FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

聖護院

聖護院1
 京都 聖護院に行きました。秋の特別拝観で、宸殿の狩野派の障壁画や本尊の不動明王が公開されています。(~2018年11月25日)
聖護院5
 これまでは年間を通じて予約拝観だったようですが、今回からは秋だけの特別拝観として予約なしで見ることができました。
「光格天皇仮御所 狩野派障壁画100余面」というように、狩野派の豪華絢爛な襖絵を見ることができます。門跡だということもあって、今まで開放していなかったぶん、保存状態もいいのではないかと思います。ちなみに、門跡特有の宸殿の宸の文字は天子、つまり天皇を意味するらしい。
 また、控えの間のひとつには、控えているのに飽きないようにという配慮から、物語る絵の障壁画。西面は,宋代の詩人林和靖の愛梅図。北面には陶淵明の愛菊図。東面には、太公望が周の文王に見いだされる場面が描かれ、この控えの間は「太公望の間」。粋な計らいです。
聖護院3

 平安期の本尊 不動明王像もさることながら、明治の廃仏毀釈の際に廃寺となった末寺から預かったという多数の不動明王像などを見るのも興味深いものでした。
 また、書院は、細かいところにお洒落で繊細なものがあって、必見です。
 
 玄関入ったところ、入るのを「待つ」につながる、「松」の絵とか、玄関先に置かれている「大法螺」(おおぼら)を見ると、軽妙な遊び心を見るようでした。
 その「大法螺」は、実際の法螺のように吹けず、木製なのだそうです。まさに大法螺を吹く人なんて「大ボラ吹き」ですからね。
 それに、なにゆえ、ここに法螺か?というと、ここは、もともと修験道の本山なので「法螺」があります。そして、ここの紋は法螺なのです。門跡ゆかりの輿にも法螺の紋。案内をしてくれた人たちが来ていた法被の背中にも、法螺の絵が。(続く)

聖護院4

PageTop

暑さ 寒さも 彼岸まで

退蔵院1
 もう少し2018スイス報告は続くものの、季節は移り、京都は萩の花の季節に。
京都 妙心寺退蔵院のお庭を見に行きました。金木犀も香っています。ちょっと早い目の秋の庭でした。
 退蔵院7
ここは、小さいながら、よく手入れされ、四季折々楽しめるお庭です。紅葉と、蒲の穂。
退蔵院2
退蔵院8

イヌタデさえ、お庭の一員
退蔵院4
もちろん、枯山水のお庭もあります。
退蔵院3
水引きの花は、受付のところの足もとです。
退蔵院6
最後は、こんなに赤い彼岸花。なぜ、お彼岸の頃を知っているのか・・・暑さ、寒さも彼岸まで・・・が、台風がくる。
退蔵院5

PageTop

沙羅の花

沙羅3j
 普段は非公開だという京都 妙心寺東林i院に行きました。6月30日まで、庭の沙羅の花(夏椿/梅雨椿)を見ることができました。

 お抹茶とお菓子付きの拝観料には、お庭の説明がついています。
 お庭の沙羅の木が,いわゆる平家物語の
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
     沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはすは
奢れる人も久しからず ただ春の夜の夢の如し
     猛き者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ」の沙羅双樹ではないとのこと。

そりゃ、そうですよね…ブッダはインド、インドは熱帯・・・ということは、沙羅双樹 ・・・・つまり、二本のサラの木は、熱帯の植物。(フタバガキ科の常緑樹だそうです。)
じゃあ、なぜ、高校のとき覚えた平家物語冒頭の「沙羅双樹の花の色」に、なるのか・・・それは、東林院の沙羅のように、日本の沙羅の花は、一日花で、咲いたときから、すぐにでも、ぽとりと落ちてしまいそうな花だから、そこを諸行無常と重ねたようです。

 とはいえ、会期も終わりに近く夏のような日射しの日に行ったので、苔の上にポトリと落ちている沙羅の花もあまりが風情がなかったのは事実。やっぱり、梅雨の花は、雨でしっとりした日に見るのが一番かも・・・と、思いながら、美味しいお茶とお菓子をいただきました。

沙羅2j
 
       沙羅1j

PageTop

今年の半夏生

半夏生1j
 (承前)
 今年の半夏生は、7月2日らしいのですが(夏至からかぞえて11日目の雑節)➡➡、京都 建仁寺塔頭の一つ、両足院の半夏生は、今を盛りと、涼し気に我々を迎えてくれました。(特別公開は:~2018年7月12日)
半夏生2

