みんなみすべくきたすべく

石井桃子の「児童文学の旅」

     ルイスj
(承前) 
 岩波現代文庫に加わった石井桃子のもう一冊を。
 この本は、カ・リ・リ・ロにとって、読書と現実の世界をつなげた指南書であり、旅の原点となった一冊です。
  「児童文学の旅」(石井桃子 岩波)です。

 この本を読んだから、ファージョンのお話の舞台を訪ねて英国サセックスの各所廻りました。そして、プーの森やピーター・ラビットの湖水地方・・・もちろん、サトクリフの物語の舞台には数々訪問・・・・と、イギリス行きは、ほとんどが児童文学がらみ・・・アーサー王も、ランサムも、グリーンノウも、ピアスもアリスも・・・ついでに、ディケンズやオースティンまでも。そして、絵本がらみで、深みにはまり、英国近代絵画まで。うぇーい。

 この本に教えられたことは数々あれど、一番の収穫は、イギリスには、未だ、物語の世界のままの村や、庭や、道や、建物があるということでした。石井桃子がサセックスに行ったのは、1972年。石井桃子は、アイリーン・コルウェルを介して、サトクリフと会うのですが、そのときの会話、
 ≪あのハイ・ストリートをずっといくと、『白鹿屋」の側に、白いペンキ塗りにピンクのドアのついた、人形の家のようなかわいい家があるけど、気がついた?≫
 ・・・という、その人形の家みたいな家は、カ・リ・リ・ロが行った1997年にもありました。

 そんな「児童文学の旅 石井桃子コレクションⅣ」の岩波現代文庫版の表紙は、「旅の絵本」(福音館)の安野光雅です。

 今回使わせていただいているルイスの写真は、「児童文学の旅」(岩波 1981年第1刷)P200の写真とほとんど変わっていない2013年9月の写真。手前がルイス城の城門、向こうの山が、エルシーピドックが縄跳びをしたケーバーン山。(撮影:&CO.Ak)

PageTop

「優」じゃなかった

       ルチェルン湖13j
 リリアン・スミス「児童文学論」(岩波)瀬田貞二「絵本論」が、カ・リ・リ・ロにとって、バイブルのようなものだと書きました。➡➡
 
 実を言うと、教育学部教育学科幼稚園教員養成課程というところを卒業していても、絵本についての授業はありませんでした。多分「言語」の授業の中で、触れられた程度です。今は「言葉」という内容ですが、当時は、「言語」の授業と言っていました。なぜなら、その先生のことを≪田川「げんご」先生≫と呼んでましたから。

 そんな学生がリリアン・スミスの「児童文学論」を自力で見つけ、教育学の教授に卒論を提出するというプロセスでした。もちろん、卒論は、絵本のことです。幼稚園の実態調査部分に使ったのは、「ぐりとぐら」と「さんびきのやぎのがらがらどん」(いずれも福音館)。

 では、どうやって「児童文学論」に出会ったのか、卒論の青カーボンコピーが見当たらない今、謎のままかと思っていたら、松居直「絵本とは何か」(日本エディタースクール出版部)を思い出しました。で、その巻末、掲出図書一覧の参考文献に、賢かった女子学生は、ちゃんとチェックをいれておりました。

 「児童文学論」 (リリアン・H・スミス 石井桃子 瀬田貞二 渡辺茂男訳 岩波)の他、 「子どもと文学」 (石井桃子 いぬいとみこ 鈴木晋一 瀬田貞二 松居直 渡辺茂男  福音館) 「子どもの図書館」 (石井桃子 岩波新書) 「子どもの本の世界」 (ベティーナ・ヒューリマン 野村泫訳 福音館) 「本・子ども・大人」 (ポール・アザール 矢崎源九郎・横山正矢訳 紀伊国屋書店) 「二歳から五歳まで」 (コルネイ・チュコフスキー 樹下節訳 理論社)にチェックが入っておりました。
 先に記したように「児童文学論」は昭和50年(1975年)第13刷、「子どもの図書館」は1973年第10刷、「子どもと文学」は1974年第7刷、「本・子ども・大人」は1975年第9刷、「子どもの本の世界」1974年第5刷でしたから、どれも卒論用で、卒業は1977年です。(ただし、チュコフスキーの「二歳から五歳まで」は、持っていたことは思い出しましたがーー箱を子どもが噛んでぐちゃぐちゃにしていたからーー大きな本で、しかもあまり読まないなぁと、引っ越しの時に処分したような気がします。)
 
