FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

手蔓のようなもの

長い道
(承前)
 偶然とはいえ、堀口大學が手に取った「スバル」巻末にあった新詩社の案内には、与謝野鉄幹と晶子が短歌の添削とあり・・・・・・そこには、またもや偶然が・・・というのか、導かれるようにして、つながった赤い糸。入門した大學の父、堀口堀口九萬一と鉄幹は旧知の間柄だったこと。

 堀口大學の父親は日本で初めての外交官試験に合格し、外交官としての職務に就いていたので、日本の息子、大學やその妹のそばには居ず、外国での暮らしが多い人でした。また、大學の母の没後、再婚したのはベルギー女性でした。(それが、大學ののちの翻訳の道ともつながっていくのですが・・・、これも、またいつか)
 そんな父、堀口九萬一と鉄幹はどこで、出会っていたか・・・
 鉄幹が京城の日本人学校で教えていたとき、堀口九萬一は、領事官補として京城で任務。その時に起こった事件の関係で、鉄幹は官舎で暫く起臥し、また、堀口九萬一が漢詩人でもあったことから、詩文を通じての盟友でもありました。

 それで、17歳の大學が 与謝野鉄幹・晶子のところに初見参。緊張している少年に、鉄幹は訊ねます。
ー故郷はどこです?」
ー新潟県長岡でございます。」
―あッ、そうか!長岡には堀口姓が多いんだな?」
ーいいえ、家中で堀口は私どもだけですし、町家にもあまりききません」
ーそうですかね。では、君は同じ長岡の旧藩士で堀口九萬一という人を知っていませんか?」
ーはい、知っております。私の父でございます。」
・・・・・・・
その時、大學は「あの日、あの時は、奇縁とも宿命とも解される私の一生の大きな曲がり角でした。」とのちに回想します。

また、当時、「明星」の黄金期を過ぎ、森鴎外を主軸とした「スバル」の片隅で、鬱々としていた鉄幹にしても、旧知で盟友の子息が目の前にいるのは感動的な出来事だったと想像できます。

当時、田舎の文学少年は、与謝野鉄幹・晶子の名前も知らず、「かつて吉井勇という人も、この両先生のもとで添削を受け、指導されて、こんなに僕の心を打ち、魂をゆさぶる歌が作れるようになられたのだという、手蔓のようなものを」「汲み取ることができた」とあります。

・・・と、長谷川郁夫の「堀口大學 詩は一生の長い道」に、書かれています。どのエピソードも深いし、重い。そして、日本の近現代文学の側面を見ることができます。なので、この大著を、こんな拙欄に一度に紹介するなどという考えは捨てます。

 そして、「五足の靴」➡➡という薄っぺらい岩波文庫が、今ここで、600ページ余、しかも、二段組の「堀口大學 詩は一生の長い道」(河出書房新社)につながったのも、ちょっとした手蔓のようなもの。(続く)

*参考「堀口大學 詩は一生の長い道」(長谷川郁夫 河出書房新社)
☆写真は、岩波文庫「五足の靴」と「堀口大學 詩は一生の長い道」。カバーを取ったカバー背が写っています。絵はジャン・コクトー。【Nicoへ ・・・Jean 1936と読めます。Nicoというのは、フランス時代などの堀口大學の呼び名。Jeanは、もちろん、ジャン・コクトー。この絵は、「エッフェル塔の花嫁花婿」(ジャン・コクトー 堀口大學訳 求龍堂)に収録されています。】下に敷いてあるカバー右は1936年来日中のコクトーと堀口大學。カバー左は、ブラジル時代の堀口大學。

PageTop

執念の始り

ベリンツォーナj
➡➡ 承前)
 与謝野寛の「明星」を連袂脱退した一人、吉井勇について書こうと思ったら、まずは、堀口大學から書いていかないといけないような気がしましたが、ともかく11月8日が吉井勇の「かにかくに祭り」➡➡だったので、あとさきになったものの今日は堀口大學。

 この年齢になっても、文学好きなだけであって、文学についても、ほとんど何も知らず、この欄でも、浅学を露呈しているものの、吉井勇についても、かの大著「堀口大學 詩は一生の長い道」(河出書房新社)➡➡で知るまで、よく知りませんでした。
 しかも、まだこの大著についての本筋については、感想が書けていない。嗚呼! あれから、まだずーっと枕元に置いたまま。もはや、ただの放置?言い訳するなら、2年半も置いているのは、この本だけです・・・。深すぎて、この本単一で書けるとは思えなくなってきました。今日のような関連づいた形で紹介していくことになろうかと思っています。

