメに効くという万能薬の宣伝をしていました。そのむこうでは、若い娘をつれた男が大きな絵を描いた看板のそばに立っていました。男は手風琴をまわし、そのわきで娘が風琴の調べに合わせて歌をうたいながら、杖で看板をさしていました。・・・・≫
 ・・・・と、ジョルジョたちが日が暮れていたにも気づかず楽しんでいると、そこに、「ほお傷の男」すなわち、ジョルジョたちを煙突掃除夫として、買った男が現れます。
ルチェルン2

 さて、 スイスに行く楽しみの一つに、朝市に出かけることがありますが、ここには、市場とありますから、我々が朝市にいくより、はるかに雑然と生き生きとしたものだったと想像できます。当然、スーパーもない時代ですから。(続く)
ルチェルンj

ロカルノ

 ☆写真は、スイス モルジュの朝市。➡➡ ➡➡  ➡➡   ルチェルンの朝市 ➡➡  ➡➡
実は、一番下の写真のように、ロカルノは、我々が行った少し後で、ロカルノ映画祭という世界的規模の映画祭が催されるので、ジョルジョたちの行った広場では、野外映画祭の準備がなされていました。 

PageTop

マドンナ・デル・サッソ教会

デルサッソ1
(承前)
「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
 ジョルジョは、村を出てロカルノという街に向かいます。途中で、マスを分け合った➡➡アルフレドと行動を共にします。

≪しばらくすると、山なみからすこしはずれたところに、乳房のような小高い丘とその上の大きな教会が見えてきました。ジョルジョとアルフレッドはそこで足をとめて、その堂々とした教会にみとれました。「あれはマドンナ・デル・サッソの教会だ」と、アルフレドがいいました。「知ってるの?」「ううん。話に聞いてるだけだけど、教会の絵を見たことがあるんだ。ここまでくればロカルノはもうすぐだよ。あの教会は、町のすぐ上にたっているんだ。」≫
デルサッソ5

デルサッソ4

デルサッソ3

デルサッソ6

デルサッソ2

デルサッソ7

☆写真は、スイス ロカルノ マドンナ・デル・サッソ教会 眼下は、マッジョーレ湖 今は、ケーブルカーで簡単に上がれますが、一番下の写真に写るように、教会までは巡礼のための祠(中には、聖画)が立って案内しています。

PageTop

ジョルジョのふるさと その5

 ソノーニョ村教会
(承前)
「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
の第1章「ジョルジョのふるさと」に、その小さな村の教会のことを書いているところがあります。

ソノーニョ マリア

≪ソノーニョ村の教会はこの小さな村でいちばん美しい建物で、そのとがった塔には、リンゴのような鐘がつるしてありました。≫と、このあと、教会の中の様子にも触れているのですが、この村に行ったその日は、黒聖母子像を、教会の外で祭り、周回していたので、ヨーロッパにいつくかある黒聖母子像は、遠くから眺めることができました。そんな行事の日だったので、教会入り口では、周回していない人たちが、何か準備であわただしそうだったので、教会の中に入りませんでした。(帰国して、調べたら、中は、すっきりときれいな教会でした)
 教会は聖マリア・ロレト教会(黒いマドンナに捧げられた教会)といい、もとは1400年頃のもので、再建されたのは150年以上前のようです。イタリアにも同じ名の教会があって、そこの黒聖母子像と同じのようですから、この点だけでも、このソノーニョ村が、イタリア語圏の秘境(隠れ里)にあることが推測できます。(続く)
ソノーニョ村巡礼
ソノーニョ村教会3

PageTop

ジョルジョのふるさと その4

ソノーニョ村12
「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
(承前)
 この夏、ソノーニョ村を訪れた日は、原作をアレンジして、アニメになったらしい(見ていません)「ロミオの青い空」というタイトル通りの底ぬけに青い空。
 が、この青い空が続き、雨の降らなかった春、「黒い兄弟」の中では、災難が続き、その結果、ジョルジョはミラノに連れていかれることになります。
 