 そして、どの本にも、いろんな色の線が入っていますから、よく勉強しましたね。誉めてあげましょう。が、デユーイがご専門の教育学教授がつけた評価は、「優」じゃなかった・・・・

 さて、その中の「子どもの図書館」も「新編 子どもの図書館 石井桃子コレクションⅢ」として、岩波現代文庫から刊行されています。表紙は「ぐりとぐら」の山脇百合子です。(続く)
☆写真は、スイス ルチェルン湖

PageTop

石井桃子についての本三冊の続きで読んだ本3冊 (その1)

アッシュダウンフォレストj
(承前)
 2013年のベン・シャーン展講演会から、アーサー・ビナード氏には着目しているのですが、石井桃子についての三冊の本の1冊『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのかー「声を訳す」文体の秘密』(竹内美紀著 ミネルヴァ書房)の参考文献に、その名前を見つけたのも興味深いことでした。
 これってもしかして、石井桃子が「ミルン自伝 今からでは遅すぎる」 (岩波2003)を訳した時のことかな?と、読んでみました。「日本語ぽこり ぽこり」(小学館)

 この本は、軽いタッチで読みやすいエッセイです。米国人アーサー・ビナードの視点で、日本やアメリカの身の回りのエトセトラを書いています。
 その中に、「兎に化けた蜘蛛が狼を馬鹿に」というエッセイがあります。子どもの頃のアーサー・ビナードと父親が、「アンクル・リーマス」(「ウサギどん キツネどん」 岩波少年文庫)で、楽しいひとときを過ごしたことが中心に書かれています。

 そして、日本に来たアーサー・ビナードは石井邸で、「クマのプーさん」の作者ミルンについて話す時間を持った時、ミルンも子どもの頃、「アンクル・リーマス」に魅了された話を聞かされます。

 それは、≪幼いミルン3人兄弟に父親が一話ずつ聞かせていたらしいのですが、父親が留守の時、住み込みの家庭教師が代わりに読むと、リーマスじいさんの方言が読みこなせなかったので、二度とその人に「アンクル・リーマス」を渡さなかった≫という話です。
 アーサー・ビナードも幼いミルンも、方言を読みこなす父親の声を楽しみ、それを記憶として留めて行ったエピソードなのです。

 ところで、この章には、アーサー・ビナード訳「アンクル・リーマス」の話が一つ入っています。 
 アーサー・ビナードは、石井桃子からその訳本「ウサギどん キツネどん」をもらうのですが、半世紀も前に八波直則が訳し出版していたことに驚き、自らも残り151話を訳そうと思い立つも未だ実現せず・・・たった一つ「日本語ぽこりぽこり」の中で「コンチワ、家(うち)どん!」(“Heyo,House!”) 訳出したというわけです。
 是非、全訳をお願いしたいところです。(ただその時、挿絵は、ほかの人でお願いします。)
(「石井桃子についての本三冊の続きで読んだ本3冊 その2」に続く)

*「日本語ぽこりぽこり」(アーサー・ビナード 小学館)
*「ウサギどん キツネどん」(J.C.ハリス作 A.B.フロースト絵 八波直則訳 岩波少年文庫)
*「ミルン自伝―今からでは遅すぎる 」(A.A.ミルン著 石井桃子訳 岩波)
☆写真は、プーの舞台となった英国 アッシュダウンフォレスト(撮影:&Co.Ak.)