 さて、新潟長岡出身の当時17歳の堀口大學は上京していましたが、祖母の仏事で、長岡に行く際、たまたま列車までの待ち時間に駅前の書店で見かけたのが文芸雑誌「スバル」(42年第8号)。巻頭の短歌、吉井勇「夏のおもひで」百首を何気なく、拾い読み・・・これが、堀口大學と吉井勇の出会いであり、巻末にあった「添削には與謝野 鐵幹 ・晶子があたる」という案内、これが、堀口大學の「詩は一生の長い道」の始まりとなったのでした。

 のちに、堀口大學は回想します。
≪一読僕はたちまち魅了されてしまった。こんな美しい、こんな感動的なこんなに自分の夢にぴったりする歌があるのかと思った。知らなかったと思った。知ってよかったと思った。急に自分の前に新しい詩歌の新天地が開けたような気がした。早速その雑誌を買い求めて、駅の待合室へ戻ったが、その夜僕は車中一睡もせずに『夏の思ひ出』をくりかえし読みつづけた。熱っぽい気持で。そして思った、こんな短歌が、ただの一首でも作れたら、自分はそれきり死んでも惜しくはないと。≫(「青春の詩情」)

そして、のちに、「勇短歌との出会い」という詩も書いています。
≪『スバル』というその誌名が
星座の名だとさえ知らない少年でした
瀟洒な表紙に誘われて取り上げた
その巻頭が 
あろうことか!
天か 魔か
「夏のおもひで」吉井勇の短歌でした
・・・・(中略)・・・・
僕の詩歌の一生を決定した
これがその瞬間でした
永久に変わることのない
執念の始りでした

あの時から六十余年
今日までに宿酔は続いています

楽しい僕の詩歌の宿酔!≫
(続く)
☆写真は、スイス ベリンツォーナ駅前

PageTop

花見

さくらUPj
 近場に、桜を楽しめるところがたくさんあります。今年は、その一つに観光バスを横付け、観光客が写真を撮ったり、そぞろ歩いたりしているのを見かけました。普段は、観光地でも何でなく、市民の散歩道の川沿いなのですが・・・

 桜などは、ほかでも咲くだろうし、美しい花の花見は、ほかの国でもできるはずなんだけど、と思っていたら、外国暮らしが長く、義母がベルギー人である堀口大學(1892~1981)のエッセイ集「季節と詩心」のなか、「花のことなど」という文にこんなことが書いてありました。

≪僕等日本人の年中行事の、重要な一部分を占めてゐるお花見や、梅見に、比較さるべき行樂が、西欧人の生活のうちにあるかと、よく人に訊ねられる。ないやうです。と僕はいつも答へてゐる。・・・・(中略)・・・・櫻花や、梅花はよしやなくとも、林檎や杏の花は美しく咲く土地がらだ。木に咲く花を樂しまうとする意欲さへあったら、機會や口實はいくらでもあるはずなのに、それをしないのは、一體どうしたわけか知ら。・・・・(中略)・・・・花を中心の、欧州人の行樂の最なるものは、ニイスをはじめ、諸方で行はれる、花合戦であろうか。然し、これは、日本のお花見や梅見とは、全く別箇なカテゴリイに入るべき行事なのだ。カルナヴァルその他、いづれも歓喜を表情とするデモンストレイションとして、機會ある度に行はれるのだが、僕等東洋人の感情から云ふと、花に對して可哀さうな行事であり、暴行であり、虐殺である。・・・・(中略)・・・・實に贅澤な華麗なものであるが、少なくとも花を愛し、花を樂しむ、僕等の精神からは甚だ遠いものである。・・・・(後略)≫

☆写真下は、満開のソメイヨシノの横に、青紅葉、しかも赤い種がたくさんついていたので、撮りましたが、今年の満開の時期、すっきりと晴れ渡る青空が少なく、写真写りも悪いなぁ・・・
桜と青紅葉j
 

PageTop

文壇風俗とははなはだしく対立してゐた。

      mari3j.jpg
(承前)
 「日本の鶯 堀口大學聞書き」 (関 容子 岩波現代文庫)の、興味深い15章について紹介するのは、なかなかなので、ここでは、岩波現代文庫版の「解説」、丸谷才一の文について。

