みんなみすべくきたすべく

北斎展

   北斎1j
(承前)
 とはいえ、やっぱり大阪あべのハルカス美術館の北斎は行っておかなくちゃ・・・
 そうなのです。実は、会期前半に一度行ってみたのです。がしかし、チケットの列、入場の列にひるみ、北斎は今までたくさん見てきたし…娘の応為も何枚か見てるし・・・まだ見ぬ「濤図」はいつか小布施で、見たらいいし・・・と、あきらめたものの、やっぱり、やっぱり、「広重展」⇒⇒に行ったのに、「北斎ー富士を越えて」展(~2017年11月19日)に行かないのは、片手落ちのような気がして、チケットはコンビニで先に入手して、並びました。

 およそ1時間、やっと入れても、当然、凄い人並み。行くと決めたときから、見たいものは決めていましたから、並んだ時間に比べ、館内に居たのは、ほんの少し。
 北斎の富士と大波のコーナーは、有名どころの浮世絵中心なので、見るのも列をなしていました。
 北斎60歳から90歳までの作品に焦点をあてたこの「北斎ー富士を越えて」展は 浮世絵だけでなく肉筆画も多く、大阪とロンドン大英博物館だけで開催するには、もったいない充実感。
 
 娘、応為の「吉原格子先之図」⇒⇒は 後期のみ展示で、小さな作品には、より多くの人だかり。
 隣にあった「関羽割臂図」は、クリーブランド美術館蔵だったので、この際、見ておかなくちゃと行ったのです。応為の絵は、北斎に比べ、極端に少ないのです。が、この絵の前では、わりと空いていて、しっかり見ることができました。
 当時の女性の絵とは思えないような、力強いタッチで、恐ろしい光景を描いているのですが、背景の食卓を見ると、細やかな食材が。一枚の絵の中に生き生きとした物語が描かれるのは、父親の北斎を受け継いでいるのでしょうね。

 また、小布施の「濤図」は、思い通り、生き生きとした波がしらが元気をくれました。これは、やっぱりいつか、小布施に行ってみなくちゃね。
 で、一番最後にあった「雪中虎図」は、北斎90歳の作品。これ上記写真左に写るものですが、これこそ、実物見てよかった・・・とげとげしさのまったくない自由で喜びに満ちた虎が愛おしい。(続く)
 

PageTop

広重展

広重j
 北斎関連の絵画展が大阪でも、東京でも開催されていますが、とりあえず、混雑する北斎ではなく、近所の芦屋市立美術博物館で開催されている「生誕220年 広重展ー雨、雪、夜、風景版画の魅力をひもとくー」(~2017年11月26日)に行きました。

 近年、美術にも関心が出てきた夫が、急に見に行くと言い出したのは、単に家から近いからだけではなさそうでした。
 カ・リ・リ・ロが、まだ行った事がない東京のすみだ北斎美術館に、彼はすでに足を運び楽しんだようでしたから、もう一人の浮世絵師の広重を見たいと思ったのでしょう。

 保永堂版東海道五十三次之内(全揃)のほか、江戸名所絵など、広重のいろんな版元の浮世絵が並んでいました。サブタイトルにあるように、雨や雪や夜の美しい風景が、あるいは、当時、流行っていたちょっとした旅の観光地案内のような風景画、どちらも、丁寧な作りではありますが、最後の方は、目も疲れ(すいているので、まじかで丁寧に鑑賞)、眠たくなってくる始末。ふー・・・・

 白雨(にわか雨)の絵など、動きがあるものは好きですが、観光案内みたいな版画は、たくさん見ると、真面目な作風に退屈してくるのかも???
 広重が仕事のできる人であるのは分かるものの、個人的には、やっぱり、北斎の人を喰ったような可笑しさが好みです。北斎は、どの人ひとりとっても、生きていると感じることができるのです。で、そこにストーリーを読みの取ることができます。

 北斎と広重を並べて展示していた2006年の京都文化博物館他の「北斎と広重展」は、そういう意味で、勉強になった展覧会でした。が、しかし、かの夫にしても、「北斎の方がいいなぁ」とつぶやいておりました。(続く)

☆写真は、2006年「北斎と広重展」(京都文化博物館)の図録の広重「東海道五十三次之内 蒲原 夜之雪」のページを広げ、上のポストカードは日本橋雪中、下のポストカードは「庄野 白雨」、左は今回の「広重展」案内紙。