PageTop

石井桃子についての本三冊 (その3)

アメリカデイゴj
(承前)
 「石井桃子のことば」(新潮社)のなかで、「書棚から」という石井桃子氏の書棚にあった読みこなされた本4冊を紹介する箇所があります。3冊までは、様子がわかったのですが、あと一冊「ウィラ・キャザー」の本については、浅学も甚だしく、知りませんした。

≪・・・ウィラ・キャザーの『ア・ロスト・レイディ』という本をみつけた。私に、しずかな美しさを感じさせた。・・・≫そして読後、幼い頃の読書以来の忘我の境地を味わい、自分の波長とぴったり合うものを感じ、≪ある人にとっては無上の価値となるものが、ある者には三文のねうちもない。そして、その価値は、手にとって、説明できないことが多い≫という、人間の価値観の問題が描かれていたのだそう。
 ふーん、そうなんだ。ウィラ・キャザーを読んでみよう。と思っていたら、 「こどもとしょかん」東京子ども図書館の2014年春141号に、石井桃子とウィラ・キャザー読書会(キャザー会)の一人、キャザー「マイ・アントニーア」(みすず書房)の訳者でもある佐藤宏子が『石井桃子先生とアメリカ文学―「キャザー会」ノートから見えるもの』という文を寄せていました。.
 
 そこには、1958年に「20世紀英米文学案内」と言う叢書の企画(研究社)があって、その「キャザー」の編者を石井桃子が担当することになったので、この勉強会が発足したと考えられるとあります。

 インターネットの検索もない時代、石井桃子の探究の基本姿勢の表れであるノートの一端が紹介されているのですが、それが凄い。メモに次ぐメモ、そして調べ、深める、調べる、深める。これは、「20世紀英米文学案内 キャザー」の「人と生涯」という大部の執筆に繋がったものだとわかるのですが、この研究姿勢は「キャザー」のみならず、翻訳の仕事全般に通じていくものであったと思われます。どこかの実験ノートのような、軽いメモではなく、中身の濃い覚書。
 かつては、多かれ少なかれ、石井桃子のようにいかずとも、調べたことは、雲の上に保存してもらうようなこともなく、ひたすら手書きで、ノートに書き込んでいましたね。
 
(「石井桃子についての本三冊の続きで読んだ本3冊 (その1)」に続く)

*「石井桃子のことば」(中川李枝子 松居直 松岡享子 若菜晃子ほか 新潮社)
*「こどもとしょかん」(2014年春141号 東京子ども図書館発行)
*「マイ・アントニーア」(ウィラ・キャザー 佐藤宏子訳 みすず書房)
*「20世紀英米文学案内 12.キャザー」(石井桃子編  福原麟太郎 西川正身 監修 研究社)

☆写真は、雨上がりのアメリカデイゴ

PageTop

石井桃子についての本三冊 (その2)

プー棒投げj
(承前)
 「石井桃子のことば」 (新潮社)の中で百歳になったインタビューに応えて石井桃子は言います。
「子どものころに生活の中に埋め込まれた記憶は、その子が大きくなってからも、貴重なものとなることが多いのです。」

 さて、その言葉を科学的に論証しようとしたのが 『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのか――「声を訳す」文体の秘密』(竹内美紀著 ミネルヴァ書房)です。

 この興味深いタイトルの本を友人に紹介してもらって調べていたら、4200円もする本で、こりゃ図書館に買ってもらわなきゃと思って、図書館で検索したら、すでにあった!(誰だろう?もはや買ってもらっていた人がいた!2014年4月20日初版発行)ミネルヴァ書房が出版社だったので、もしやと思っていたら、やはりこの本はいわゆる「学位論文」で児童文学の翻訳研究という新しい分野の成果発表の本でした。

 序章【声を訳す】で始まり、「クマのプーさん」(岩波)「岩波少年文庫シリーズ」「岩波子どもの本」「福音館世界傑作絵本シリーズ」「ちいさいおうち」(岩波)「たのしい川べ」(岩波)「おひとよしのりゅう」(学研)「幼年童話 こぎつねルーファス チムラビットシリーズ」(岩波・童心社)「ピーター・ラビットシリーズ」(福音館)「ファージョン」(岩波)「こすずめのぼうけん」(福音館)などと章を重ね、終章は【石井の翻訳文体の源泉としての「声の文化」の記憶】となっています。
 論文である以上、研究および執筆は大変だったとは思います。が、こんなに楽しい本たちやその周りの参考文献を、丁寧に読み返す作業が研究であったのは、素人には羨ましい限りです。 

