みんなみすべくきたすべく

ブレーメンのおんがくたい

       ブレーメンj
 ハンス・フィッシャーの「こねこのぴっち」(岩波)については、以前にぬけぬけと、書きましたが、フィッシャーは、とても好きな絵本画家の一人です。
 
  写真右、フィッシャーの「ブレーメンのおんがくたい」は、話のスピーディな展開と合って楽しさが倍増します。それは、フィッシャーの描く軽やかでリズミカルな線から生まれてくるものだと思います。糸が(線が)紡ぎ出されてくるという感じがします。
 
 松居直は、「ハンス・フィッシャーの絵本覚書」という文の中で、この絵本のことを、こう言いました。**
≪さし絵をとおして聞こえてくる動物たちの声や音楽、泥棒と音楽隊のおおさわぎ、その間にある真夜中の静けさ。最後の上下に並んだベッドに眠る動物たちの画面は、なんと、みごとに物語の完結を語り、めでたしめでたしを絵で描いています。『さし絵は言葉の最も深い意味において、一種の視覚的なストーリーテリングです。』という、アメリカの絵本作家、マーシャ・ブラウンの言葉が納得できるではありませんか。≫**

 さて、グリム童話の中でも、「ブレーメンのおんがくたい」は、展開のわかりやすい話の一つで、たくさんの画家が、絵本にしていています。中には、ぬいぐるみのような動物たちが行進したり、泥棒たちがいい人そうだったり、シュールな画風とお話が合っていなかったり・・・と、色々、見受けられます。
 とはいえ、写真左下は、グリムの昔話1に入っている「ブレーメンの音楽隊」フェリクス・ホフマンの挿絵で、写真左上のゲルダ・ミューラー「ブレーメンのおんがくたい」は、昨秋翻訳されました。

*「こねこのぴっち」 (おはなしとえ:ハンス・フィッシャー やく:石井桃子 岩波)
*「ブレーメンのおんがくたい」 (グリム童話 ハンス・フィッシャー絵 せたていじ訳 福音館)
**「ハンス・フィッシャーの世界」(小さな絵本美術館)
**「翻訳絵本と海外児童文学との出会い」(松居直著 シリーズ松居直の世界3 ミネルヴァ書房)
*「ブレーメンのおんがくたい」(ゲルダ・ミュラー作 ふしおみさを訳 BL出版)
*「グリムの昔話」(フェリクス・ホフマン編・画 大塚勇三訳 福音館)

PageTop

こねこのぴっち(その2)

ぴっちとマックスj
(承前)
  「こねこのぴっちの」の中で特に好きな絵は、ぴっちがおんどりに負けないくらい大きな声で「こけこっこう!」とやってみるシーンです。(写真下部)

 それで今、小型本と大型本を、比べてみると、余白の分量こそ違いますが、ぴっちとおんどりの大きさは、ほとんど変わりません(ほんの少し小型本が小さい)。
 そして、小型本のページを開くと、ぴっちとおんどりが、右方向を向き、縦伸びしている絵で、左には縦書き日本文字があります。一枚の絵として、バランスがとてもいいのです。
 一方、大型本では、左のページでぴっちがおんどりのマネをしながら歩いてきて、右ページで「こけこっこう!」となるので、物語の流れがスムーズにわかります。
 つまり、一つのシーンとしてみたら、小型本もなかなかよいものの、それまでのページは、進行方向を右から左にしているので、元のままの右向きの「こけこっこう!」の絵は、流れと反対なのです。
 この点からも、物語の流れを文と絵で表現する絵本としては、やはり大型本の方が無理がないと言えます。
 
