FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

前頭葉の疲れ

ブリエンツ1
 だらだら続いたスイス報告2018も、終わりです。スイスで風に吹かれ、ゆっくりした時間を過ごし疲労は回復。
 スイスに出かける寸前まで、雑用に追われる日々。思考力低下、バタンキューという言葉がぴったりの日々。判断力も鈍り、怪我をしたり、忘れ物や失せ物や・・・誤字や脱字や・・・

 帰国して教文館という銀座の真ん中にある子どもの本屋さんが出版している 「メディアにむしばまれる子どもたち――小児科医からのメッセージ」(田澤雄作 教文館)という本を読んで、納得です。こんなばあばでも、前頭葉が疲れていたと思われます。
 もちろん、この本は、現代の子ども事情を伝えるショッキングともいえる内容です。大人のことを直接書いているわけではありません。タイトル通りです。が、心身が疲労していくとどうなるかを、体得していたカ・リ・リ・ロには、よくわかる内容といえました。

 刺激の強いメディアに侵されている子どもたちの危ない状況は、後頭葉への刺激が強すぎて、判断力や思考力、推理力等などのもととなる前頭葉の疲れを呼び、慢性疲労となり、それが、いわゆる「キレる」子どもたちにつながっているのではないか(否、つながっている)というのが、この本の大きな骨子です。
 
 また、序文にあたる「この本の誕生のいきさつ」という斎藤淳夫の文の中に≪・・・私たちもまた、便利さと豊かさのみを求めてつっぱしってきた日本の高度成長のもとで、さまざまな要因が重なり合い、子どもたちの心をゆがめてきたにはちがいないけれども、その中で、どうやらメディアが最も激しく、直接的に、子どもたちを追い詰めているのではないか、人間の成長にもっとも大切な五官(目、耳、鼻、舌、皮膚)の感覚をひどく損なっているものがメディアなのではあるまいかと感じていたのです。・・・・≫とあります。

 ほんとうに小さな子どもがゲーム機を離さず、スマホやタブレットで動画を見ている状態を見かけることの多い昨今、子どもに関わる人みんなに、読んでほしいと思うものの、特に読んでほしい大人はきっと読まないだろうなあと思いつつ、せめて、目次からでも気になってもらえればと思い、書きます。

 Ⅰ 笑顔が希薄になった子どもたち   
   第1章 子どもの描く絵からわかること
   第2章 「まなざし」が赤ちゃんを育てる
   第3章 小児科外来にやってくる子どもたち
 Ⅱ子どもたちの叫び声が聞こえていますか?
   第4章 子どもの慢性疲労について
   第5章 子どもを「へとへと」にしているものは何か?
   第6章 映像メディアは子どもの脳にどんな影響を与えているか
   第7章 ヘビー・ユーザーと「大人になれない子ども」
   第8章 ゆがめられた子どもの心
   第9章 暴力的な事件の背景にあるもの
   第10章 最恐メディア「スマートフォン」
Ⅲ取り戻そう!感動あふれる子どもの世界
   第11章 いまこそ大人の意識改革が求めれる時
   第12章 子どもの本当の幸せのために

☆写真は、スイス ブリエンツ湖

PageTop

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々

                263二階の窓j
(2012倫敦巴里⑥)
(承前)
 この本の中で、心に残るのが、シェイクスピア&カンパニー書店の住民の一人、元アル中で詩人のサイモンの話です。自分の詩には自信を持っていたものの、自分が正当に評価されるのは死後のことだと思い込んでいたサイモンでしたが、彼にアイルランドから文学の祭典で詩を披露するようにと、連絡が入るのです。

≪・・・・・「信じられない」サイモンは顔を輝かせた。「詩人の国じゃないか!アイルランドには一度も行ったことがないんだ。とても足を踏み入れる勇気がなかった。われわれイギリス人は辛抱強いアイルランドの人々にさんざんひどいことをしたからね。」≫
 上機嫌のあと、これほど晴れがましい席で朗読した経験のないサイモンに大きなプレッシャーが。ああ、アル中に逆戻りか・・・