 さて、昨日の「石井桃子のことば」巻頭に掲載されていますが、晩年の石井桃子は≪おとなになってから、あなたを支えてくれるのは、子ども時代の『あなた』です≫という言葉を繰り返し語ったといいます。

 そして、その言葉をひきながら、竹内美紀は、『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのか――「声を訳す」文体の秘密』最終章で、≪文字を知る前の「声の文化」の記憶がとても大切であり、石井桃子に刻み込まれた「声の文化」が自伝の「幼ものがたり」を書かせ、プーの訳となり、同じく「声の文化」を継承していたアトリー、ポター、ファージョンといった作家の作品の翻訳とつながり、また昔話を聞くことで育まれた石井の「生きた言葉」が子どもたちに向かって「語る訳」を生みだすこととなった。そして、石井の翻訳が「声の文化」に生きている子どもたちをひきつけるのは、石井が自分の心の中にある「声の文化」の記憶を大切にし、翻訳する際にはその記憶の部屋に立ち戻って、「声の文化」の住人として語っているからである。≫と結論付けています。

 さらに、もうひとつ、「石井桃子のことば」(新潮社)の中の「石井桃子 百歳のことば」に、こうありました。
「どうぞ、どのお母さんも、人から聞いた言葉ではなく、あなた自身の心の底から生まれた言葉で、子どもたちに話しかけてください。」
(「石井桃子についての本三冊 その3」に続く)

*「石井桃子のことば」(中川李枝子 松居直 松岡享子 若菜晃子ほか 新潮社)
*「幼ものがたり」(石井桃子著 吉井爽子絵 福音館)
☆写真は、英国 プー棒投げの橋(撮影:&Co.Ak.)

PageTop

石井桃子についての本三冊 (その1)

表紙と見返しj
 日本の子どもの本への石井桃子の業績は計り知れません。
ここでも何度か紹介した河出書房新社の「石井桃子著作集」だけでなく、最近(2014年)、石井桃子に関する本が出ました。
 今、知っているのは、3冊です。

 まず、手に取りやすいという意味では、新潮社とんぼの本「石井桃子のことば」があります。
 石井桃子全著作表紙がカラーで掲載さていて、ただ、文字が並ぶリストよりずっと、親近感が増します。ああ、こんな本もこんな本も・・・今まで、私も、うちの子どもたちも、いえいえ、日本の多くの子どもたちが、石井桃子のおかげで、出会った本の数々、そして、楽しい時間。
 加えて、石井桃子のエッセイや、選ばれた言葉だけでなく、ご自身が読みこなした何冊かの本の写真や近しい人達の言葉。石井桃子氏の周りの空気も伝わってきます。もちろん、その百年余の生涯をたどる写真など。

 心に留めておきたい言葉は数々あれど、第一章のこの言葉は、拙ブログで紹介する二冊目の本につながるかも・・・
≪私がいままで物を書いてきた動機は、じつにおどろくほどかんたん、素朴である。私は、何度も何度も心の中にくり返され、なかなか消えないものを書いた。おもしろくて何度も何度も読んで、人に聞かせて、いっしょに喜んだものを翻訳した。≫(児童文学雑感『読書春秋』1952)

 ただ、追悼文集の意味合いも感じられるこの本、岩波が作ったものではないのは、なにゆえ?足を向けては寝られないはずですが、以後、出版予定でもあるのでしょうか・・・
(「石井桃子についての本三冊 その2」に続く)
*「石井桃子のことば」(中川李枝子 松居直 松岡享子 若菜晃子ほか 新潮社)
☆写真は、左「石井桃子のことば」の表紙。右「石井桃子のことば」の巻末見返し部分。