  というか、この「日本の鶯」のタイトルを名付けたのは丸谷才一で、関容子の文章修行の恩人だとあります。(岩波現代文庫版あとがき*この「あとがき」も洒落てて面白い) それにまた、講談社文庫版の解説は河盛好蔵で、都合、二人の大物の解説者がつくということになった「日本の鶯」は、堀口大學という魅力あふれる人に近づきたいと思う読者には、満足度の高いものとなっています。

 岩波現代文庫版の丸谷才一の解説の前半は、関容子の仕事への賛辞なのですが、後半は、堀口大學の長い詩人生活での大きな影について触れています。
≪彼の詩がエロスを歌ふとなるといささかの遠慮もなく、奔放を極めるのに(しかし小説の翻訳はともかく詩作は官憲に咎められたことはなかったやうな気がする)、実生活における彼が礼儀のかたまりのやうな生き方をしてゐるのは、文壇風俗とははなはだしく対立してゐた。     わが文壇は、世間凡俗の道徳に逆らふことを信条としたり、罵詈雑言の応酬である論争をもって批評の最も花々しい部分としたりゐながら、一方では儒教的な戒律にきびしく従ってエロチックな表現を嫌ひ、排撃した。・・・・・(中略)・・・・堀口大學が日夏耿之介と衝突した事件の底を流れるものは、この儒教的=文壇的戒律と、それから無内容な罵りあひを率直な文学的意見の表明と取り違へてきた文学風土である。・・・・(後略)…≫
 
 と、丸谷才一は、そのあと、日本の平安以来の文学史を語り、さらに日夏耿之介の儒教的体質に触れ、長谷川郁夫「堀口大學ーー詩は一生の長い道」(河出書房新社)に至ります。そこで、この大著に感銘を受けたものの、日夏耿之介と堀口大學との確執について長谷川郁夫と見解の相違があることについて述べるのです。

 そうなのです。このブログで「日本の鶯」(関容子)「堀口大學ーー詩は一生の長い道」(長谷川郁夫 河出書房新社)を書き滞っているのは、特に、後者が、あまりにも深く、カ・リ・リ・ロ自身の力量では、ここで紹介しきれないからなのです。
 が、こうやって、細々と、「堀口大學ーー詩は一生の長い道」(長谷川郁夫 河出書房新社)に近づいていくのも、一つの方法かな。(いつか、後日、続くはず)
☆写真は、スイスレマン湖畔 モルジュ

PageTop

桃色と白とのお前

まりー1j
(承前) 
 第一次世界時期に、スペインで出会った日本の青年とフランスのミューズの関係やいかに?と下世話な思いは、知る人はみな心に引っかかっていたようなのですが、聞き取り上手、関口容子は「日本の鶯」(岩波現代文庫)の中で、示唆します。

 堀口大學から、詩集「月光とピエロ」を借りた関口容子は、その中の詩「遠き恋人」から、自ずと、日本の鶯とフランスのミューズの真実を見出したのです。

≪・・・お前はまた思ひ出さぬか?
その頃私たち二人の云った事を?
「神さまは二人の愛のために
戦争をお望みになったのだ」と。
こんな風にすべてのものが
ーーカイゼルの始めた戦争までがーー
二人の愛の為めに都合がよかったのだ。
お前は思ひ出さぬか?
・・・・・≫

 蛇足ながら、「月光とピエロ」の中で「遠き恋人」の前に掲載されている「朝のスペクトル」という詩で、カ・リ・リ・ロなりに、ん?と思ったので、書き添えます。
 その詩の始まりは、こうです。
≪これもその頃のことなんです。
(私は今さびしくそれを思ひだす。)・・・・
・・・・(中略)・・・・・
・・・・私の片頬にからみついた
絹糸の様にやはらかなお前の髪の毛を
そっと払ひのける、
・・・・・・・(中略)・・・・・
”BON JOUR ; AMOURE!"
・・・・・(後略)・・・・・≫
(続く)
☆写真は、堀口大學「月光とピエロ(装丁:長谷川潔)絵葉書は、マリー・ローランサン「読書する女」

PageTop

忘れられた女

     まりー2j
(承前)
 「マリー・ローランサン展」の 「フォン・ヴェッチェン男爵との結婚 1910後半-1920年」のコーナーには、カーテン越しに憂いに満ちた表情の女性がたたずむ、小さな絵「囚われの女Ⅱ La prisonnière」とマリー・ローランサンの詩「鎮静剤」が展示されていました。

