みんなみすべくきたすべく

遠ざかる冬

   梅jj
 冬季オリンピックをゆっくり観戦している時間もなく、とはいえ、やっぱり、気になって、ニュースや新聞をみます。
 ケガから復帰し、しかも好成績を収めた二人の選手。前回は力を出し切れなかったものの今回は納得のいく結果を出せた選手。
 どの人も、その日まで、真面目に取り組んだ人ばかり。
 
 まだ、後半の競技が残っているものの、どの競技にもドラマがあるし、自分なら、決してできないことを、軽々とやってのける、若い人たちは本当にまぶしい。冬の競技以外でも、あるいは、スポーツ以外の世界でも、若い人たちの頑張りは、見ていて気持ちがいい。
 
 それに、受け答えもきちっとしていて、しっかりしているなぁと、思うことしきり。

 日差しも明るく、春めいて、てんてこまいの冬が遠ざかっていくのを感じます。ただ、まだまだ、てんてこまいまいの日は続きます。
 

PageTop

はなうた

    はなうたj
 例えば、台所仕事をしていても、ゆとりのあるときや、気分のいいときは、なにかしら、鼻歌まじりで作業をしています。その時々で、歌は異なりますが、いろんな曲というよりも、そのときは、同じ歌のリピートだと思います。(・・・というか、厳密に思い起こしたことがない)

 一時期、同じ電車に乗っている時、いつも一緒に並ぶ女性が、♪ふふふん♪と鼻歌で、電車を待っているのに気付きました。ご本人は、周りに聞こえていないつもりのようでしたが・・・

 先日、夜中に、孫の咳が続くので、悪い風邪にならぬよう、早めにお医者さんに連れて行こうとしたときのこと。
 「お医者さんに行こうね。おりこうさん していようね」と、お薬手帳を持たせますと、それをもって、うろうろしながら、「ぴよぴよしてたら 〇×▽□△」と歌いました。まさに、鼻歌まじりという感じです。
 そのときは、ぴよぴよしてたら?なんだろう?と思っていましたが、
 お医者さんから帰ってきて「お利口さんだったね」と褒めると、「ぴよぴよしてたら △〇□◇▽・・・」と、また、鼻歌。

 歌は、母親によく歌ってもらっていたのと、うちにある「わらべうた」等の本などをよく歌ってやるので、本当によく歌う子なのですが、この「ぴよぴよしてたら」の歌は、まったく誰も知りませんでした。
 で、今は便利ですねぇ。「ぴよぴよしてたら 歌」で検索してみたら、手遊び付きの「コロコロたまご」という歌がヒットしたのです。まさに、このメロディ・リズム。そして、◇▽△□〇◎のところは「おりこうさん」だったのです。
 
 彼女は、保育所で、しっかり楽しんでいたのですね。
 

PageTop

余寒も嬉しい

公園梅j
 例年なら、「立春」の後は、日差しも徐々に明るくなってきて、二週間あとの「雨水」➡➡まで、希望的観測の日々を過ごすのが、常でしたが、今年は、例年になく「余寒」という言葉も登場して、立春あとの厳しい寒さを、実感します。

 が、公園の梅も咲き、日差しも、どんどん春めくのは、嬉しい。
 インフルエンザの流行した保育園に通い続ける孫の頑張りも嬉しい。

 期末テストの採点も済み、来年度の授業計画の提出も済んだのも、嬉しい。
 そして、もう一つ。課題ではなかったのに、自発的に、絵本を作ってきた学生が居て、その完成度を見ていると、ちゃんと、授業で話したことが伝わったのが分かって嬉しい。
 無理して、そんな学生を持ち上れる仕事を増やしたのも、悪くなかったかもしれないと思うと嬉しい。

 頑張りすぎる人は「いい加減」と何かに書いてあり、「たしかに、そう」と納得するけれど、この年齢でも前に進んでいる実感は嬉しい。
 春よ来い。早く来い。
☆写真の、公園の梅は、山茶花とともに、かなりの大木になっています。
  

PageTop

もくもくと もぐもぐ

ままと
「ちゃーちゃん(が)いい!」と泣く孫は、叔母に抱かれ指を吸いながら、眠ります。
絵本に、人のお母さんが描かれていたら(似てなくても)、「ちゃーちゃん」と指さします。
日に日に、大泣きの時間が減るものの、会話の途中で、「ちゃーちゃん イタイイタイ」と、左手の甲を指さし、母親の点滴の様子を示します。

平日の昼間は保育所に。夕方、ばあばが迎えに行き、我が家に帰ってきます。
朝は、パパの車で保育所に。週末はパパと一緒に過ごし、ママのお見舞いに。

食べるのが好きで、もくもくと もぐもぐ食べるのをみているとたくましさを感じます。
好きなのは、人参、かぼちゃ、安納芋に、苺。それにバナナにみかん。どちらも、自分でむけますよ。
ことばも日に日に増え、ずいぶんと楽しませてもらっています。
歌も上手なんです。いろんな歌を歌えます。(メロディとリズムは、大体あってます)
ママがいつも歌ってやってましたからね。
ハッピバースデーツユーの歌も歌えます。しかも英語で!!?

