みんなみすべくきたすべく

妖精のきこりの見事な一撃

      テート6j
 (承前)
 ロンドン テート・ブリテンにあるこの絵「妖精のきこりの見事な一撃」の画家、リチャード・ダッド(1817~86)は、若くして才能を発揮したものの、精神を病み、父を殺害、亡くなるまで43年間精神病院で過ごしました。この絵は1855~64までかかって描かれ、未完成部分を残しています。  

 この絵は、比較的小さな絵ですが、いつも、その絵の前に立つまでは、もっと大きな絵だと考えています。で、実際に目の前にすると、54×39.4センチという大きさなのです。
 この絵の周りには、壮麗なラファエル前派の大きな絵が掲げられていて、小さいのも際立つはずなのに、その絵を見ていると、大きな世界の広がりを感じてしまうがゆえに、実物の大きさを思い違いしてしまうのかもしれません。

 とにかく、細かく描かれています。不思議な容姿の人や妖精たちが、いわくありげに描かれています。 一人ずつ解読していくことも面白いことですが、カ・リ・リ・ロは、一人背中を向けて、今にも斧を下ろそうとしている人間(?)に、いつも目が行きます。この人だけ身体のバランスが普通・・・で、そのあと、その人を正面で見据える小さな老人に目が行きます。この二人を描くために、妖精の世界、草花より小さい世界、謎めいた人たちやその視線などなど、加えていったのだと、勝手に解釈しています。

 描かれているのは、ノーム(地の精)やエルフ(小妖精)、トンボのトランぺッターも居ます。もちろん目立つところには、妖精王のオベロンも女王ティタニアも。
 画面上には、鋳掛屋さんに兵隊さん、船乗りに仕立て屋に農夫、それに薬剤師に泥棒。(これは、イギリスの伝承歌、子どもの占い歌)
 さて、この一撃のあと、それぞれが動き出す・・・それぞれのざわめきが聞こえてきそうです。(続く)

*参考:図録「テイト・ギャラリー(日本語版)」(1996)(サイモン・ウィルソン著湊典子・荒川裕子・平尾左矢子共訳)

PageTop

テムズをはさんで

       テート3j
(承前)
 昨日のジョン・シンガー・サージェント「カーネーション・リリー・リリー・ローズ」➡➡やラファエル前派の絵➡➡を展示しているのは、テート・ブリテンと言われる美術館です。
 もとはヘンリー・テートさんがロンドン・ナショナルギャラリー➡➡に寄贈しようとしたものの、収まり切れないというので、ナショナルギャラリーの分館となり、その後、テート・ギャラリーとなったものです。そのテートは、ロンドンのプリムコウにあるテート・ブリテンとテムズ対岸のバンクサイドにあるテート・モダン、あと、行った事がないテート・リバプールとテート・セントアイブスで、成り立っています。

 現代アートを所蔵するテート・モダンは、もと発電所だったところを美術館にしているユニークな建物です。エントランスは、発電機があったタービン・ホールで、99mの巨大な煙突と昔ながらの煉瓦造りの外観を残し、内部は7階まで吹き抜けとなっていて、現代アートを展示する空間として、面白いものとなっています。

 かつて、ここに家族で行ったとき、アンディ・ウォホール展をやっていて、キャンベルスープの缶の絵やマリリン・モンローなどなど、所狭しと貼られていて、その迫力に圧倒されました。が、かの夫はというと、発電所のなごりの鉄の柱や、鎖などに痛く感銘を受けていました。サイズを測っていた・・・・

 また、ここのカフェ・レストランは、テムズを見下ろし、前にセントポールなど、ロンドンの景色が見渡せる素敵な場所なのですが、行ったときはいつも、混んでいて、なかなか縁がありません。
 そして、テムズ川の両岸にあるテート・ブリテンとテート・モダンは、船でつながっているようです。
 それから、テート・モダンの隣には、かのグローブ座もあって・・・と、書いているうちから、また行きたくなってきた。(続く)
☆写真は、テート・ブリテンのエントランス上部