「鎮静剤」(堀口大學訳)
退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。
悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。
不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。
病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。
捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。
よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。
追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。
死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

 この詩を訳し、「訳詩集 月下の一群」(岩波文庫)に掲載したのは、堀口大學です。

 その堀口大學は、駐スペイン公使でマドリッドに居た父親の堀口九萬一とともに異母弟の肖像画を依頼に行った画家の紹介でマリー・ローランサンと出会います。そのマリー・ローランサンはフランスの詩人アポリネールと別れ、ドイツ人画家のオットー・フォン・ヴェッチェン男爵と結婚。第一次世界大戦の亡命先のマドリッドで堀口大學と出会います。堀口大學は23歳の青年、マリー・ローランサンは7歳上。大學は、マリー・ローランサンから絵を習い、マリー・ローランサンはかつてアポリネールと恋人関係にあったことから、大學にフランス詩の話も伝え、その後、大學は、アポリネールなどの詩を訳すことになるのです。(続く)
☆写真は、上から「家具付の貸家」右「シャルリー・デルマス夫人」左「子供のシェヘラザード」の絵葉書

PageTop

日本の鶯

 でんきj
およそ1年前の「バッカスにミューズが刺激される」から続き
(承前)
 重大な過誤ほどのスキャンダルな匂いはないものの、堀口大學が家庭人となるまでには、さぞや、色々、ときめく時間があったのだろうと予想されます。実際、堀口大學には、かなり大胆な表現の詩もあって、若き日の詩人を感じることができます。下品な感じはしないのですが、あーあ、そうかぁ・・・という感じのものがある、とだけ、ここでは書いておこう。
 
 で、 「日本の鶯 堀口大學聞書き」(関容子 岩波現代文庫)です。
 「日本の鶯」という題名、どこか落ち着きがないと思いませんか。鳥類図鑑でもあるまいし、どこそこの鶯?例えば、梅に鶯なら違和感がないのに、日本の鶯というと、なんだか日本代表の鶯みたい・・・
 そうなのです。ここには、日本代表、いえ、「貴方が、日本人なら一番の鶯よ」の思いが入っているのです。
 
 堀口大學が、スペインに居た頃に知り合った、大學より、少々お姉さんのマリー・ローランサンが、堀口大學に手渡した詩の題名が「日本の鶯」
≪彼は御飯を食べる 彼は歌を歌ふ 彼は鳥です 彼は勝手な気まぐれから わざとさびしい歌を歌ふ≫
で、この昔の訳を、関容子 聞書きの途中で 堀口大學自身が改訳します。
≪この鶯 餌はお米です 歌好きは生まれつきです でもやはり小鳥です わがままな気紛れから わざとさびしく歌います≫

 実は、この「日本の鶯」のブログは、一年前に書いておりましたが、マリー・ローランサンの絵を見てから、続けて書きたいという気持ちが強く、ずっと下書き保存してきました。
 それで、やっと、マリー・ローランサン展を見る機会があったので、UPしました。(続く)
☆写真は、スイス ホテルの電灯

PageTop

機知は理智の遊戯だから

世紀末美術館jj
(承前)
  三好達治「詩を読む人のために」(岩波文庫)の最後の章「数人の詩人について」には、萩原朔太郎他9人の詩人が取り上げられています。その最後は、堀口大學です。

 ここで、取り上げられたのは「朝のスペクトル」「その目」「砂の枕」の3篇です。
≪エロチズムとウィチスムは、堀口さんの詩において、この仕立屋が巧みに操る切れ味のいい鋏の二つの刃であろう。この人のすべての詩には、そのいずれかが、あるいはそのいずれもが、代る代る、蔭と日向になって置きかえられ、絡みあい、支えあい、仲のいい二人の姉妹のようにかばいあう。・・・・≫

 かつて「月夜とピエロ」(日本図書センター)で「朝のスペクトル」を読んだとき、次の箇所が印象深かったのですが、
≪そして私の身体中の
一番心臓に遠いあたりで
私の足にさはるお前の足!≫

三好達治は、この箇所を取り上げ、こう解説してくれました。
≪・・・ここらあたりがこの詩人のウィチシスムの本領でまたその隠れ家というものだ。機知は理智の遊戯だから、一番心臓に遠いあたりの出来事は、そのまま頭脳にも結びつく、それが瞬時で同時的だから、それをまあ文学とでもいうのでしょう。即ち文学的作品は要するに頭脳の幻影だ。頭脳にまったくかかわりのない近頃はやりの肉体文学など、だから決して文学の名に当らない。という結論にもなるだろう。≫
☆写真は、ウィーン 美術史美術館

