FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

クィーンの天文学者

天文学者
 映画「ボヘミアン・ラプソディ」➡➡のエンディングロールでは、かつての写真や、映像が写り、実際の人々の雰囲気もわかるようになっていました。それで映画では、それらの人に扮する人たちも、よく似た人たちを起用していたのが、よくわかりました。

 中でも、ギタリストのブライアン・メイは、やんちゃなフレディと向き合う冷静な人であり、今もこの映画に関係し、かつて、2012年のロンドンオリンピック➡➡の閉会式には、クィーンのメンバーとして出演演奏していた現役の人なので、役者も大変だったかもしれません。(このオリンピックの映像を見てみると、彼が動物愛護活動に力を入れている人だとわかります。ミニタリー衣装の右袖には、キツネ、左袖にはアナグマのワッペンが・・・)
 それから、ブライアン・メイ本人が、天文学の研究者として論文を書いたというのは、興味深いことです。というのも、イギリスやアメリカの俳優歌手には、結構、インテリも多く、学問だけでなく、幅広く自由に人生を広げている人がいるからです。彼は、博士。Dr.メイなのです。
 
 で、思い出したのが、フェルメールの「天文学者」という絵。若い頃のブライアン・メイにちょっと似てませんか?(写真は、2012年ルーブルで撮りました。同じ頃、2012ロンドンオリンピックのブライアン・メイでは、思いもよらなかったけれど・・・・。)

PageTop

至近距離で

金地院jj
(承前)
 金地院の方丈とお茶室、その待合には、密かなお楽しみがあります。特別拝観料は必要ですが、説明付きで、一般には入れない方丈の奥にも入ることができます。(大きな案内がないので、申し込みを忘れがちですが、門のところで、時間の予約をぜひ。こんなハイシーズンでも、その場でOKでした)

 ただし、方丈の金箔の襖絵は、狩野探幽、狩野尚信の筆ですが、これは、暗い中、遠くから見るだけです。また、地蔵菩薩は快慶作であるものの、遠くて暗すぎ、そのお姿は写真で見るだけです。
 が、特別拝観できる方丈の奥の小さな部屋(菊の間)の「柴垣に菊」の襖絵は、狩野探幽とされ、下絵の線までも見ることができるくらい近くに寄ることができます。また、その前には、海北友松➡➡のカラスとフクロウの屏風「群鴉屏風」もあって、生き生きと楽しい。小方丈には、長谷川等伯の「猿猴捉月図」「老松」の襖絵。これまた、どちらも、至近距離で、まじまじと筆使いを鑑賞できるのですよ!!!
 輪郭を取らないその筆遣いは、近くで見ると、お猿さんの毛のふわふわ感がわかり、また、届きそうで届かない池の月、折れそうな木の枝で手を伸ばす、危なっかしい猿…単純な絵から、伝わるものが大きいのがわかります。このお猿さんの絵と右の松の絵は、一見、同じ作品のようですが、実は、違う作品で、たまたま隣り合わせにあるというのも、興味深い。

 また、八窓席という茶室やその周りの部屋は、小堀遠州の作で、いたるところ、創意工夫がみられ、これも、楽しい。

 ということで、予定していなかった金地院拝観でしたが、多くの楽しみをいただきました。ま、とにかく、ふらふらと歩くだけで、京都には面白いことがあるものです。
 ☆写真上は、特別拝観のチケットに桜の葉と、桂の葉を並べました。下は、金地院方丈。
金地院5

PageTop

仁和寺の孔雀明王

仁和寺
(承前)
 仁和寺霊峰館 秋期名宝展にも行きました。「仁和寺の密教美術ーーーさまざまな仏の姿」(~2018年11月25日)

 いくつか法具も展示されていましたが、中でも江戸時代の空飛ぶ三鈷杵(さんこしょ)の図は、ちょっと可笑しく、鎌倉時代の金銅三鈷杵が実際に展示されているのを見ると、煩悩や苦悩を破壊する役目の硬い法具の意味が理解できます。