PageTop

カーネーション・リリー・リリー・ローズ

      テート5j
 (承前)
 上の写真、ジョン・シンガー・サージェントの描いた「カーネーション・リリー・リリー・ローズ」のことは、以前も古本海ねこさんで書きました。➡➡(12月26日の項) そして、このブログ管理者カ・リ・リ・ロの名前は、おこがましくも、この絵 「カーネーション・リリー・リリー・ローズ」にちなみ、それは、イーヴ・ガーネットの「ふくろ小路一番地」*を読んで、知りました。

 その後、1998年神戸に来た「テート美術館展」でも、「ブリティッシュ・アート論」を受講していた時にも、この絵をゆっくり見る機会がありました。さらには、画家サージェントの肖像画の数々を知り、それにも惹かれたことはここにも書きました。➡➡

 そして、日本の提灯の柔らかい光が醸し出す、「カーネーション・リリー・リリー・ローズ」の絵は、当時(1885年)、流行った歌「花かざりの輪」のセンチメンタルなリフレイン、🎵カーネーション・リリー・リリー・ローズ🎵から喚起されていると、「ブリティッシュ・アート論のオックスフォードご出身の教授が、口ずさんでくださったのを覚えています。ジョセフ・マッツインギという人の歌で「僕のフローラがここを通るのを見ましたか?」に答えて続くのだそうです。(**「1998年 テート・ギャラリー展図録解説より)

 また、なぜ、カーネーションと百合と薔薇なのかと、考えてみたことがありますが、ここでいうカーネーションは、今、日本人が思う、お花屋さんの店先で並ぶ匂いのないカーネーションではなく、もっと原種に近いもののようです。香りがきつく、同じく、香りたつ百合(リリー)、薔薇(ローズ)に負けてない共演者なのです。
 つまり、この絵は、香り、光、音楽を表現する一枚の絵だともいえます。

 絵画鑑賞の楽しみは実際に前に立てればいうことないのですが、絵を何らかの形で目にした後、その背景を知り、もう一度絵画にアプロ―チとするのも、大きな喜びです。

 そして、カ・リ・リ・ロにとって、 この絵の入り口は、「ふくろ小路一番地」だったということです。
 この絵は、ロンドン テート・ブリテンにあります。(続く)

☆☆☆「英米文学植物民俗誌」(加藤憲市 冨山房)によれば、
Carnation の項に、≪花は香りがよい上、色が鮮やかなので、古くから人に愛された。≫とあり、
Lily の項には、≪俗に、LilyをRoseと一緒に植えておけば、両方とも、いっそうよい香りを放つ。≫とありました。
Roseは言わずもがな、いい香りです。
*「ふくろ小路一番地」(イーヴ・ガーネット作 絵 石井桃子訳 岩波少年文庫)

PageTop

テート・ブリテン

テート2j
(承前)
 ロンドン 地下鉄ヴィクトリア駅の次 プリムコウに、テート・ブリテン(テート美術館)があります。正面玄関は、テムズ川に面し、特別展などの入り口は、住宅地側にあります。
テート4jj
テート1j
 今回のロンドン行きの最後に行ったのが、ここでした。
 初めて行ったときは、ターナーのコレクション展示の部屋が、自然光の柔らかな光に包まれた部屋だったので、自然光で見る美術品に新鮮な喜びを感じたものです。
 もちろん、傷みやすそうなウィリアム・ブレイクの部屋は、今もなお、暗い照明の部屋にあります。

 ここの一番の売りは、ラファエル前派の作品が多いことでしょう。ロセッティやバーン・ジョーンズ、日本にも何度か来た、ミレイのオフィーリアの絵など、大きな絵が、大きな部屋に展示されているのは、しかも明るい部屋に展示されているのは、彼らの世紀末の陰鬱な作風と違って、華やかさえ、感じられます。(続く)

