FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

打ち出の小槌

    打出2
(承前)
 阿保親王古墳➡➡から、南に行ったところには金津山古墳があります。ここの解説には、この辺りの村民を愛した阿保親王は、万一の飢饉に備え、この塚に財宝を埋めたという伝説のことが書かれています。今は、写真のように大きな木が中心に生えている後円部のみが円墳状に残っている古墳です。

 また隣接する地名は打出小槌町と、なんともめでたい地名。伝説によると、
≪むかし、打出村にお金持ちの長者が住んでいた。長者は小さな小槌を持っていて、その小槌を打ち振ると何でも願い事がかなえられるという宝物であった。この小槌は元は打出の沖に住んでいた竜神が持っていたもので、どういう経緯で長者の手に渡ったのか不明ながら、一つ困ったことに鐘の音が聞こえてくると、それまで打ち出した宝物のすべてを失ってしまうそうな…≫

 ・・・とまあ、どちらかというと、豊かな象徴のような伝説が多いその辺り、打出という地名は、西国街道が京の都から南西に下って初めて海岸に打ち出る場所だからと言われているようです、
打出1

 さて、古墳のすぐ近く、打出小槌町にあるのが、市の図書館の分室です。それは、国の登録有形文化財に登録されている旧松山家住宅松濤館です。そこは、小川洋子の『ミーナの行進』に登場する図書館です。この本には、この町の山手側のことや今も続くお店のことなんかも出てきます。

 また図書館に隣接する児童公園には、大きな檻があり、かつては、サルなどを飼っていたようです。そして、そこは、村上春樹の長編第1作目の『風の歌を聴け』に登場します。今は、劣化した檻とサルなどのイラストで解説が残っているのですが、そのイラストの猿が読んでいる本のタイトルは「海辺のカフカ」。

 してみると、この打出の地・・・新しい小槌を振りながら、次の伝説を生んでいこうとしているのかな、と思ったりします。そんな目で一番上の写真を見ると、打出の小槌のような形に見えてきませんか。

 梅雨入り前、古墳から現代小説まで、なかなか楽しい一回りでした。
打出3

PageTop

不要不急の外出(梅雨前)

業平1
 梅雨になる前に、真夏になる前に、もう一回り・・・のきっかけになったのは、この町にある業平橋や業平町、果ては伊勢町、公光町のこと。
 業平は在原業平で「伊勢物語」のモデルとなったと言われる人。この町に歌碑があることは、かつてここの欄でも書きましたが、➡➡実際、この人の別荘は、この近辺にあったとされています。また、公光町の公光は、謡曲《雲林院》の芦屋公光のことで、『伊勢物語』のファンだった公光は、夢で在原業平の霊に出会い・・・。史実と伝説が混在する業平と公光ですが、二人の祠が、とてもとても小さいながらもあって、しっかり、「伊勢物語」を読めていない者としては、またまた、広がる読書の連鎖に圧倒されています。(実は、今コロナ禍のせいで、お休みとなっている古筆のお稽古は「伊勢物語」が題材なのですよねぇ・・・この際、自粛生活の間にちゃんと読んでおきゃよかった・・・・)
阿保2j

 ・・・・と思ったら、浅学極まりないカ・リ・リ・ロに、この町の親王塚町というのもつながっていることを教えてくだった方が・・・そうなのです。親王塚という宮内庁が管理している古墳(現状は直径36m、高さ3mの円墳を方形の集合が囲む)があるのは、知っていました。(ただ、そこは、親王塚町に隣接する翠ヶ丘町にあり、翠ヶ丘は、元々は、こんもりした緑が多い場所で、御陵に翠松があるとされるかららしい。)
 さて、そこは、昨日の天神山ほど高い位置にはありませんが、今は、立派な木に囲まれ、周りとはちょっと違う雰囲気の空間です。浜から見ると、なだらかに海抜があっていて、昔なら、そこから浜が見渡せたでしょうし、夜の漁火や大阪湾の岸も見えたと思われます。
 で、業平と どうつながるか?親王塚に祀られているのは、在原業平の父親の阿保親王(といわれるも、実際は違うようです)。薬子の変(810年)に関わり、大宰府に流されたものの、帰京を許され、いわば、このシーサイドに別邸を構えたのではないかと伝説が・・・京都から淀川などを使って尼崎の海まで来られるようになって、そこで風光明媚なこの浜を見わたせる別邸をというのは、考えられます。(今は浜から遠いです)しかも、この辺りには、この阿保親王にまつわる伝説が他にもあって・・・(続く)