しばらく、こんな生活が続くと予想され、とりあえず、土日祝日は、ブログをお休みします。

PageTop

あけましておめでとうございます

カレンダーj
今年もよろしくお願いします。
☆スイス ブリエンツ湖の写真➡➡を貼った2018年のカレンダーを作ってみました。
☆写真下は、2018年芦屋浜の初日の出。いい一年でありますように。

初日の出

PageTop

綺麗な星

ふたご座流星群がピークに見える夜だとニュースで言っていました。

10時も過ぎて、おしめを干していたら、オリオン座がくっきり、はっきり見えました。
並んだ三つの星は、特別 きれい。
近隣住宅の明かりがあるので、流れ星までは見えないだろうと思っていました。
それでも、あんまり、綺麗ので、娘に声を掛けました。
「一緒にオリオン座を見よう」

すると、ものの5分もしないうちに
「あ!」
「ほら!」
「わ!」
・・・・・・それぞれ、二つずつ、流れ星を見ました。

 あんまり早くて、願い事を考える暇もありませんでした。
 孫と、その母親は、ぐっすり寝ていました。
 明日もいい日になりますように。
☆写真は、注文したモミの木が届きました。濃い緑、いい匂い。てっぺんに綺麗な星をつけましょう。
ツリーj

PageTop

使命感

落ち葉15j
(承前)
 ・・・超多忙な秋に、重大な出来事。そんななか、来年の仕事の依頼が・・・
 あと2コマ増やしてほしい。
 うーん、新規に働くには、けっこうなお年ですけど・・・・
 家族は、もういいやん、もうやめとき と、口を揃えました。
 
 3年ほど前に断った話は、常勤の話。もう10歳若かったら受けていたものの、絵本以外のことも担当し、夏休みも少なそうだったから断りました。
 今度の話は、非常勤で、絵本中心の授業。現場で必要な絵本なのに、専門の先生がいない。現場出身の先生は、論文を書いていない。現場をしらない学者先生は、頭で絵本を講義する。

 現実を見ればよくわかります。
 例えば、「ぐりとぐら」(中川李枝子文 大村百合子絵 福音館)すら知らない学生が、保育の教室にいる。つまり、幼い時に、「ぐりとぐら」--誕生して50年以上ーーを、読んでもらう環境になかった。当時の彼らの先生が「ぐりとぐら」を知らなかったのです。
  42年前のカ・リ・リ・ロの卒論は、「ぐりとぐら」を含んでいたし、教育実習でお世話になった幼稚園で、我々、実習生がお礼にしたのが、「ぐりとぐら」の人形劇だったのですが。➡➡
 
 ・・・・こんなことを目の当たりのすると、年甲斐もなく、ついつい、使命感にかられてしまいます。こんなに楽しい絵本たちを、子どもに関わろうとする学生たちに紹介する人が居ないなんて・・・・
 今まで、子育てするお母さんに絵本を紹介してきたのも、今や、赤ちゃんを育てる若いお母さんに絵本を紹介するのも、絵本はこんなに楽しいよと言いたい おせっかい 使命感から。
 
 というわけで、この歳になって、お声をかけてくだるのも有り難いことと、来期、授業コマ数を増やします。
 体力続きますように。

 もしかしたら、42年間お世話になった児童図書専門店の種まきを、もう少し続けるお手伝いができるかも・・・と思うのです。
☆写真は、来年の秋は、コマ数が増えて、こんなに明るい時間に通れなくなる道。

PageTop

小春日和

上の4j
(承前)
 義父の90歳のお祝いに明石に向かう電車から、その日、閉店する児童図書専門店が見えました。
 午前の明るい日射しの中、おばさんが、店の前の花のお世話をしてました。
 
 今度は午後、帰りの電車から、児童図書専門店の外まで並ぶ、お客さんが見えました。
 新聞やネットや口伝てで、知った人たちでしょうか。
 カ・リ・リ・ロに見えた一番後ろには、長男と同じくらいの年齢の男性が並んでいました。
 同乗していた娘に見えたのは、店内に並ぶおばさんたち。
 児童図書専門店との別れを惜しむ人たち。
 
 本当に いいお天気の日でした。
☆写真は、東京 上野
 

PageTop

42年の歳月は・・・

紅葉1
 (承前)
 紅葉より団子➡➡、といいつつも、今年の紅葉・黄葉は、ことさら 綺麗。
 上の写真は、ベランダから見える六甲山系ですが、この季節、神戸生まれでよかったなと思うのは、秋は近くの山が錦に染まるから。春には、近くの海がひねもすのたりのたり・・・・およそ、東西に細長い神戸は(旧市内)、海が近く、山が近い。
 