PageTop

新しいおとな

            しだれj
 河出書房新社も小出しに出版するものですから、手に入れやすく・・・石井桃子のこれまで読めなかった随筆集第4冊目です。
 「新しいおとな」 (石井桃子 河出書房新社)

 この前の「プーとわたし」は、石井桃子の翻訳者としての視点が多かったのですが、この「新しいおとな」は、児童図書館・家庭文庫の黎明期、石井桃子が、どういう姿勢で、どう取り組んでいったかという文が多く掲載されています。また、そこにつながる、幼い子どもと絵本に心を砕いている文は、今一度、子どもと子どもの本に関わる大人が読み返す文でもあります。
 
≪人間の子どもは、ありがたいことに絵が読めます。絵を見て、絵に隠れている物を、自分の頭に描くことができます。≫(「幼い子どもと絵本をむすびつけよう」)

≪・・・絵本は、おとなが子どものために創りだした、最もいいもの、だいじなものの一つということができないだろうか。絵本は、子どもの年齢や、興味にしたがって、その子にわかる、またはその子の興味をひく絵で話しかけ、絵で知らせ、絵で考えさせることができる。しかも、絵本は、美しい形と、美しいひびきを、一丸としてそのなかにもつことができる。そして、もし図書館のような組織が発達していれば、子どもは、いつもそれを、自分のそばにおくことができる。≫(「子どもにとって、絵本とは何か」)

*「家と庭と犬とねこ」「みがけば光る」「プーと私」「新しいおとな」(石井桃子 河出書房新社)

☆3日連続カメラを持ち歩いて、雑用こなしに外出しました。一昨日の薄桃色、昨日の白色、今日の枝垂れの桃子色桃色。帰ってお茶を一杯いただきました。

さくら模様j

PageTop

目をおさらのようにして

ポスターj
(承前)
 「プーと私」には、≪子どもたちは、目をおさらのようにして、「餌をなげられた魚のように、その人の話にくいついた」・・・≫と、ありましたが、子どもたちに一度でも食いつかれた経験のある人なら、子どもたちと過ごす時間の喜びを知ることになります。子どもたちを育てる大人だけでなく、教育・保育・福祉現場はもちろんのこと、図書館や公民館、学校・幼稚園などで、子どもたちの前で絵本を読んだり、お話をしたりするボランティアのおばちゃんたちも然り。

「プーと私」の後半には、アメリカを中心に子ども・少年・児童図書館に関わる文が続きます。

 アメリカの児童図書館の礎を築いた人であるアン・キャロル・モーア女史のことをモーアさんと呼び、モーアさんの言葉、「子どものための仕事は威厳をもってやりたいもんだ。」を引きながら、彼女がチャチなまにあわせ仕事は、賛成できないらしいと、「モーアさん」という文の中で述べています。

 また、「アメリカの子ども図書館」という文の中では、「子どもは、けっきょく、いいものはわかるんです」というアメリカの児童図書館員の言葉を引き、児童図書館員たちが持つ子どもたちへの信頼感を、羨みます。

 そしてまた、「児童図書館の条件」という文の中では、カナダの児童図書館の草分けで「児童文学論」を表したリリアン・スミス女史との会話を記述しています。
≪「なかなか、お話というのが、じょうずにできなくて・・・」と、私がいうのをきいて、スミスさんは、「私だって、へたですよ。だけど、あなた自身,語りかけるものをもっている時、子どもは耳をかたむけるものです。」≫

 ここで、子どもに関わる大人は、石井桃子の表したことを復唱したいと思います。
 子どもを信じ、威厳をもった大人が語りかけるなら、子どもたちは目をおさらのようにして、話に食いつくということを。
 ヒュー・ロフティングは、まさに、そういった人だったのです。

*「プーと私」(石井桃子 河出書房新社)
*「児童文学論」(リリアン・スミス 石井桃子・瀬田貞二・渡辺茂男訳 岩波)
☆写真は、ロンドン 大通りに面したフランス人学校の図書室に貼られたポスター。