 フィッシャーは、「画家の絵について」という講演でいいます。
≪芸術が本物で、生きたものであるためには、技術だけではとうてい足りません。それがほんとうの体験から出たものであり、同時に感動から生み出されたものでなくてはなりません。・・・≫
また、こうも言います。
≪・・・ニワトリやフクロウ、ネコ、ロバなどにわたしが愛着をもち、親しさを感じるのはなぜなのか、わたしにはわかりません。おそらく彼らとのあいだに、心の動きか、心の近しさが作用しているのでしょう。・・・≫
(「ハンス・フィッシャー 世界でもっとも美しい教科書」収録ハンス・フィッシャー講演録1957年より 真壁伍郎訳)
 「こねこのぴっち」他、フィッシャーの絵本に溢れている動物たちへの近しい思いが、本当の体験・感動から生まれたものだったのがよくわかります。

 大型本ののびやかな本の造りは、小型本と並べると際立つのですが、表紙のぴっちの可愛く いたいけな表情は、小型本に軍配があがります。同じぴっちの絵を使っているのに、背景の優しい色のせいでしょうか。まわりが、すっきりしているせいでしょうか。はたまた、個人的な思い出のせいでしょうか。???

 そして、この可愛いぴっちは、作者自身も魅了し、フィッシャー自身が、小型の「岩波の子どもの本」を手に入れていた話(沼辺信一氏ブログ「わたしたちは二十世紀に生まれた」)には、なんだか、ほっとします。

☆写真:数ある絵本のシーンで好きなのはどこかと問われたら、この2シーンを、外せません。このぴっちとマックスの表情。口も手も指も足までも!
 意外と、こんなに発散し切っている子ども(子猫)の絵というのは少ないものです。が、あります。明日に。
上: 「かいじゅうたちのいるところ」 (センダック作 神宮輝夫訳 冨山房)
下: 「こねこのぴっち」 (フィッシャー作 石井桃子訳 岩波)

PageTop

こねこのぴっち(その1)

755ぴっちj
 我が家には2冊の「こねこのぴっち」 (おはなしとえ:ハンス・フィッシャー  やく:石井桃子 岩波)があります。
 大判の「こねこのぴっち」は、1987年第1刷です。
 小さい方の「こねこのぴっち」は昭和51年第22刷の「岩波の子どもの本」です。
 今日は、この小さい方の「こねこのぴっち」と、学生だった私の出会いの話です。

 当時の彼氏は、今の夫でもありますが、デートコースには、書店がよく入っていました。
 幼児教育を勉強していた私は、よく書店の絵本コーナーで立ち読みしていたものです。その間、彼氏は、到底、私が読まないようなコーナーに居たと思います。

 で、その日、「こねこのぴっち」が、背表紙で本棚に並んでいるのではなく、その書店では、表紙を上にして平置きされていました。絵本のフェアでもしていたのでしょう。つまり、ぴっちが、こっちを向いています。

 わ!ぴっちの可愛いこと!「連れて帰って・・・」と、私に微笑むではありませんか。
 うーん、可愛い!こっちを見てるぅ!

・・・とその時、彼氏が約束の時間通りに、やってきました。
「これ、可愛いでしょ?」
「買うのん?」
「うん」
「クリスマスプレゼントにしようかっ?」
やったー!というわけで320円のクリスマスプレゼントをいただいたというわけです。

 とまあ、こんなくだらない話より、ぜひ、沼辺信一さんの「私たちは20世紀に生まれた」の「ぴっち」の奥の深いお話をお読みくださいませ。「岩波の子どもの本」の「こねこのぴっち」を小さくしたプロセスだけでなく、作者のフィッシャー自身が、日本の縦文字の並ぶ小型本を深く愛していたことがわかる興味深い文です。
(つづく)

☆写真は、中央上、ずいぶん傷んだ岩波の子どもの本の「こねこのぴっち」。その下に敷いているのが大型「こねこのぴっち」。その下「たんじょうび」「長ぐつをはいたねこ」「ブレーメンのおんがくたい」「いたずらもの」「るん ぷん ぷん」の見返しをそれぞれ、開いたところ。