PageTop

ロンドン ナショナル ギャラリー

   ナショナルギャラリー1j
 (承前)
 ロンドン ナショナルギャラリーも、ロンドンに行くたび、訪れます。観光客も多く、今は、入場する際に、持ち物のチェックはありますが、無料で入場できます。
 知名度の高い作品には、そこそこ人が群がっていますが、概ね、気持ちよく鑑賞できます。それと、大体、どこにどの作品があるか、大きな変化がないので、そこに向かえば、その作品に出会えるのが嬉しい。(時々、作品が貸し出されている時もありますが・・・)
 先日、ここに載せたスルバラン「A Cup of Water and a Rose on a Silver Plate」も、大きな展示室にあります。部屋の大きさの割に小さい作品で、スルバランの他の大きな絵の向い側の壁にひっそりとあります。
         ナショナルギャラリー4j
 二枚のフェルメールは、ほかのフランドル派と一緒に暗い小さな部屋にかかっていることが多く、 今回は、「ヴァージナルの前に立つ女」だけでしたので、もう一枚の「ヴァージナルの前に座る女」は貸し出し中だったのでしょう。ロンドンには、もう一枚「ギターを弾く女」が、ハムステッドのケンウッド・ハウスにあって、2013年の「フェルメールと音楽展 Vermeer and Music: The Art of Love and Leisure」➡➡には、そろって展示されていたのが嬉しかったのを思い出します。
    ナショナルギャラリー2j
 ダ・ビンチの「岩窟の聖母」は、ルーブルの「岩窟の聖母」と、よく比べられ、その制作過程やその所説あるようですが、デジカメのいい加減な撮影でも、こんなにきれいに撮れました。ありがたいことです。
            ナショナルギャラリー3j
 その横には、「聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ」というドローイング。
 この一枚の絵をめぐっても、いろんな事件があるようなのですが、こうやって、至近で鑑賞させてもらえます。
 いわば、絵画のテロに屈しない ナショナルギャラリーの強い精神を感じます。
 テロに屈しない強い精神・・・精神論でテロがなくなるとは思いませんが、やっつけるだけではテロがなくならないのは、イギリスの多くの美術館の姿勢からわかる気がします。
  そんな強い意志を感じるナショナルギャラリーの前、下のような景色が見えます。向こうにビッグベンが見えます。ああ、この下で、先日、テロがあったのでしたね。(続く)
   ナショナルギャラリー5j

PageTop

ホーリー・トリニティ

ホーリートリニティ12
(承前) さて、もう一つ、ステンドグラスの素晴らしい教会に行きました。ここは、もう何年も前に、行ったことがあるのですが、改めて見ると、華やかさがひときわです。かのラファエル前派、エドワード・バーン=ジョーンズ(➡➡)のステンドグラスなのです。
ホーリートリニティ部分
 場所は、ロンドン、スローンスクエアのホーリー・トリニティ。地下鉄降りてすぐのところです。(続く)

☆写真一番下、エドワード・バーン=ジョーンズ「水車小屋」 V&A ミュージアム
        バーンジョーンズj

PageTop

大聖堂のステンドグラス

ステンドグラスj4
(承前)
 グロースター大聖堂は、天井も美しく、パイプオルガンも美しく、そして、ステンドグラスも美しく、目を奪い・・・
 一番下のステンドグラスは、現代の作家によるもののようです。(続く)
       ステンドグラスj2
ステンドグラスj6
     ステンドグラスj3
ステンドグラスj5
        ステンドグラスj1
        ステンドグラス6

PageTop

夜の博物館

          廊下j
(承前)
 昨日のポター生誕150周年の展示➡➡は、上の写真、天井絵下の廊下左右で行われていました。ということで、ポター生誕150年もヴィクトリア&アルバート ミュージアムの規模からしたら、ほんの廊下の一部といったところ。あまりに小規模なので、事前に館内図はプリントアウトしていたものの、結局、案内の人の丁寧な指示で、たどり着くことができた次第。なにしろ、階段など 廊下など、入り組んでいるのです。

