みんなみすべくきたすべく

今年の半夏生

半夏生1j
 (承前)
 今年の半夏生は、7月2日らしいのですが(夏至からかぞえて11日目の雑節)➡➡、京都 建仁寺塔頭の一つ、両足院の半夏生は、今を盛りと、涼し気に我々を迎えてくれました。(特別公開は:~2018年7月12日)
半夏生2

 前に訪れたときは、半夏生で溢れる茶室でほっとしたのですが、➡➡ この日は、まだ茶室で、お茶というわけにはいきませんでした。が、茶室の撮影は許されていました。すると、床の間に生けられている花は、半夏生。パラパラと散っているのも、風情のあるもの。
        半夏生3

 下の写真の「半夏生」、半分しか白くなっていない半化粧。
半夏生5

PageTop

甘茶の花

甘茶1j
 今や、月に2回の古筆の練習もままならならず、が、しかし、お稽古前の京都散歩にだけは行きました。
 ほんのひとときではありましたが 久しぶりに家から離れ、ほっとひと息。
 建仁寺塔頭霊源院と両足院の特別公開に行きました。(霊源院は、2018年6月17日まで:両足院は2018年7月12日まで) 片や 庭に満開の甘茶 片や満開の半夏生を、見ることが出来ました。どちらも以前に訪れたことがありましたが➡➡ ⇒⇒ 今回は一度に二つ どちらも見頃でした。
甘茶3j
 甘茶の花は ガクアジサイと似ているのですが、甘茶はユキノシタ科、ガクアジサイはアジサイ科、ずいぶんと違うもの、と今回は説明を受けました。前回は、庭の説明がなかったのですが、今回は、甘茶の「がく」の部分は白からブルー(薄紫) 最後は赤と変化するとの説明をお聞きし、庭の拝観も一層楽しいものになりました。
甘茶10j

甘茶2j

 また、お茶室では、前回と違って➡➡甘茶とお菓子をいただきました。
 初めて飲んだ甘茶は、お砂糖をいれたような甘いお茶でした。(続く)
甘茶4j

PageTop

今 しばらくは

紫陽花スイス17
今、しばらくは、ブログを勝手気ままな不定休にします。
もしも、続けて読んでくださっている人がいたら、お正月明けからの余裕のなさをご理解いただけるかと思います。
先日は、ブログ更新の際に、文を点検することすら忘れ、お恥ずかしい文章をアップしてしまう始末。
やっと、抜糸が済んだ指の怪我も、完治したわけでなく、注意一瞬、怪我一生の教訓を噛みしめる日々。

 無事、娘の出産が済んだので、心配事が一つ減ったとはいえ、雑用は2倍になりました。さらに、2歳の孫は、イヤイヤ期絶頂で、なかなか手強い。
 いつとは言えないものの、時々は、書いてみたいと思っています。 
☆写真は、スイス 8月の紫陽花。

PageTop

粗忽者の近況

あじさいj
 夏休みを指折り数えて、はや半年。
 客観的な子(孫)育ての視点は、よかったものの、本を読む余裕がなくなり、ダイエットに手応えを感じ、指折り数える指を怪我する始末。

 小さい子が居ると、指の怪我は致命的。
 汚れたおしめ、よく洗わないといけない果物や野菜。

 指サックをし、使い捨ての手袋をし、水に近付きますが、産後の母親を助ける意味での新人さんの沐浴よりも、動き回る2歳の孫のお風呂は難しい。
 日頃、忘れている10本の指たちの役割を再認識。

 え?どうやって怪我したかって?ハハハ なんのことはない、ブレンダーで、ちょっとね。柔らかくしたお芋をね・・・・ハハハ
 いい年して、粗忽者なのです。5年前にも、この粗忽さを書いている・・・トホホホ➡➡

PageTop

そうなの、わたしは 赤ちゃん。

 赤ちゃんj
がちゃがちゃがちゃがちゃ 台所の音 うるさいなぁ。
お姉ちゃんのときは、静かにしていたって聞いたけど・・・

初めての沐浴。
でも、でも、あれが足りない、これもあったほうがよかった・・・
お姉ちゃんのときは、パーフェクトに揃っていたって、聞いたけど・・・

みんなは、軽っ!!というけれど、そりゃ、2歳のお姉ちゃんとはくらべものになりません。
お姉ちゃんって、ともかく、食べる人だもの。

そうなの、わたしは 赤ちゃん。
小さく 時々、微笑むの。

PageTop

さてさて、わたしは お姉ちゃん。

泣くj
 さてさて、退院してきたお母さん。
 あれあれ、だれ?このちいちゃいの。

久しぶりなの、お母さんの抱っこ。
あれあれ、だれ?ちいちゃいのが抱っこされてるよ。

 さてさて、わたしは、お姉ちゃん。
 あれあれ、ちいちゃいのが泣いている。

 ほんとは、わたしも泣きたいの。
 イヤイヤ イヤイヤよ、
 久しぶりなの、わたしのお母さん。

PageTop

ぴったりの名まえを だれが つけたのだろう

くさたちばなj
 思い出します。子育て真っ最中の頃、大人が読む本を、まったく読まない10年余があったこと。
 読むのは、子どもと楽しむ絵本や児童文学、せいぜい、ヤングアダルト向けの小説。