 カ・リ・リ・ロの生まれは神戸の西の方。特に海が近いところ(須磨)。それで、西の方の高校を卒業し、遠くの大学に通い、東の方、山に近いところ(六甲山系)で、家庭を持ちました。
 
 さて、ここからが本題です。
 その高校の、すぐ近くに公立図書館がありました。
 時々通う、その図書館、明るい部屋は児童図書のコーナー。すました女子高校生は、ときどきその部屋に入るものの、いつも厳しい視線を感じました。司書さんが、目で言っています。ここは、大きい人の部屋じゃないのよ、わかってますね。
 
 そして、大学の頃、たくさん家庭教師のバイトをしていました。神戸の東の方にも行っていました。バイトの行きかえり、ふと見ると、開店早々、ピカピカの児童図書専門店。
 のぞくと、わあ!絵本がいっぱい。
 卒論は絵本。入ってみよう。
 ・・・・・・・およそ、家庭教師の回数だけ、寄り道していました。

 大学を卒業し、小学校の教員になりました。新卒教員は、仕事のこと、生徒の事、色々悩みがありました。
 閉店間際のその店に立ち寄って、店主のおじさんに、よくコーヒーを飲ませてもらい、話を聞いてもらうようになりました。(隣が美味しいコーヒー店) 今は、飲まないコーヒーですが、当時は、まだ飲めていましたしね。
 そんなとき、仕事を終えた店主の奥さんも加わって、3人で、話したこともありました。
 なんと、その奥さんは、高校の横の公立図書館の児童書コーナーの司書だったあの人。

  その後、23歳で結婚し、住んだのは、神戸の東。たまたま、その児童図書専門店まで歩いて5分のところ。
  子どもが出来て、手狭になった家を転居したものの、やっぱり住んだのは、神戸の東、六甲山系が迫っているところ。児童図書専門店から15分のところ。そのあと、20年足らず、六甲山系の東端に転居するものの、児童図書専門店に車で30分。

   いつの頃からか、店主のおじさんより、司書をやめたおばさんが、ほとんどお店に立っておられました。もちろん、お二人でお店にいらっしゃることも。

  ・・・・・・・・・・・・・・・きりなく、その児童図書専門店との関わりがあります。
 おばさんには、うちに来ていただいたこともありました。伺ったことも、一緒に出掛けたこともありました。
 お祝いをいただいたり、お悔やみをいただいたり、お見舞いをしたり。
 店と客の域を超えていたようなときもありました。
 交わした言葉も、指導の言葉も、たくさん覚えています。
 そして、あの阪神淡路の震災。
 ここで出会ったたくさんの人たち、離れていった人たち。
 ここで繋がった、そして、今も繋がっていると思うたくさんの人たち。
 今のカ・リ・リ・ロの血肉となった42年の歳月。

 この度、その児童図書専門店は、閉店に。
 おじさん亡き後、おばさんおひとりで頑張ってこられたものの、今や86歳。
 どうぞ、ゆっくりなさってください。(続く)
       _20171109_113818 (003)
蛇足ながら、ネット情報をラインで共有した、うちの子ども3人(全員、三十代)のコメントです。
 長男:ありゃ。寂しくなるなぁ。お疲れ様やな~
 次女:ここで買ってもらった本で育ったね
 長女:今は うちの子が読んでもらってる    

PageTop

落ち着かなかった秋でした

ロダンj
 たとえ、誰も読んでいないとしても、いくら書くのが好きだと言っても、書きためた文章が底をつき、現在、ブログ更新は綱渡り状態。
  ・・・というのも、娘のつわりが酷く、我が家から出社、孫も、我が家から登園という日が続いて1か月半。
  中でも一番しんどいのは、娘は時短勤務で帰宅が早く夕方5時過ぎには食べる孫のために、さっさと食事の準備をしなければならないこと。しかも、味は濃くなく、柔らかく、小さく刻んだ安全な食べ物。
 
 加えて保育所から持ち帰った布おしめの洗濯。
 娘の容態が特に悪い時には、なんとバアバが孫とお風呂に入る・・・
 1歳半の孫は、どんどん成長し、言葉も一気に増え、「いやだ!」もはっきり言うものの、やっぱり かわいい盛り。
 自分のときは、3人の子育てを どうやってこなしていたかなど思い起こす暇もありません。

 そんな超多忙な日々とはいえ、秋の楽しみがなければ、師走も来ない・・・

 というわけで、東京に行きました。 過日のあべのハルカス美術館での北斎➡➡を見たからには、やっぱりお江戸の北斎展も見ておかなくては・・・
 一泊後の帰りは、夕飯の為に4時に帰宅という早業でした。ふぅ

・・・・とはいえ、その前に、書いておかなければならないことがあります。(続く)

☆写真は、東京国立西洋美術館 ロダン カレーの市民

PageTop