FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ザンクトモリッツの建物

サンモリッツ湖
エンガディン地方でもあるので、家々は、かのグアルダ村でみたような建物➡➡も多いのです。坂は多いのですが、小さなサンモリッツ湖を見下ろす高台が、その街の中心です。洒落たブティックの建物は、エンガディン風であったり、木を多用したりするのが面白い。以下3枚の写真は、最新ファッションの高級ブティックの入る建物、あるいは、有名菓子店。 
サンモリッツ2
サンモリッツ4
サンモリッツ7
新築のおうちもエンガディン風。
サンモリッツ5

窓枠はもちろん、ガレージや倉庫のシャッターも木製。
サンモリッツ6

サンモリッツ35

サンモリッツ35

サンモリッツ16

 環境のことを考えたらしい来夏の東京オリンピック会場の木を使った造りは、ここでは当たり前のことでした。雨戸もシャッターも木でできているのを見ると、乾燥した土地だからできることとはいえ、アルミサッシ慣れしている者には、新鮮でした。

PageTop

ザンクトモリッツ

ザンクト1
冬季オリンピックも二度開催されている土地柄、冬のホテル代の方が、夏場より高いというスイス東部のサンモリッツに行きました。
 日本の案内の多くでは、サンモリッツとされていますが、地元などでは、ザンクトモリッツと言われていました。そりゃ、そうです。
サンモリッツ3

サンモリッツエレベーター

 なぜなら、ここの公用語は、ドイツ語とロマンシュ語ですから。サンモリッツという響きから、ちょっとフランス風かなと勝手に解釈していたなと、思うものの、高台の小さな街を歩くと、お洒落なパリのブティックなどが勢ぞろい。どこの国で作られたか不明のチープな観光土産店を、ほとんど見かけません。外れたところに、やっと、登山やスキーグッズ屋さん。テラスでカフェ、湖を見ながらティー・・・明らかに、リゾート感覚。近くのピッツネイル登山や4000メートル以上のベルニナ山に登ろうかという重装備の人をあまり見かけません。多分、そんな真面目な登山家たちは、リゾートホテルじゃなく、山荘に泊っているんだろうけど…(続く)
サンモリッツ1

☆写真一番上、一番下は、どちらも、ザンクトモリッツ駅前。 二番目と三番目の写真は、駅から高台の街までのショートカット。凄ーく深いエスカレーターでした。すぐ横には斜向エレベーターもありました。四番目の写真は、サンモリッツ湖から見たサンモリッツの街。
サンモリッツ駅前

PageTop

ティラーノ駅

ティラーノ駅
 昨年も、乗り換えで、イタリアの北西の隅っこのドモドッソラ駅で、少々嘆いたのですが➡➡、今度は、ベルニナ特急終点の駅、ティラーノ駅で、よーくわかりました。
  昨年の草の生えたままのドモドッソラ駅は、イタリアの駅であって、そばにスイスの駅がなかった。今度のティラーノ駅は、フェンス越しに、スイス鉄道とイタリア鉄道が並んでいます。つまり、ここで、乗り換えれば、スイスからイタリアに行くことができるのです。(この土地自体は、すでにイタリア)
ティラーノ2
 うーん、こんなにちがうんだ。雑草が生え放題のイタリア鉄道と隣り合わせのスイス鉄道は、種も飛んでこなかった(まさか!)のか、すっきり。つい、トイレもスイス側に行ってしまいました。
ティラーノ5

ティラーノ駅j
       
       ティラーノ駅jjj
 
    ティラーノj

PageTop

分水嶺

べるにな3
(承前)
Ospizio Bernina駅 標高、2256m
モルテラッチ氷河
べるにな6

べるにな2黒

べるにな2白
上の写真二枚は、上が、水が少し黒ずんで見えるレイ・ネイルLej Nair(黒い湖)、下が白い湖Lago Bianco(ラゴ・ビアンコ)です。二つはすぐ近くにあります。
べるにな11
 先日のヒンターライン➡➡のときも、ラインは北海、イン川(ドナウ川)は黒海と思いを馳せながら、水の流れを見ていましたが、ベルニナ特急に乗ると、こっちに流れると黒海、つまりイン川(ドナウ川)、こっちに流れるとコモ湖へ、すなわちポー川からアドリア海の、分水嶺。
べるになラインj

べるになポー
 必死で見ていたのですけれど、いつの間にか、こっちからあっち、あっちからこっちに流れていたというのが、本当のところ。これも、電車を降りて、実際に見てみないと・・・・。

  ま、いいです。ともかく、ヨーロッパの水の流れを楽しめたのは事実でしたから。
 ん?ラインとローヌの分水嶺(フルカ峠)もあるって?ローヌは、レマン湖を抜け、フランスを通り、地中海へ。うーん、課題(?)が増えた・・・・
べるにな4