 大地が凍り付き、雪は根雪になり、葡萄は腐り、ぶどう酒は酸っぱくて、酢にするしかなく、冬の間の家畜のエサにする草も刈ることが出来ず、ひどい秋になり、冬は輪をかけてひどくなり、気温は下がり、渓谷の岩にはつららが下がり、激流も凍結、水面には厚い氷、雪に埋もれた草木は凍り付き獣たちの食べ物までなくなり・・・・誰もが、ひもじい思いをした冬がすぎ、寒さがやわらぎ、雪がとけ、川の流れが、氷を押し流し、緑がちらほらと見られるようになったものの、雨が降りませんでした。

≪異常な寒さにつづいて,こんどは異常な日照りになったのです。どこを見あげても、雲はひとつもありませんでした。たなびく霧もなければ、うろこ雲もなく、雷をつれてくる風すら吹きませんでした。空は澄みわたり、大海原のようにどこまでも紺碧で、青空をにごらせるちりのような雲さえひとつも見あたりませんでした。村人は、種まきが出来ませんでした。・・・・・・・≫

     ソノーニョ村11

そこで、雨の聖人に神頼み。
雨の聖人というのは、≪大昔、ソノーニョ村で市債をしていた修道士のことです。その修道士は、だれにでもすくいの手をさしのべた心のやさしい人で、その名はミラノにまで知れわたっていました。…(中略)・・・そして村人たちは日照りがつづくと、みんなでっ修道士の棺をかつぎだし、村中を行列して歩くのです。≫

さて、実際に、我々がソノーニョ村に行った日、聖人の棺ではありませんが、黒聖母子像の行列が行われていました。(続く)
☆写真は、すべてスイス ソノーニョ村。
     ソノーニョ村14

PageTop

ジョルジョのふるさと その3

蝶々12

「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店)
(承前)
 ジョルジョは、川でマスを捕まえる技を身につけただけでなく、山でたくさんの生物たちと出会っています。たとえ、山奥の限られた人たちの中で育とうとも、生命あるものとの多くの交わりは、ジョルジョの生命あるものへの思いやり、友人への思いやり、人への思いやり、やがては、村の未来への思いにつながっていきます。

≪のぼり道は、はじめの百メートルほどがいちばんけわしく、トチの木や岩につかまりながらよじのぼります。しかしそこをすぎると、山道はなだらかになり、野原もみられるようになります。けれども、山の野原といっても、見えるのは灰色や黄色の山肌ばかりで、やぶの木々は枯れはて、木の葉一枚ありませんでした。それでも、ジョルジョとアニタは嬉々として、とびはねながら山をのぼりました。そして途中でトカゲやヘビを追いかけたたり、大きなチョウのあとを追ったり、森の中からでてきたカササギやキジの帰り道をふさいだり、コオロギをつかまえたり、アリの行列についていったりしました。
 二、三百メートルほどのぼったところには、すばしっこいマーモットの巣がありました。マーモットはいつも、穴の中から棒立ちになってあたりをうかがっています。そっと近づけば、マーモットが穴に逃げこむときに、頭やもこもこした小さな尻尾をなんとか見ることができました。
 それから、カモシカが遠くに姿を見せることもありました。それはカモシカの親子で、子どもたちは子ヤギのようにたがいに角をぶつけあってけんかをしていました。≫

マーモット
 ☆写真上は、クライネシャイデック エリンギウム・アルピウムにとまるチョウチョ(クライドルフの絵本➡➡
  写真下のマーモットは、アルプスの山で時々見かけることのある動物ですが(リス科)、上記、引用したように、動きが早く、遠くに居るので、なかなか写真に残せません。今回、写真に使ったのは、モントルーからケーブルで登って行ったロシュドネーで飼育されていたマーモット。

PageTop