 また、金堂で公開されている不動明王➡➡ にちなんでか、いくつかの不動明王の図も展示されていました。中でも、唯一憤怒のお顔じゃない明王、孔雀明王の、優美な姿もありました。
 現代の孔雀のイメージとは違うのは、孔雀が害虫や毒蛇を食べることから「人々の災厄や苦痛を取り除く功徳」があるとされていたことでした。そうだっだのか・・・いつのまに、孔雀のそのイメージが薄れてしまったんだろうと思います。孔雀を見て、今、そんな秘めたるものを持つ鳥だと思う日本人が多いとは思えません。カボチャで騒ぐ、否、仮装で騒ぐハローウィンは、多くの人が知り始めているのに・・・・

仁和寺3

PageTop

五躰の明王

仁和寺1
 372年の間公開されていなかった 五躰の明王の壁画が特別拝観されているというので、京都 仁和寺に行きました。(~2018年12月16日)新しい門跡就任記念の初公開です。

 公開されていなかっただけあって、保存状態のよい五大明王たちを見ることができました。なにより、金堂内の阿弥陀三尊像の裏手の壁画ですから、ろうそくやお線香の煤もなく、描かれた当時のままと思われる状態でした。当然のことながら、ほの暗い中で、説明を聞くわけですが、どの明王も今描かれたように、生き生きとしています。
 有難いというべきところかもしれませんが、ともかく、絵が上手い。達者なのです。もちろん、一体一体の持つ役割を知ると、ますます、この五体に、魅力を感じます。

 また、五体の足もとのもの、手に持つもの、柱にも不動明王の下にも描かれる波(波切不動)、火焔光(背後の炎)・・・・。まだまだ知らないことがあって、仏像もやっぱり、奥深く、今からでも勉強しなければと思いました。

 ここは、1646年の伽藍再建の時以来の公開でしたが、仁和年間の、宇多天皇、仁和寺開創時以降の密教美術の展示も同時に仁和寺霊宝館で開催されていました。(~2018年11月25日)(続く)

仁和寺2

PageTop

老後の仙厓

せんがいj
 東京 出光美術館の「仙厓礼讃」展にも行きました。(~2018年10月28日)
 弾丸東京美術館巡りの一つ目が、ここでした。開場と同時に入館したので、すいていて、本当によく見ることができました。
 
 住持職を引退した後の仙厓の悠々自適な第二の人生に描かれたもの中心の展示でした。88歳になるまでの隠居生活は、25年。
 そして、展示のテーマは「老後」。解説には、"老後の達人" 仙厓さんのバイタリティー溢れる隠居生活から学んでみませんか?と書かれています。
 圧巻だったのは、旅好きの仙厓が、旅に携えた「書画巻」。いわば、スケッチブックなのですが、かなりの巻物。そして、そのあと、スケッチしたものを一つの独立した作品に仕上げたものも展示されています。このスケッチ帖(?)を携えての、老後の旅。気持ちが若い!好奇心旺盛で、前向きの姿勢。明るいお年寄なのです。
 
 2016年の大仙厓展➡➡のときに見た作品も多々ありましたが、くすくすと笑える美術鑑賞も、他に、そうないので、やっぱり、仙厓展は楽しみなのです。画賛を見て、日本語の洒落た可笑しさを楽しみ、絵を見て、その自由なのびのびとした線の動きを楽しみ、心も軽くなって退出できるのですから。

 それにしても、出光美術館は、仙厓をたくさん持っているなぁ・・・

☆写真は2016年「大仙厓展」の図録の、今回も展示されていた「龍虎画賛 双幅」。画賛は漢文で、インテリ層を対象に描かれたものらしい。龍には見えない龍を見て、皆で大笑い、描いた仙厓自身も苦笑いという龍図の画賛。