PageTop

ミュシャ展

ミュシャj
 京都えき美術館に「ミュシャ ~運命の女たち~」展(~2017年11月26日)を見に行きました。
 東京 新国立美術館で展示されていた、アルフォンス・ミュッシャ晩年の「スラヴ叙事詩」(およそ縦6メートル、横8メートル 20点の油彩画)は、えき美術館では  展示されていないので、少々物足りませんが、ま、仕方ありません。
 申し訳程度に1928年にその大作が発表されたときのポスターは展示されていました。
 テーマは、運命の女たちですから、ファッショナブルで美しい女性たちが並んでいました。

 アール・ヌーボー期のミュシャの作品には、花や植物の装飾が、くどいほど描かれています。よく見ると、アール・ヌーボーよりずっと古いケルトの装飾、アイルランドのケルズの書を思い起こす装飾もたくさんあって、興味深い。

 また、美しい女性の画ではありませんが、クサヴィェ・マルミエ著「おばあさんの話」の数枚の挿絵原画は、その元のお話を知りたいと思わせせる丁寧な挿絵で、楽しいものです。

 

PageTop

誰の作品なんだろう。

ヴェヴェイ3j
(承前)
 今夏のイエニッシュ美術館➡➡の特別展は、版画でした。
 ロートレックと並んで日本の浮世絵によく似た作品がありました。この画の落款印にびっくり。画風はもちろん、印までも日本風。面白いですねぇ。
ヴェヴェイ2j
 スイスの美術館で、ゆっくりたくさんの作品に触れられるのはいいのですが、カ・リ・リ・ロ程度の者には、最後、いい加減な見方になってしまい、誰の画でタイトルや製作年は、その場その場での記憶となり、今となっては、えっと、えっーと…誰のだった?ということに。いつも、タイトルや名前のタグも写して記録しておけばよかった。
ヴェヴェイ6j

 それからヴァロットンの絵も、この美術館は所蔵しているようですが、このときは、この1枚。
ヴェヴェイ4j

PageTop

晩年の作品

ココシュカ2j
(承前)
 バーゼル美術館のたくさんの絵について、書いていくと、さらにだらだら書きそうなので、ココシュカつながりで、イエニッシュ美術館に飛びます。
 イエニシュ美術館➡➡は南スイス、レマン湖沿いのヴヴェイにあります。昨年は、ココシュカコレクション➡➡と、16世紀~18世紀イタリアのもの➡➡を主に見ました。
ココシュカコレクションは、昨年と違う作品も並んでいました。
ココシュカ3j
ココシュカ4j
 写真下の作品と、バーゼル美術館の「風の花嫁」➡➡。同じ画家でも、こんなにも違うのですね。穏やかさと熱情と。
       ココシュカ5j

PageTop

ここに ココシュカ

  ココシュカ1j
(承前)
 バーゼル美術館の その部屋の入ると、「あ!ココシュカ!」。青い絵が目に飛び込んできます。
 この絵がココシュカの中でも、重要な意味を持ち、有名な絵の一枚だということの認識を持っていませんでしたが、磁石のような強い「力」で惹きつけられました。

 かつて行った、ウィーン ベルベデーレ宮殿では、クリムトもココシュカもありましたが、特にエゴン・シーレに強く惹かれました。
 今度は、バーゼルで、ココシュカ「風の花嫁」の絵の前に立っていました。
 そして、そのエゴン・シーレは、今度は、静かに、ココシュカの絵の傍にありました。(続く)
          エゴン1j

PageTop

バーゼル美術館は楽しい。

バーゼル美術館5j
(承前)
 スイスのデザインは、すっきりお洒落なものが多いと思うのですが、この美術館もすっきり。
 今まで行った美術館の中でも、ここは、作品数が膨大なパリ・ルーブルやロンドン・ナショナルギャラリーほどではなく、といっても、邸宅美術館ほどこじんまりもせず、豊富な作品が、次々、我々を楽しませてくれます。
 本館上階には、我々素人にもなじみ深い画家たちのオンパレード。しかも複数ずつ。印象派の画家たちはもちろん、ブリューゲル、ピカソやゴッホ、マネにモネにセザンヌ、モジリアニ、ムンク、ジャコメッティ、エゴン・シーレ、ココシュカ、クレーにカンディンスキー、ミロにブラックにモンドリアン・・・・おまけにブラマンクは特集までしてました。
バーゼル美術館7j

バーゼル美術館10j
 もちろん、これ、誰の?という作品もありますが、なじみ深い有名画家は、一目で、その人の作品だとわかります。それは、展示順や展示方法にも、工夫があるのかも と思います。市民の美術館なので、市民、素人にもわかりやすい、楽しんでもらいやすいことを旨としているのではないかと思うのです。
 