PageTop

餌をなげられた魚のように

           くまのみj
(承前)
 石井桃子は「プーと私」(河出書房新社)に収録されている「『ドリトル先生』の作者とヒュー・ロフティングという人」の中で、ロフティングのことを、こう書いています。
≪「ドリトル先生」の物語は、どれも奇想天外な事件にとみ、ユーモアにあふれ、読み終わったあとで、「われわれは、みなきょうだい」という、あたたかい気もちを私たちのなかにのこしてくれます。……(中略)・・・ほんとうの人間らしさというもの、お金や位や、学問や見えや、そういうものに左右されない、ほんとうに人間としてもっていたいあたたかい心、それをもって貫きとおしたドリトル先生というひとりの人物を、生き生きとつくりだしたという点で、私は、ロフティングをほんとうにえらいと思うのです。   ロフティングのなかに、ドリトル先生のような気もちがなかったら、ドリトル先生はつくりだせなかったでしょう。ロフティングは、気もちのうえで、ドリトル先生にかなり似た人であったにちがいないと、私は考えます。≫

 続いて、アメリカの図書館でロフティングが、子どもたちを前に話したエピソードがアメリカの図書館員の言葉で紹介されます。≪子どもたちは、目をおさらのようにして、「餌をなげられた魚のように、その人の話にくいついた」・・・≫そして、子どもたちは、目の前に立って話している、背の高い立派な紳士こそは、ドリトル先生その人だと考えてしまったと、書かれています。

 ふむ、ふむ。さて、さて、私自身にしても、その場にいたら、「餌をなげられた魚のように、その人の話にくいついた」と思います。ドリトル先生はやっぱり実在しているんだ!ほらね。と。(続く)

「ドリトル先生シリーズ」 (ヒュー・ロフティング 井伏鱒二訳 岩波)
☆写真は、沖縄の海。くまのみ(撮影:&Co.A)

PageTop

ドゥーリトル先生のお話

           チープサイドj
 「ドリトル先生シリーズ」 (ヒュー・ロフティング 井伏鱒二訳  岩波)は、誕生日やクリスマスや、お小遣いを貯めてや、いろんなことをして、揃えていった記憶があります。動物語を話せる人・・・いるかもしれない、いや、きっといる!と思うのが、このシリーズの最大の魅力でした。それに、次々、起きる事件も、さもありなん、と、いつもわくわくしながら読んだものです。

 ところが、小説「黒い雨」の作者とドリトル先生の翻訳者が同じ人だと知るのは、ずいぶん後のことでした。
 また、翻訳の妙に気づくのはもっと後で、子どもの頃は、オシツオサレツを筆頭とする仲間たちのネーミングの新鮮さに夢中になったものです。さらに、大人になって、雀のチープサイドという名前が、ロンドンに実在する地名Cheapsideだと知るのは楽しいことでした。

 「プーと私」(石井桃子著 河出書房新社)の中の「井伏さんとドリトル先生」という文に、「石井桃子集7」 (岩波)に既載ながら、ドリトル先生翻訳秘話が書かれています。ドリトル先生シリーズと井伏鱒二、そして表には出ない存在とはいうものの、大きな風を吹き込んだ石井桃子。

 ドリトル先生の話を井伏鱒二に語った石井桃子の熱意が、井伏鱒二の心意気とつながり、当時、戦争中にもかかわらず、 「ドリトル先生アフリカ行き」は翻訳刊行され、戦後は12巻まで刊行されていくのです。

≪さて、私は、こうして友だちから送られた「ドゥーリトル先生のお話」をたいへんおもしろく思い、次に井伏さんをお訪ねすると、早速その粗筋をお話した。  井伏さんは、目をパチパチさせながら、その話を聞き終え、「いい話ですね。いい話ですね。日本の子ども話って、糞リアリズムで厭味だ。こういうふうにいかないんだなぁ。」とおっしゃった。≫(続く)

☆写真は、セントポール近くに住むロンドン雀チープサイドの子孫。オーストラリアに移住し、メルボルン雀となっていました。(撮影:&Co.A)

PageTop