 それを補うかのように、ここ10年間は、大人が読む小説などを、よく読んでいました。
 が、しかし、ここで書いた「ゴッホの手紙 上 ベルナール宛」(エミル・ベルナール編 硲伊之助訳 岩波文庫)
「ゴッホの手紙 中・下 テオドル宛」(J.v.ゴッホ・ボンゲル編 硲伊之助訳 岩波文庫)以来➡➡ 娯楽としての読書はまったくりできていません。
  時間がなく、多忙を言い訳にするよりも、余裕がないという言葉が当てはまります。

 そんななか、ぱらぱらと、どこからでも読める(見られる)「まど・みちお詩集」(谷川俊太郎編 岩波文庫)を、手に取りましたら、
こんな詩が、ありました。豆好きの孫が居るから、目に留まったのかもしれません。
「まめ」
≪豆に「まめ」という
ぴったりの名まえを
だれが つけたのだろう

さっぱりしている
ひきしまっている
りっぱというよりほかはない
つけたのは 人間でないのでは?
と おもわれてくるほどだ
・・・・(後略)・・・・・・・・・・・・・・≫
(続く)

☆写真は、白沙村荘➡➡でみたハナタチバナ・・・やっと、名前がわかった。

PageTop

おなかのなかの声

しもつけj
 昨日、無事、女の子が誕生。
 つわりで落ち着かなかった秋➡➡を過ごし、年始早々から入院し続けた娘が、臨月になって、自然分娩できました。ふぅー。

 2歳の孫は、妹ができる前の晩、遅くまで眠らず、うろうろ。
 その日の朝は、ばあばと同じように早く起き、いつもより、ばあばから離れなかった孫。
 保育園に行く前に、母親のおなかに手をやっていたのは、おなかの中の妹の声を聞いていたのかもしれません。
 「もうすぐ会えるね」
 
☆写真上は、誕生前日早朝の下野(しもつけ)の花。
 写真下は、妹誕生前夜、ぞうさんのぬいぐるみを背負う2歳の孫。

ぞうさんおんぶ40

PageTop

旬のもの

ワイルドベリー12jj
先日まで、筍を茹でる日が続いていたかと思うと、今は、アスパラガスや各種お豆の美味しい季節。

今年は、筍の先の柔らかいところは、ほとんど食べることがありませんでした。はい、柔らかいところは、孫のお口に。

今、美味しいアスパラガスも、先端の柔らかい部分は、当然のように孫のお口に。

お豆の好きな孫は、そら豆もその皮ごと平気で、ほくほく食べるし、スナップエンドウも、中の豆部分から食べています。豆ごはんに至っては、御飯より豆中心。五目豆もさっさと、大豆から。ついには、三度豆もさやから豆(ちいさい!)を出してから食べる始末。
この孫がおなかにいるとき、その母親は黒豆の枝豆を食べて、つわりを乗り切った経緯があるので、その影響かなぁ…
ワイルドベリー12j
さてさて、ベランダのラズベリーも色づき、今年から加わったワイルドベリー(小さい苺)も、毎日、色づいているのを、収穫するのは、孫の仕事。

 旬の食べ物を口にする孫ですが、同じく赤くて小さいさくらんぼには、まだ出会えていません。高価で そのうえ種がある。

ラズベリー12j

PageTop

老骨に鞭打つ二人

      水上スキーj
 早産の危険があって長期入院していた娘が、退院したら、今度は、全然、産気づかないのも不思議な感じがしますが、ともかく、まだ、孫育てに奮闘しているのは、ばあば一人ではありません。

 驚きの高い声で、じいじは、孫に話しかけています。それは、マザリーズという、乳幼児に話しかけるとき、声が高くなり、ゆっくりと抑揚をつけることですが、男女問わずできることの証明みたいで面白い。

 じいじと孫が公園や近くの海辺や運河に出かけると、帰ってきて先に眠ってしまうのは、じいじです。

 孫より長い時間 積み木をしているのは、じいじです。

 かつて、我が子の子育ての頃は、じいじの仕事も忙しく、今でいう ワンオペ育児の実態をやっと実感している彼は、食後の食器洗いをし、いつもより、流し周辺が綺麗になっているのは、ありがたいことです。

 乾いた布おむつを、ばあばより、丁寧にたたんでいるのはじいじです。

 ・・・・老骨に鞭打つ二人です。

PageTop