「こねこのぴっち」 (おはなしとえ:ハンス・フィッシャー やく:石井桃子 岩波)
「たんじょうび」 (ハンス・フィッシャー 文・絵 おおつかゆうぞう訳 岩波)
「長ぐつをはいたねこ」 (ハンス・フィッシャー 文・絵 やがわすみこ訳 福音館)
「ブレーメンのおんがくたい」 (グリム童話 ハンス・フィッシャー絵 せたていじ訳 福音館)
「いたずらもの」 (グリム童話より ハンス・フィッシャー絵 さとうわきこ訳 小さな絵本美術館)
「るん ぷん ぷん」 (ハンス・フィッシャー作 さとうわきこ 言葉 小さな絵本美術館)

PageTop

学校の壁画

           カリジェ壁画j
 「ハンス・フィッシャー―世界でもっとも美しい教科書」(真壁伍郎著 編集工房くま)には、フィッシャー自身の文も収録されています。
「学校の壁画について」という短い文です。
≪・・・絵を目にする若い人たちは、こうしたまがい物には敏感で、すぐにノーをいうか、拒絶反応を示します。画家が自分で体験しているものだけを、彼らも体験します。絵は巨大な姿を描いた、自信たっぷりな、複雑な構図のものなどではなく、慎ましやかな、それもはっきりした線で描かれたもので十分なことが多いのです。子どもたちにとっては、単純で、抽象的な絵が、より身近に感じられます。わたしたちおとなが先入観で思っている以上に、そうした絵の方が子どもたちの想像力をかき立てるのです。・・・≫(真壁伍郎訳)

確かに、フィッシャーの描く世界は、単純な線が自由自在に動き回り、どんどんつながって行くような楽しさがあります。色で誤魔化していない、フィッシャーの力量を感じます。

また、文末で、フィッシャーは言います。
≪校舎に絵を描く画家にとって、より素敵なことは、絵を描いているときに、子どもたちが感動しながら一緒に参加してくれることです。≫

 美しい教科書といい、学校の壁画といい、大人だから、画家だからという上からの目線のないスイスの教育の姿勢を見るような気がします。
(つづく)

☆残念ながら、フィッシャーの壁画を目にしたことはありませんが、スイス Trunの小学校で、カリジェの壁画を見ました。(写真の上下とも)
 この村はカリジェの村なので、他にも彼の壁画がたくさんあります。その写真は、古本海ねこさんにも掲載してもらいました。

                   小学校プレートj

PageTop

世界でもっとも美しい教科書

           赤いバラj
 「ハンス・フィッシャー―世界でもっとも美しい教科書」(真壁伍郎著 編集工房くま)は、銀座教文館で、「フィッシャー展」が開催された際に出版された冊子です。

 中には、いかにして、美しいスイスの教科書が誕生したか、いかにして、フィッシャーが、教科書の挿絵に参画したについて書かれています。そして、そこには、一人の優れた教育者(チューリッヒ州の小学校の先生)アリス・フーゲルスホーファが存在したこと・・

 また、巻末には、フィッシャーの講演録と、フィッシャー自身の「学校の壁画について」という翻訳文も掲載されています。カラーの参考図版もついています。

 昨日、紹介した二年生用3冊と三年生用の教科書のほかに、フィッシャーは、カード式の教科書を一年生用に作っています。その題名が「にわのあかいばら」。これはスイスの人ならだれでも知っている民謡らしく、フィッシャー以前は、小学校三年生用教科書のタイトルが、「庭の赤いバラ」で挿絵がクライドルフ!(初版1923年)らしい。うーん。クライドルフにフィッシャーに、カリジェ!凄い、ラインナップ。
 日本の国語の教科書のように、このお話は赤羽末吉、このお話は山脇百合子・・・というのじゃなくて、一冊丸ごと、その画家ですからねぇ。