 V&Aミュージアムのことは、ここでも何度か書きましたが、このミュージアムの近くに宿をとることが多いので、金曜の夜、開館時間の長いときに、いつもこのミュージアムに行きます。
 混雑していないというより、もう暗くなっていて、奥の方は、人気が少ないのが、かえって怖い・・・さながら、夜のミュージアム探検(こんな映画あったっけ?)。
 絵画もあるし、ファッションもあるし、家具や銀器や、彫刻や、なんでもあって、いろんな好みの人が楽しめる博物館だと思います。(続く)

        ヴィクトリア&アルバート3j
ヴィクトリア&アルバート2j

PageTop

舞台の二人の踊り子

   ドガj
(承前)
 やっぱり、ロンドン コートールド美術館は、いい。
 
 「月曜午前は、無料」というサービスがなくなったのは、残念だけど、シニア割引もきくし、やっぱり、この落ち着いた美術館は、いい。
見ている人が観光でなく、見たいから来ているという空気がいい。
 
 ドガの彫塑もたくさんあると、書いたことがあったけど、➡➡、うーん、今度は選び抜いて、置いてあった。「舞台の二人の踊り子」の前。しかも、柔らかい自然光の部屋。

 こんな素人が鑑賞しても、いいものが置いてあるなぁ・・・と、いつも感心しきり。マネの 「フォリー・ベルジェールのバー」もスーラの「化粧する女」も、モネの「花瓶」も、ゴッホの 「耳を切った自画像」も、セザンヌの「カード遊びをする人たち」も、ルノワールの 「桟敷席」も、 ゴーギャンの「ネヴァモア」も、クラナハもゲインズボローもルーベンスもカンディンスキーもブラマンクも、ベン・ニコルソンも。(絵本「かしこいビル」の画家ウィリアム・ニコルソンの息子)
 

PageTop

自然光

   スルバランj
 
 3月いっぱいかかって、日経朝刊「私の履歴書」は、ジョー・プライス氏の履歴が連載されていました。若き彼がいかに若冲と出会ったか、いかに若冲を広めたかなどなど、いずれ、一冊の本になろうかと思われる連載でした。

 その中で、かつて、若冲の作品は、日本の屋内で、自然光の中で楽しまれたと気付き、人工的な照明やガラスショーケース越しでの展示を、できるだけ避けようとしている姿勢が、何度か出てきました。
 確かに、自然光のなか、美術品を保護していくのは、至難の業でしょう。特に、容赦ない日本の夏の日差しは、素人が考えても困難なことはわかります。日焼けしてしまった作品が多いのも確かです。
 が、しかし、日本家屋は軒が深く、特に床の間は、部屋の奥深いところにあることを考えれば、あるいは、襖絵にしても、縁側を広くとり、雨・風・陽光が入りづらいことを考えれば、日本人が、美術品を配慮なく、飾っていたとは考えられません。
 また、四季折々、掛け軸や屏風絵を替え、襖も夏向きの御簾のようなものもある、を思い起こせば、さらに日本人の芸術品との付き合い方がわかるような気がします。
とはいえ、生活の中の芸術ではなく、今の日本での美術展では、そうもいかず、照明光るガラス越しに、作品を鑑賞することが多く、ましてや、混雑するなか、いろんな角度を変えてみるというわけにもいかず・・・

 ところが、カ・リ・リ・ロの行ったことのあるヨーロッパの美術館には、自然光を取り入れた部屋も多くあります。また、フラッシュをたくのでなければ、写真もOKなところがほとんどです。しかも、概ね、混雑していない。・・・・・というわけで、上のような写真も真正面で、落ち着いて撮れたりするのです。(続く)

☆写真は、ロンドン ナショナルギャラリー スルバラン「A Cup of Water and a Rose on a Silver Plate」(かつてこの絵について、書いたのは➡➡➡

PageTop