バーゼルj2

バーゼルj3

バーゼルj1

バーゼル4j
 一つ一つの作品を鑑賞し、思いを巡らせるのも美術館鑑賞の一つの道ならば、画家の名前あてで、美術を楽しみ、芸術に近寄るのも、「芸術は、人を根本のところで励ますもの」という言葉に合致しています。
 ・・・ということで、バーゼル美術館は楽しい。(続く)
     バーゼル美術館6j
☆写真は、上からジャコメッティの部屋。二番目はその部屋の右に少し写るジャコメッティの絵画。三番目は、廊下の突き当りに遠く写るモンドリアンのコンポジション。クレー、ピカソ、モジリアニ、ルソー。一番下はジャコメッティの女性像。 

PageTop

バーゼル美術館

バーゼル美術館1j
(承前)
 バーゼル美術館にも行ってみました。
 すっきりした外観と内部は、改装後それほど日が経っていないのでしょう。(後で調べたら、2016年春リニューアルオープン)地下でつながる特別展の会場も、どこもずいぶん近代的でした。

 新館での特別展は二つ開催されていました。
 一つは、「プラド美術館展(ホルバインとゴヤを中心に)」で、一つは、「知られざるセザンヌ展(素描を中心に)」。
     バーゼル美術館3j
 常設展に比べ、入場者は多いものの、やっぱり混雑はしていませんでした。
 プラド展は、誰でも知ってる絵画を期待しましたが、全体に小品が多かったような気がします。
       ホルバイン5j
バーゼル美術館8j
          バーゼル美術館4j
 また、セザンヌ展にしては、単調な展示だったような気がするし、セザンヌなら、なんでもいいでしょう、という感じもして、セザンヌ個人の背景をもっと知っておれば(せめて、ドイツ語が読めていれば)、もっと、違った鑑賞ができたかもしれません。
あるいは、もっと丁寧に鑑賞する時間を取れば、それらの特別展も違ったのかもしれません。なにしろ、常設展も広くて、見るものが多い。しかも、常設展の質の高さにはびっくり。なにしろ、ここは市立美術館。市民の美術館。(続く)

セザンヌ3j

PageTop

龍谷ミュージアム

龍谷j
 京都 西本願寺前にある、龍谷ミュージアムの「地獄絵ワンダーランド」展(~2017年11月12日)に行きました。夏の間、東京、三井記念美術館でも開催されていたようです。
 タイトルから、おどろおどろしいものを想像しますが、館内で見られる12分の映画「ようこそ、地獄ツアー」(Welcome to the Hell)も、判りやすく、展示内容も見やすいものです。そして、水木しげるの「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」という作品群も見ることができ、すべてが古いもので、時代考証せねばならないということでないところが、「地獄絵ワンダーランド」展の面白いところかと思います。

 もちろん、仏画も奥深いものですが、地獄絵だって、負けていません。平安時代の僧・恵心僧都源信が『往生要集』を著したことから、中世から近世にかけて、盛んに地獄絵や六道絵が描かれたらしく、その図絵などが並んでいます。
 また、絵巻を見ていると、絵本や、アニメーションの原点を見る気がしますが、今回の地獄絵の数々からはユーモラスな顔つきの閻魔大王や鬼たち、他の地獄の人々は、いわゆる劇画の登場人物にも見えてきます。
 また、一群の十王座像・葬塔河婆座像・白鬼立像(木造)の、憎めない顔つきを拝んでいると、多くの人は、極楽浄土に行けないと悟っているからこそ、ちょっと緩めの地獄を設定するのかもと考えたりするのです。
 それが、証拠に、「ああ、楽しかった」と会場を退出したからです。

PageTop

ホドラーと山

ホドラー3j
(承前)
 昨年、スイス ヴェヴェイのイエニッシュ美術館ホドラーのアルプスなどの絵を、ここにも掲載しました。➡➡
 風景の抽象化という言葉通り、風景が細かく写実的に描かれているわけではありません。
 が、しかし、知っている風景なら、ああここね。とわかるような描き方です。
 写真は、スイス シーニッゲプラッテ⇒⇒に行く途中、ホドラーポイントとされる場所。下は、そこから見て描いたと思われる絵。
ホドラーj

 次は、ニーセン山です。山の姿もさることながら、変幻する雲!!!
ホドラー2j
ニーセン15j

次は、世界文化遺産となったシャブレー葡萄畑から見たレマン湖。
シャブレーj
シャブレーjj

 ・・・と、変幻する自然を抽象画で表現したホドラーです。
 確かに、こんな素人をも、毎年スイスに誘うのは、日々違う姿を見せるスイスの自然です。変幻するのは、一日単位ではなく、ほんの数分ということもあって、より、今このときの風景に魅せられ、また、次も、という気持ちが湧いてくるのです。(続く)

☆写真のホドラーの絵は、すべてバ―ゼルのバ―ゼル美術館。風景は上から、2017年、2016年、2015年。

PageTop