 そして、フィッシャー最後の教科書(三年生用)「水は流れる ここから あそこへ」の完成本は、フィッシャーの亡くなる二日前に、フーゲルスホーファから、彼に届きます。折り返し書かれたフーゲルスホーファへのお礼の手紙には、こう書いてありました。

「わたしたちの愛するもの、この教科書に、ゲーテのことばを添えましょう。
いまはもう、どんな苦労も必要もない! バラがあるのだから、ただ、咲くだけだ。」
(つづく)

*****この小さくとも宝の詰まった冊子を教文館のお土産に下さり、「にわのあかいばら」全文を手書きで書き写してくださった友人に感謝します。

PageTop

スイスの教科書

755教科書j
(承前)
 昨日の石井桃子「お子さまむけ」の文末は、こうです。
≪(スイス図書展を見て)・・・小さい時から、こういう色や形を見せられている子と、いない子と、ちがってくるのは当然だな、と思うと同時に、日本じゅうのお母さんにこういう展覧会を見るチャンスがあったらなぁ、しみじみ考えないわけにはいかなかった。≫

 50年前のスイス図書展がどんなものだったのわかりませんが、スイスの子どもたちが使っていた教科書は手元にあります。「こねこのぴっち」の画家、ハンス・フィッシャーが挿絵を描いたものを4冊です。

 優しい色調で描かれています。なかには、詩や、お話などが入っているようです。お話には、「赤ずきん」や「ヘンデルとグレーテル」、「ブレーメンのおんがくたい」など、日本人にもなじみ深いものもたくさん入っていて、ドイツ語を読めずとも、眺めていると優しい気もちになれます。多分、詩だと思われる作品にも、鳥や花のカットがついていて、こちらは、読めないのが残念。
 また、教科書なので、後ろに、使った子のサインを書きいれる紙が張り付けているのもあります。綺麗な状態なので次の年度の子どもに渡していくのでしょう。大切に使わないと次に回せないから、子どもたちは丁寧に扱い、それで、いい状態で、日本の私の手元にきているのだと思われます。
 
教科書には、素敵な名前(題名)がついています。
(二年生用三冊)
「こけこっこー 三時だよ」(写真中央下赤い表紙)
「かっこう かっこうと 森でよぶ」(写真左上)
「風だよ 風だよ 天からの子どもさ」(写真右上)
(三年生用4冊中1冊:まだ見たことがありませんが、他三冊はアイロス・カリジェ!の挿絵らしい。)
「水は流れる ここから あそこへ」(写真左下)

これらの題名訳は「ハンス・フィッシャー―世界でもっとも美しい教科書」(真壁伍郎著 編集工房くま)に寄りました。(写真右下:青い表紙)
(続く)

PageTop

メルヘンビルダー

      メルヘンビルダーj
 孟母三遷の教えのよろしく、初めの子どもが生まれてから3番目の子どもが社会人になるまで、3度引っ越しました。今は、4件目。
 その2番目の家は、線路沿いの家で二階建ての小さな古い借家でした。そこは、いわゆるドアではなく、襖で部屋が仕切ってありました。家が古いのと、子どもが小さいのとで、襖の紙は、どこも、ビリビリに破れていました。そんなとき、破れたところの上に貼ったのが、当時「子どもの館」(福音館)についていた(と思う)いろんな画家の一枚絵でした。パッチワークさながら、楽しい雰囲気だけは出ていたと思われます。

 時を経て・・・・書店で手に取ったのが、ハンス・フィッシャーの「メルヘンビルダー」。
 あるじゃないですか!うちの襖に貼っていた一枚絵。襖に貼られた絵を指差しながら、話をしてやった遠い昔が思いだされます。
 「メルヘンビルダー」には、写真の「しあわせハンス」「赤ずきん」など、グリムのお話が9つ入っています。最後に野村泫氏の一枚絵の解説もついた大型絵本です。

「フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー」 (ハンス・フィッシャー絵 佐々梨代子・野村泫訳 こぐま社)

PageTop