PageTop

カール・ラーション展

 カールラーション2
弾丸東京美術館巡りは、新宿損保ジャパン美術館の「カール・ラーション展」にも行きました。(~2018年12月24日)
 実は、この展覧会に一番行きたかったのです。他でやらないので、東京行くか!・・・・で、行ったというわけです。
      カールラーション1
 スウェーデンのこの画家の作品は、翻訳されている絵本の挿絵になっているわけではありません。かつて、カ・リ・リ・ロがスイスの国民的画家ホドラー➡➡  ⇒⇒  ➡➡  ⇒⇒を知らなかったように、スウェーデンの国民的画家のカール・ラーションを知る人は、少ないかもしれません。
 が、繊細で、優しいその画風は、一度見ると忘れられないものに。
 家族を大切にした彼は、子どもの仕草をよく見、生き生きと描きました。そして、花も木も、美しい。
 今回、カール・ラーション展ということだったので、もっとカール・ラーションの作品があると思きや、そのテーマの一つである家庭ということに焦点が当たっているものですから、妻のカーリンの作品ーー主に手工芸品も多く展示されていました。

☆写真は、上から、 カーリンの刺繍を使った椅子の写真(カレンダー)中は、カール・ラーションの描いたタイトル「祖父」(カレンダー)下は、展覧会会場に設えられたカール・ラーションの家の実物に近い模型(絵に描かれた実際の家の方が、もっと、魅力的ですが、ここでのみ写真撮影可能でした。)
  ラーション2

PageTop

フェルメール展

フェルメールj
 (承前)
 予約鑑賞で、ゆっくり見られたはずが、混んでいたのは、残念でしたが、かの「牛乳を注ぐ女」を、また見ることができて良かった。あのとめどない牛乳も、あの女の人の服の縫い目も、あの硬そうなパンも。

 フェルメールの作品では、「真珠の首飾りの少女」(マウリッツハイス美術館)と 「レースを編む女」(ルーヴル美術館)、そして、この「牛乳を注ぐ女」)(アムステルダム国立美術館)は、何度見ても、いい。召使などと複数描かれているものより、一人を描いている作品が好きです。フェルメールは一瞬の表情を捉え、光を捉えるのが上手いなと思います。その一瞬を捉えた表情に出会いに、会場に向かいます。ととめどなく流れる牛乳のように、一瞬が永遠につながるように見えます。
 そして、まだ見ぬ「デルフトの眺め」(マウリッツハイス美術館)は、いつか、オランダ本国で見たいものだと、密かに念じています。

  フェルメール全作品は、35点とも37点とも言われています(うち一点は行方不明。本人の作品か、疑われているものあり)。他の画家の作品の数からしたら、もしかしたら、幸運な人はフェルメールの全作品を見ることが可能かもしれません。手が届きそうというのが、魔力なのでしょう。フェルメール展公式ガイドブックという雑誌に、格安旅で全部見る!などという記事もありました。
 カ・リ・リ・ロですら、およそ3分の2の作品を見ています。オランダにもドイツにも行ったこともなく、アメリカにも40年前に行ったきり、行ったこともないのですが・・・(オランダに7点、ドイツに6点、アメリカには、なんと!12点) 

 さて、大阪展(2019年2月16日~5月12日:大阪市立美術館)では、大阪展のみ展示という「恋文」(アムステルダム国立美術館)という作品も来るようですよ。

PageTop

予約鑑賞

 東京1
弾丸東京美術館巡りに行きました。
予約鑑賞する 上野の美術館の「フェルメール展」です。(~2019年2月3日 大阪は、作品が減るものの、大阪のみ展示のものあり。2019年2月16日~5月12日:大阪市立美術館)
 
 かつて、ロンドン ナショナルギャラリーの2001年「フェルメールとデルフト派展」2003年「フェルメールと音楽展 Vermeer and Music: The Art of Love and Leisure」➡➡に行ったときも、予約制(特別展示は、予約制のことが多い)でしたから、ゆっくり見ることができました。
特に、今回も来ている「牛乳を注ぐ女」の牛乳が、とめどなく出てくるのを、時を忘れ、見ていたのを思い出します。!(本当に、ずっと出てくるよ!)