☆写真は上から、業平・公光の祠。阿保親王古墳。最後はその阿保親王廟への道標。歩道に突っ立つそれは、少々、通りを邪魔してました。

          阿保j

PageTop

天神山

芦屋神社1
 この町の小高いところに横穴式石室古墳のある天神さんがあります。平安時代の36歌仙の一人猿丸大夫の墓もあります。神社の解説によると、1400年前には、辺りの山々を聖地とあがめる豪族が居たとされていますから、この神社本体は、明治時代からのもののようでも(また、阪神淡路の震災の被害により、復興されたようです)、この地は、古い土地のようです。今は、瀟洒な家々が、面前に立っていますので、海まで見通せませんが、かつては、間違いなく海まで見え、果ては、大阪湾の向こう側、紀伊半島の一部も見渡せたと思います。さらに、この背景の山の上からは、もしかしたら、須磨・明石(海峡)まで見えたかも?源氏物語のロマンまで広がります。
芦屋神社2

 ・・・ということなんかは、あまり考えずに、ただ不要不急の小遠足に、歩ける距離に住む友人と行きました。坂を上るのがきつくなっている年齢の者にとっては、境内のご神木の下で、ゆっくり座って、おしゃべりするのは、生き返るひと時でした。「気持ちいいねぇ」「風が心地いいねぇ」。
 御神木はオガタマノキらしく、招霊(オキタマ)、これが転じてオガタマノキと名付けられた説がありました。
  帰って調べると、この神社はこの町の総鎮守であり、世にいうパワースポットだとか・・・ ふーん。
      芦屋神社3

 そういえば、平日の午前中でしたが、この小さな神社にしては、次々、お参りしてました。
 パワースポットやご利益のことなど、わかりませんが、今この現代でも、清々しい気持ちになれたこの地、昔は、見晴らしもよかったわけですから、風光明媚な立地であるのは、確かです。多分、モミジの時期も、いいでしょうね。
芦屋神社4

PageTop

恐る恐るの日常生活

     バラj
 この暑いのに、道行く人のほとんどがマスクをし、乗り物や建物に入るときは100%に近くマスクをし、店員さんもマスクやシールドマスク、そして、受付やレジにはシールドシート等など。さらに蒸し暑くなる日々の中、辛抱強い国民だと思います。それにしても、かの小さいと評判のマスクは、うちには、まだ届きません。

 経済のことを考えたら、10万人に何人とかいう目で、判断するのでしょうが、家庭の人は、その家族単位で、あるいは、その周りだけで考えるので、やっぱり、気持ちは緩まず、恐る恐るの日常に戻っています。
 
 自粛生活のいいところもありました。薔薇がたくさん咲いたという、個人的な喜びを筆頭に、毎朝、みんなが起きる前のほんのひととき、庭を眺めてぼーっとしていた以前のような時間が持てました。また、毎朝、ベランダのミックスリーフの小さな葉を摘み採って、市販のレタス類などに混ぜ、ぴりっとした味を楽しんでいます。もうすぐ、ブラックベリーもたくさん採れそうで、わくわく・・・
 こう、考えてみると、小さな命と向き合う(そんな大仰なものではないにしても)ことは、改めて心を支えてくれることだと思いました。ましてや、口に入るものは、自分の命にもつながり、喜びにつながるのですから、有難いことでもありました。

 京都の観光地や大阪の繁華街に出かけられず、町中、うろうろしたのは、いい経験でした。この町には、とんでもない設えの家々があるのは知ってはいましたが、実際歩いてみると、うっそーの声が出そうな、おうちの多いこと。
 また、この町にいろんな歴史的な文化財があることも、知ってはいましたが、実際訪れることは、ほとんどなかったのです。が、実際、歩いてみると、こんなところに!と・・・…まだまだ、知りたいこと多しの毎日です。
     バラjj

PageTop

夏はすぐそこ

6月j
先週のマルベリーだけでなく、ほら、こんなにグミの実も可愛い。

・・・・と思ったら、大きすぎるぅー!!!のタイサンボクの花。いい匂いです。低い場所で咲いていたので、香りも楽しみました。ほんのり優しいこの香り・・・香水にもありますね。泰山木じゃなく、マグノリアといえば、納得?ちなみに、本日6月8日の誕生花がタイサンボクとしているところもありました。(*で、この次の朝、もう一度見てみたら、無残にも、茶色く変色し、香りもなし)
6月2

・・・と思ったら、これでもかと花をつけている白いアジサイ。ハナショウブウブの向こうには白い柏葉アジサイ。
6月4
6月5

・・・・と思ったら、半分化粧の半夏生➡➡もスタンバイ。本当に夏が近いです。
6月3

PageTop

5月も終わる

すいれんj
 自粛生活が解除の方向に進むものの、今年の秋は、まだまだ大変だろうとは、素人も理解できます。何冊か読んだ疫病関連文学などでも、そう、簡単な終わりではなかった・・・・