 で、その日、フェスティバルのパンフレットを見て、他の3人の詩人は「みんな本を出している。有名な詩人だ。僕には何もない。」かと、思うと急に自信が湧きおこって「いや、僕には作品がある。」
 そして、朗読が始まります。深みのあるイギリス風のアクセントが言葉をもみほぐし、聴衆を引き込んでいき、最後の詩を読むと宣言すると、失望のざわめき。
 そして、シェイクスピア&カンパニー書店の前にある桜の木、出掛ける前に咲きかけていた桜の木のことを朗読します。 

≪かすかな樹の匂いを漂わせ
長い冬のあいだじゅう ぼくのドアの外で
田舎の娘がふたり 樹皮と褐色の着物をまとい
いまにも踊りだしそうに腕を掲げていた

あと一日で 一週間もしないで
娘たちは絢爛たる芸者になる
白とピンクの桜の花びらの扇をぱっと開く
ぼくがよそ見をしているすきに

まず三月の最後の風が吹く
するとぼくはふりむいて目をみはる
春の雪?
それとも彼女たちが
地面に扇を投げたのか≫

☆写真は、シェイクスピア&カンパニー書店の二階窓に描かれた絵と窓に映った桜の木。昨日の写真に、この窓も桜の木も、写っています。そして、これらの写真を写しているカ・リ・リ・ロのすぐ後ろにもう一本の桜が植わっていました。

蛇足:もし、ルイ・ヴィトンのハンドバッグに興味があるなら、本文最後から15ページあたりをお読みになるといいのではないかと思います。 

PageTop

シェイクスピア&カンパニー書店

          261シェイクスピア&カンパニー書店j
(2012倫敦巴里⑤)
 パリのホテルは、この英文書籍専門店・古書店のすぐ近く、セーヌ左岸5区、カルチェラタンでした。この書店のことは、 『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』 
(ジェレミー・マーサー 市川恵理訳 河出書房新社)で知りました。

 もともとは、作家たちのサロンのような存在であった有名書店の名を継ぎ、場所を移したシェイクスピア&カンパニー書店です。そして、ここに集まる個性的な人々の個性的なエピソードの数々で、この本は、成り立っています。毎日曜に朗読会を開き、窓からノートルダム寺院とセーヌを正面に見る、などと読むと、エレガントなパリのサロンを思い浮かべるかもしれませんが、そこは、まったく違って、エレガントとは程遠い。が、しかし、書名に「優しき日々」とあるように、心優しき個性派の集団とも言えます。

 2011年12月に亡くなったジョージというオーナーの個性とその熱意は、人を呼び、今も娘さんが受け継ぎながら、その場所にありました。ジョージを偲ぶ連続の催しとして、現在は、毎月曜に店の前に椅子を並べ、公開イベント(公開討論?)をしています。その日の、テーマは、多分「カフェ文化」についてだったと思います。うーん、マイク調節の「ワンツー ワンツー」しか、よくわからないのが、なさけない。

  狭い店内には、本が溢れ、決して綺麗とは言えない椅子が随所にありました。そこに根が生えたように坐り込んで、本を読む人。きしむ狭い階段を上ると、窓の外には、ノートルダム寺院の美しい姿。と、思ったら、窓辺に何か日本人には不明なおつまみと飲み物の瓶(多分、ワイン?)。数えきれないメモや手紙を張った、人一人が入り込めるだけのスペースにタイプライター(決してオブジェでなく、使っていいものだと思います)。それに、日本の押し入れの上段みたいなところには、子どもがくつろげるように絵本等が散らかっています。中庭ではないまん中の窓の屋根には、古びた玩具やフィギュア。どこをとっても、絵になりそうな、雑多な散らかり様。写真禁止でした。

  元オーナー、ジョージのモットーは、「見知らぬ人に冷たくするな。変装した天使かもしれないから。」であり、本や文章に関わる困った人々を救済する精神が、今もその書店には溢れていました。パリ滞在の5日間、夕食調達の折、何度か、のぞきに行きました。(続く)

☆写真は、パリ5区、シェイクスピア&カンパニー書店、店頭月曜午後7時~
下の写真は、書店隣の小さな公園から撮ったノートルダム寺院

                                  262バラのむこうのノートルダムj

PageTop