べるにな5
☆写真下から二番目はラグダパル湖、遠いところに見えているのに、向こうの滝の勢いは凄かった。一番下は、はポスキアヴォ湖。この静かで明るい湖の横を走り抜け、線路のすぐ横に家が並び始めると、イタリア ティラーノです。

PageTop

ベルニナ特急

ベルニナ1

ベルニナ2
   さてさて、昨年の勘違い➡➡のもとにもなった、ベルニナ特急に乗りました。一等車ではだめですよ。窓が開きませんからね。それも、出来るだけ後ろの車両がお薦めです。それに、イタリア方向に行くときは、右側座席、スイス方向に行くときは、左側座席が、概ね良好。

 ここまで、児童文学探訪につき合わせていた夫も、これで納得。サンモリッツから晴れた日に折り返し往復乗ったし、チューリッヒに戻るときに、残っていた路線も乗ったので、さぞや、満足だと思います。
 とはいえ、雑誌やメディアで見る写真のような車両と風景は、電車を降りて撮らないとね・・・

☆写真は、高低差1800メートルを2時間で抜けるベルニナ区間。(サンモリッツ~ティラーノ)アルブラ区間(ツージス~サンモリッツ)の両方が写っています。(最高地点:2253m(オスピツィオ・ベルニナ) 辺りの写真は、明日に続く)

ベルニナ5

ベルニナ9

ベルニナ8

ベルニナ4

ベルニナ6

ベルニナ3

PageTop

グアルダ村

グアルダ1
 さて、小さな村探訪の三つ目は、グアルダ村です。先に書いたイン川沿い➡➡の鉄道で行き、そこからバス。谷あいの村ではなく、山の中腹にある村です。

 ここは、エンガディン地方の独特の建築様式の建物が、今も住居として使われている小さな集落です。
グアルダ2
グアルダ3

 ソノーニョ村の、昔ながらの家は➡➡は、、石を積み上げただけでセメントを使っていなかったのですが、グアルダの家は石を積んでモルタルで固めたものが土台となった,木を組んで作った木造住宅。だからか、グアルダの家々は、ちょっと離れて見ると日本家屋風に見えます。
 石造り風ではありますが、外はモルタルで固めているので、自在に壁に装飾をしているのです。同じモルタルでも、日本は装飾してませんが・・・
グアルダ4
グアルダ5
 が、日本より寒い冬を越す工夫は、厚い壁、すなわち、壁の奥深くに窓、窓の周りの壁は角度がついて光を取り入れる工夫。日本は、軒の深さに工夫がありますね。

グアルダ6
グアルダ7
 また、壁の装飾は、壁の表面をひっかいて作るようです。つまり、最表面の下には、違う色が塗ってある。かつてルネッサンス期のイタリアで流行ったものが、この地方で定着したらしいのですが、この辺りの人の話すロマンシュ語会話は、ちーっとも聞いたことのない言葉ながら、どうも、イタリア語の明るい乗りに近いような気がしたのは、気のせいでしょうか?

 この小さな村で、装飾したおうちを見るのは楽しいものでしたが、一番の目的は違いました。(続く)
グアルダ8

PageTop

天井画

天井画5
      
(承前)
 さて、このツィリス、セントマーティン教会の天井画は、知る人ぞ知る歴史的遺産らしく、世界にこの時代の木製天井画の残っているのは、スウェーデンとここらしい。(教会の案内書より)
 が、しかし、この教会自体の歴史は8世紀にまでさかのぼるようですから、この教会からしたら、新しい12世紀の作。ローマ軍が云々と書いてあったので、この山奥の小さな村にできた教会の歴史も興味深い。
天井画1

天井画2
 で、周りをぐるりと囲む周り絵は、海を表現し、いろんな怪獣魚などがいます。下方一列には、この教会のセントマーティンに捧げられた絵があり、他は、すべてキリストの一生とされています。
天井画3
    天井画4

 また、一枚一枚を支えている木枠や絵の周りの装飾が、それぞれ、違うのも面白い。これらの絵も1938年までは、梁から長い釘で支えられていて、今と少し様子が違ったようですが、この絵が、今も体験できるのが素晴らしい。
ツィリス4
 
 蛇足ながら、個人的には、最後の晩餐の構図として知っていたのは、・レオナルド・ダ・ビンチのもので、居眠りしている使徒なんかいません。ところが、上のツィリスの天井画の晩餐シーンも、下のロカルノ マリア・デル・サッソ教会➡➡にあった晩餐シーンも、どちらもヨハネがはっきり居眠りしています。レオナルド・ダ・ヴィンチのものが1498年完成、それより、ずっと以前の12世紀に描かれたツィリスのセント・マーティン教会の天井画の解釈が、どういうふうに変遷していったのか、興味深いもののの、深入りしません。
天井画プラス25
☆写真上から4番目と5番目は、隣にあり、三賢人とそれを待つ三頭の馬。