 自粛生活も慣れてきて、というか、個人的には、公明正大な定年・年金生活も近いと思われる我が家には、今後の生活を模索できる時間でもありました。
 今まで、夏に行くスイスなどの情報を共有して話題にしていたものの、それもできなくなり(する気が起こらない。キャンセル料払って、今夏はキャンセルしました。)、仕方なく、WEBの映画を夫婦で、よく見るようになりましたが、前に見た映画は、懐かしかったり、確認できたり、未見だったものには、驚いたり・・・
 映画の趣味のまったく違う夫も、歩み寄ってくれた映画から手に取る文芸作品があって、50年も付き合っていて、やっと・・・・。「チャリングクロス84番地」(へレーン・ハンフ著 江藤淳訳 中公文庫)然り、スティーブン・キング然り➡➡  ⇒⇒。ついには、シェイクスピアの連続歴史劇を見るに至って、その言葉遣いに感心することしきり。

 さあ、大学によっては、対応が大きく違いましたが、とりあえず、夏休みに食い込みながら土曜も補講が入り、6月1日から対面授業が始まります。なので、4月5月は、休まず書いてきた拙欄も、土日祝お休みに戻します。

はなしょうぶj

☆上2枚の写真は、近くの公園。
 下の写真は、小皿に山蕗の佃煮。セロリのピクルス(蓋に名前が見えますが、その空き瓶利用)、グリーンピース、パプリカのピクルス、後ろ、ニンジンのピクルス、トマトケチャップ風のペースト、らっきょの酢漬け、です。ところで、過日、お尋ねした赤紫のピクルスは、ビーツ。みなさま、色々考えてくださってありがとうございました。

ピクルスズj

PageTop

不要不急の外出(5月末)

ブーゲンビリア3
 4月から建築デザインの職に就いている甥は都内で一人暮らし。新入社員であるものの、元からバイトしていた会社のようで、在宅ではなく、自転車通勤しています。
 都心のお洒落なイメージの住所。が、その部屋は古いアパートの1階で、畳の部屋。ル・コルビジェに感化されている彼が畳の部屋?とも思いましたが、そこは柔軟な若者。コルビジェと一時期暮らしていたアイリーン・グレイ➡➡にインスパイアされたチェア&テーブルを図面からおこし、作ってもらったよう。で、それは、畳の上に設置しても、跡が残らない曲がったパイプ製。
     ブーゲンビリア1j

 するうち、今度は、花のある家に関心が向き、彼の部屋の写真を送ってくれました。観葉植物に囲まれた、畳の部屋でした。また、窓の外の小さな土の部分に植えた花の写真も。彼の実家(妹夫婦の家)の小さな庭には、バラがたくさん植えられていましたから、甥も花には親和感が大きいものと思われます。
 彼の亡き祖父(カ・リ・リ・ロと妹の父親)が、植物が好きで、サボテンの温室を作り、カメラが好きで、現像するための暗室を作り、上等でない骨董が好きで、日本画を習っていたことを思い出します。彼が生きていたら、孫と趣味趣向が同じであることを喜ぶだろうなぁ・・・と、考えるのです。

 で、甥は、カ・リ・リ・ロの以前の家にも薔薇が植わっていたことを思い出してくれ、花のある家への何かアドヴァイスを、と可愛いこと言ってくれます。
あじさい1j

 もちろん、伯母は、イギリスで複数の庭巡りをした資料や図録、写真をまとめて送りましたよ!!!
 それ以来、ご近所の散歩も花と家のバランスまで見るようになり、伯母さんとしても、楽しい視点が増えました。
 それで、今回使った写真は、イギリスの庭の写真ではなく、ご近所の花々。それも、バラの盛りの終わった5月末のもの。上二枚は、真っ赤なブーゲンビリアの絡まるおうち。薔薇と違って、葉の緑がほとんど見えないので、ともかく真っ赤です。一番下の写真のお玄関先、アジサイの下に犬の置物が居るのが可愛い。他より早咲きのこのアジサイとそばに佇む、白いヤマボウシ。

PageTop

不要不急の外出(5月中旬)

薔薇10

 この写真は、ベランダご自慢の薔薇たちなのですが、これを、今現在も、パソコンのすぐそばに置いていると・・・・
 うーん、ほのかに香る、いい香り。香りを意識するたび、いちいち「いい香り」と思う瞬間があって、気持ちが落ち着きます。
 時間に追われている生活だと、こんな瞬間も少ない。