 それで、また、あの牛乳を見られるということで、日本では珍しい予約鑑賞に大いに期待していきました。弾丸日帰りなので、長蛇の列は、ありえない。
 ところが、どうでしょう。確かに入り口では並びません。が、中に入ったら、狭いスペースの上野の森美術館の中に、わんさか人が!予約入場数が多すぎる!
 時間内に入場すれば、あとの滞在の時間制限はなく、予約時間の早目より、遅い目に入場する方が、混雑していないとの情報をもとに、遅い目に入場したにも関わらず、多い!!
会場の広さに比べ、予約人数が多すぎる。(続く)

PageTop

東山魁夷展

 東山1j
スイス2018報告は、まだ続くのですが、久しぶりに京都のお稽古に行く前に出かけたのは、京都国立近代美術館でやっていた「生誕110年 東山魁夷展」(~2018年10月8日)。

 「本当の『あお』にであう」と添えられているように、綺麗な青を中心に、色で目を楽しませてくれました。ヨーロッパの古都を描いたものもありましたが、この画家は具体的なものより、色彩のイメージを深めていく風景画が得意なのだと思います。
 「白夜光」という北欧の旅のあと、描かれたものが、今回の絵画のなかでは、一番印象に残りました。光の取り入れ方が一段と美しいものになっていたと思うのです。

 そして、唐招提寺御影堂修理のために、御堂内部にあった東山魁夷の描いた襖絵が再現展示されています。修理のため、ここ数年は見られないという襖絵ーー唐招提寺御影堂障壁画を間近に見るのは、なかなかないチャンスでした。これは、圧巻でした。
 襖絵ですから、大きく、表裏に描かれています。その労力たるや・・・と思っていたら構想から10年。しかも67歳のときに第一期完成、72歳のとき第二期完成と解説されていますから、うーん、凄い。

 芸術の鑑賞というのは、実物を目の前にした臨場感?空気?が大事な要素だと考えている者にとって、襖絵などは、図録でみても仕方ありません。

それから、どんな鑑賞も、「よかった」「面白かった」「力をもらえた」「楽しかった」等など、様々な感想がありますが、この東山魁夷展は、「綺麗だった」。
 

PageTop

江戸名所図屏風

 江戸j
 もう一つ美術館に行きました。出光美術館「『江戸名所図屏風』と都市の華やぎ」展(~2018年9月4日)です。
 今まで京都で見たいくつかの「洛中洛外図屏風」の影響を受けた「江戸もの」だろうと考えていました。
確かに、街を俯瞰し、一種の観光案内となっている点は、同じでした。
 が、江戸の方は、観光案内というより、そこに描かれた人物を眺めるものでした。
 京都の「洛中洛外」のほうは、雲の上から、都を眺めていますから、おのずと、人物も小さく少ない。が、江戸名所図屏風の方は、名所案内を兼ねつつも、あまりにたくさんの人物の動きや遊びを伝え、当時の活気までも伝わってきます。絵の中の一人ひとりを検証していったら、面白そうだけど、膨大な人たちです。
 それに、お上りさんでもあるカ・リ・リ・ロには、洛中洛外の名所案内のほうが、イメージしやすいものですから、どうしても、江戸の名所図というより、人物を楽しんでしまいます。今も昔も、江戸には、人がたくさんいるんですね。

 展示には、洛中洛外図もあり、中でも「祇園祭礼図屏風」は、鉾の先の絵までしっかり描かれていますので、巡行の順番もわかり、楽しいものでした。やっぱり、京都シンパなのです。 

PageTop