PageTop

ツィリス

ツィリスj
 先日のスイスの小さな村➡➡で紹介したシリスマリア以外の4つの村では、日本人だけでなく、東洋人を一人も見かけませんでした。(ソノーニョ村で、現地の人と結婚したらしい日本人女性をお見掛けしましたが・・・)
 ましてや、このグラウビュンデン州ツィリスは、その日だけでなく、長い事、日本人は来てないのではないかと思える、小さな小さな村でした。(調べると、ツアーに含まれているものもあるようです。)

 ところが、ここの小さな小さな教会、聖マルティン教会の天井画は、見るものを圧倒します。12世紀制作の153枚の天井画。12世紀と言えば、平安時代末期。奥まった小さな村だからこそ、残ってきたのか・・・近年、冬場の寒い時期は、火を使うというので、クリスマス以外,開いていないようです。

 ずっと見ていたら、首が痛くなるので、手鏡が用意されていますが、やっぱり、逆になるのは、落ち着かないので、首が痛くなっても見ていました。(続く)
ツィリス2

     ツィリス

ツィリス3

PageTop

ヒンターラインとオーバーエンガディン

バスから1
 さて、ティチーノ州からバスに乗って移動です。くねくねと山道を上っていくかと思いきや、主に高速道路のように完備された道。もちろん、空調付きの綺麗なバス。

 ティチーノ州から、東部スイスに行くには、ぐるっと回って鉄道を使うか、少々時間のかかり過ぎるコモ湖の北を通るか、山の中のいくつかの道を通るかです。今回、選んだのは、ツゥリスというところにも寄る 山の中を行くコースでした。
バスから2

 ここは、ヒンターラインを右に左に見ながら進むと案内されていたので、楽しみでした。
 ヒンターライン・・・すなわち、後方ライン。ライン川の源の一つが近く、いわば、ラインの最上流の一つ。
 先のアイガー・メンヒ・ユングフラウからの水も、ベルンを経由して、ライン川となります。

 2年前に行ったスイスのライン下り➡➡だけでなく、何日もかかって、スイス。ドイツ、オランダ、そして北海まで行くライン川下りには、憧れます。が、そのラインの水の源の一つが、スイスアルプスであること、また、ライン川だけでなく、黒海にそそぐドナウ川、アドリア海にそそぐイタリアのポー川(ソノーニョ村の渓谷➡➡ はマッジョーレ湖に流れ、それがポー川に)、地中海にそそぐフランスのローヌ川など、ヨーロッパ各国を流れる川の源の一つがスイスアルプス辺りであることは、ヨーロッパで一番高いところにあるのがスイスなのですから、当たり前のこととはいえ、ヨーロッパが、およそ、スイスから流れ出る水を飲む集団でもあるのだと改めてわかるのです。

IMG_1889 (3)j

 さて、ヒンターラインの近くには、黒海まで続くドナウ川の源の一つイン川が、スイスのオーバーエンガディン地方を流れています。この川沿いの山の中腹にあるグアルダ村に向かうことは、また後日書きますが、ただの水の流れにしか見えない今日の写真も、その流れの方向を実際に見ていると、この水たちは遠く 北海までいくんだ!黒海まで行くんだ!と、単純に嬉しいものでした。
 IMG_20190807_142008 (2)j
☆写真は、どれも、バスや列車の窓ごしに撮っています。二番目、三番目は、ヒンターライン。四番目は、イン川→ドナウ川。一番下は、サンモリッツ近郊のイン川につながる湿地。

べるにな7

PageTop

風が通る

ベリンツォーナ1
(承前)
「黒い兄弟ージョルジョの長い旅」(リザ・テツナー作 酒寄進一訳 福武書店) 
 ジョルジョとアルフレドが友達になる場面で、ジョルジュはマスを捕まえ、提供。アルフレドはパンを差し出します。
≪「ベリンツォナの町でもらったんだ」
「物乞いをしたんじゃないだろうな?」
「まさか。途中で会ったおばあさんのかごをベリンツォナまではこんであげたんだ。そうしたら、そのおばあさんがくれたのさ。リンゴもあるよ。これもはんぶんこしよう」≫

 ベリンツォーナは、先日来書いてきたロカルノ➡➡やアスコナ➡➡、ルガーノ➡➡を含むティチーノ州の州都です。が、大都市のイメージからほど遠い、かえって他の町より静かな 世界遺産に登録されてる古都です。
 2018年➡➡ ➡➡
ベリンツォーナ2

 さて、昨年、ここの葡萄棚の下のカフェがとても気に入ったものですから、また、行って見たのです。谷あいですから、風が通り抜けます。向こうには、遺跡。

 日本からスイスまで、やっぱり遠く、老体には、少々堪えます。が、しかし、荷物を置いて、夜9時まで明るいスイスで、いの一番に行ったのは、この葡萄棚の下。心地よい風、明るい光。
ベリンツォーナ

PageTop