トベラ10

 上の写真「扉(トベラ)」の花も、ほんの短い期間、いい香り。この町では、グリーンゾーンのようなところに植えられています。調べてみると、2月の節分時に扉に枝を挟んで邪気を払う風習があって、「とびらの木」と言われていて、そこから「トベラ」とか。

つつじ10
 いつも歩くところでも、意外なところに目は行きます。
 上の写真は、松の根元につつじの花・・・写真ではわからないかもしれませんが、このつつじ、松をぐるっと取り囲んでいます。まるで、松の根元の花壇のようです。根元は一つなので、公園管理の職人さんたちが,毎年、手入れ、剪定、育んだ結果だとしたら、丁寧な仕事です。

 と、思ったら、棕櫚の根元に薔薇の花。こちらは、市民の栽培園スポットみたいなところですから、ボランティアのご近所さんが、意図して巻いていったのでしょう。

棕櫚j

 さて、最後の写真は、我がベランダ菜園の途中報告。ちょっと匂いのある薬味のようなものは、当分自給自足できるぞ!写真には、5種類写っています。これ以外は、まだ未熟なので、お披露目はまた今度。
ベランダj

PageTop

薔薇は綺麗に咲いている。

薔薇5
毎年、道行く人を楽しませてくれる、よそのお宅の薔薇たち。フェンス越しに眼に美しく、芳しく・・・
と、気分良く5月を堪能しようとしていたら・・・
薔薇3

 大学などの授業方式が、対面ではない方向性。
 そのシステムを理解するのに四苦八苦。
 メールで送られてきた60ページもある利用ガイド読んで「やれ!」と言われてもねぇ。
 しかも、各大学で、それぞれメディア環境が違うので、カ・リ・リ・ロのような、非常勤で各校に勤める者には、もう大変。メディア教育や、研修を受けていないこのばあさんには酷な話。
 教育は、単なる数合わせではないはず・・・

薔薇は綺麗に咲いていますがね。
薔薇4

薔薇6
 
薔薇2

薔薇7

薔薇57

PageTop

不要不急の外出(5月連休終り)

薔薇1
  この季節、我が家の鉢植えの薔薇ですら、新入りのハーブたちに負けないよう、咲いてくれています。

 不要不急ではない生活用品の買い物は、マスクから始まり、トイレットペーパーやウェットティッシュ・・・など次々と品不足になっていったのは、スーパーの棚で、一目瞭然のマーケティング。
 が、しかし、あのマスクの話って、本当はエイプリルフールだったの?今や、マスクありますという表示を、時折、見かけるようになったし、手作りなのか、お洒落なマスクで歩いている人も見かけるようになったし、実際、テレワークや家庭内自粛なら、マスク余ってくると試算できなかった???

丸葉シャリンバイj

 閑話休題。
 昼間から、日本のスーパーの棚が、ガラガラになることは、今まで経験したことのないことです。店員さんが、いつもきちんと管理し、整然と並んでいたからです。
 が、昨今は、パスタ類の棚もスカスカ、インスタントラーメン類も足りないように見えます。(インスタントラーメンを、ここ40年以上食べたことがありませんから、日頃の状態がわからない)これらは、お昼も在宅する子どもたちや在宅勤務の大人たちのランチになるのでしょう。
 大袋のお菓子やポテトチップス・・・これも、買い物かごに、たくさん入っているのを見かけます。在宅する食べ盛りの若者のためでしょうか。
 そして、小麦粉類の棚、ホットケーキ用の粉等も含め、ないですねぇ。
 我が家ですら、在宅の増えた娘が作るパンのドライイーストを探すのに、何軒か周りましたが、そのうち何軒かでは、お店の人に「イーストはありますか?」と同じように聞いてる人に遭遇。
 他にも、手芸材料店が休業しているので、繕うための白糸と黒糸も見つけにくく、通販の化粧品も品薄。通常、週に一度宅配してくれるスーパーの通販も物不足や物流の遅延で、いつも通りでなく・・・
 ま、何かと不便ではありますが、読書もあるし、カメラ撮影もあるし、WEBで見れる映画もあるし、園芸やってる人もいるだろうし、手芸の人もいるだろうし・・・・・もちろん、煮豆やジャムやピクルスや佃煮・・・まだまだ色々チャレンジしたい。
 
 それにまた、品不足を裏返すと、 みんな、それぞれ、在宅でできること、在宅で楽しめることをやっているのがわかり、ちょっと気持ちが明るくなります。
紅花栃木jj

☆写真は、一番上が、うちのベランダの娘たち、中:丸葉車輪梅 中;紅花栃の木(マロニエに近い) 下:りんごの花と満開のスズラン 一番下は、やっと撮れたムクドリ(いつも、番いで居ます。)
 
リンゴの花

スズランj

ムクドリj

PageTop