PageTop

夕ぐれの時はよい時

モントルー夕陽j
 久しぶりに、三好達治 「詩を読む人のために」 (岩波文庫)を読み返しました。
読み返すといつでも、それまで いい加減に読んでいるんだと認識できるのですが、今回も然り。

  中でも、堀口大學に、二章分の紙面を割いていることに、ちょっとびっくり。
 しかも、カ・リ・リ・ロのすきな「夕ぐれの時はよい時」に一章。(→→

 詩を好きになるのは、分析結果ではなく、感性の問題だと思いますが、三好達治の的を射た解釈によって、やっぱり、この詩、この詩人の贔屓でよかったと思いました。

≪・・・まず用語の平易にしてこだわりのない、まったく口語調にちかい暢達な使いぶりが眼につきます。私たちの日用語を自由にとりいれ駆使していて、かえってそのためにさっぱりとした瀟洒な気品を見せています。俗ではありません。俗に入って俗を出る、そこの呼吸がこの詩人の得意の擅場(せんじょう)で、一種危きに遊ぶという意識も、勿論詩人の意識の一部分に働いていることが察せられます。・・・・≫
と、以下、まだまだ納得の解釈が続きます。

 そして、最後、
≪・・・読後の印象は・・・極めて鮮明で、瀟洒としていて、軽々として、どこにも晦渋(かいじゅう)陳腐のあとがありません。そうして品がよくて、どこかハイカラで、そのハイカラがしんからのもので卑しくありません。新らしがったものが、えてして陥る軽佻や浮薄の欠点を、この詩は微塵も感ぜしめないで、それらの危険をのりこえたことによって自ら身元証明が明らかにされたような感じを与えます。安心して読めます。これがこの詩の本物である証拠であって、ここらの消息もちょっと説明には困難なので、読者で自得して納得されるより外はありますまい。≫(続く)
☆写真は、スイス  レマン湖畔 モントルーの夕ぐれの時はいい時

PageTop

柚子の話

      橙j
(承前)
 時間に余裕の無い春から、ぼちぼち読み進んだ「日本近代随筆選1~3」三冊でしたが、編者3人は、それぞれが一巻ずつ担当していました。最後の巻の担当は、長谷川郁夫でした。
 彼は。まだ、ここに書けていない「堀口大學 詩は一生の長い道」(河出書房新社)という大著の著者であることから、第三巻には、きっと、堀口大學も選ばれているだろうと予測しておりました。
 
 「柚子の話」がそれでした。
≪花壇のまんなかに柚子の木を植えてから五年になる。≫と、始まるこの一文は、詩人の文章というより、淡泊であっさりとしています。もしかしたら、ありがちな随筆のように見えるかもしれないものの、実は、深い。
 
 家族やベテランの植木屋の反対を押し切ってまで、何故、庭の真ん中に「柚子」を植えたのか。
 柚子が、堀口大學にとって、どんな意味を持つかが、淡々と描かれていきます。

 そして、読後。
 堀口大學の随筆の中で、何故、長谷川郁夫が、これを選んだのか・・・その背景が見えたような気がして、うるっと来てしまいました。
 
 そして、巻末。
 長谷川郁夫は、淡々と解説します。
 堀口大學のシンパの一人としては、それもまた、深い想いを感じます。

≪「柚子の木」の作者は詩人。十七歳で上京するまで、越後・長岡で祖母に育てられ、やがて外交官だった父の任地に赴き、メキシコ、スペイン、ブラジルとラテン語圏で青春の十数年を過ごした。戦後は神奈川県葉山町に住み、そこを終(つい)の梄(すみか)とした。それだけに、この一篇には懐郷の情が溢れている。柚子の香りに、祖母への追慕が抱まれて(つつまれて)いるようで、老境の詩人の温容が偲ばれる。≫(続く)

 「日本近代随筆選 1出会いの時」(千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重編 岩波文庫)
 「日本近代随筆選 2大地の歌」(千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重編 岩波文庫)
 「日本近代随筆選 3 思い出の扉」(千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重編 岩波文庫)
☆写真は、京都 北野天満宮の柚子ではなく橙。左の枝は梅のつぼみ。

PageTop