 前に訪れたときは、半夏生で溢れる茶室でほっとしたのですが、➡➡ この日は、まだ茶室で、お茶というわけにはいきませんでした。が、茶室の撮影は許されていました。すると、床の間に生けられている花は、半夏生。パラパラと散っているのも、風情のあるもの。
        半夏生3

 下の写真の「半夏生」、半分しか白くなっていない半化粧。
半夏生5

PageTop

甘茶の花

甘茶1j
 今や、月に2回の古筆の練習もままならならず、が、しかし、お稽古前の京都散歩にだけは行きました。
 ほんのひとときではありましたが 久しぶりに家から離れ、ほっとひと息。
 建仁寺塔頭霊源院と両足院の特別公開に行きました。(霊源院は、2018年6月17日まで:両足院は2018年7月12日まで) 片や 庭に満開の甘茶 片や満開の半夏生を、見ることが出来ました。どちらも以前に訪れたことがありましたが➡➡ ⇒⇒ 今回は一度に二つ どちらも見頃でした。
甘茶3j
 甘茶の花は ガクアジサイと似ているのですが、甘茶はユキノシタ科、ガクアジサイはアジサイ科、ずいぶんと違うもの、と今回は説明を受けました。前回は、庭の説明がなかったのですが、今回は、甘茶の「がく」の部分は白からブルー(薄紫) 最後は赤と変化するとの説明をお聞きし、庭の拝観も一層楽しいものになりました。
甘茶10j

甘茶2j

 また、お茶室では、前回と違って➡➡甘茶とお菓子をいただきました。
 初めて飲んだ甘茶は、お砂糖をいれたような甘いお茶でした。(続く)
甘茶4j

PageTop

白沙村荘から大文字が見える

白沙村荘9

白沙村荘8
(承前)
 白沙村荘の敷地には、橋本関雪の遺志を継いだ記念館(美術館)があり、その二階テラスからは、大文字山が真正面に見えます。
 その1階で、「名作の帰還 〜琵琶行・木蘭・秋桜老猿」展(~2018年5月13日)が開催されていました。千葉県のDIC川村記念美術館に収蔵されていた3作品が、白沙村荘に戻ってきた記念すべき展覧会なのです。(この辺りのことは沼辺信一さんのブログ➡➡  ⇒⇒に詳しい。)

 自宅に居ながらにして、大文字火の送り火のが見えるなんて贅沢です。きっと、真夏の夜に、心地よい風も吹くんだろう。
 受付の方も、記念館の方も、みんなこぞって、このテラスの案内をしていました。「『大文字』が見えますよ。」と・・・
 橋本関雪の思いを引き継ぐ人たちで、守られていく白沙村荘。維持するのは大変だろうと思います。せめて、足を運ぶだけでも貢献ができればと思います。(続く)

白沙村荘13

PageTop

白沙村荘の花

白沙村荘j
(承前)
 白沙村荘の池の周りの花菖蒲は、もう終わりが近かったのですが、秋には、萩も楽しめるだろうし、もちろん青紅葉の綺麗なところは、秋は当然美しいなどと、四季折々を想像して歩けるのも、庭園散歩の楽しみ。
白沙村荘jjjjj
白沙村荘jj
白沙村荘jjjj
 花の時期の早い、コアジサイは、みずみずしく、茎がねばねばしたモチツツジは終わりが近く、敷地内にあるレストランや食事処で使うのか、山椒の実も可愛い。(続く)
白沙村荘11

PageTop

白沙村荘

 白沙村荘
京都 銀閣寺近くの白沙村荘に行きました。
 今まで行った事がありませんでしたが、邸内の美術館で橋本関雪の「名作の帰還 〜琵琶行・木蘭・秋桜老猿」展(~2018年5月13日)を見られる最終週でもありました。
白沙村荘7
 銀閣寺に行くときに前を通るのですが、そのときのイメージより、はるかに大きな敷地の庭園は、四季折々楽しめる工夫がなされていました。もちろん、今は、青紅葉でした。
白沙村荘12
 また、庭に点在する、石碑や灯篭,石仏などなどの楽しいこと。平安期の今にも崩れそうな、苔むしたものから、ひょうきんなお顔の心和むものまで。
白沙村荘10

 東京の根津美術館のや椿山荘のお庭も思い出します。が、それらが、東京にあって、アップダウンの高低差を楽しむ風情があるのと違って、京都の平坦なお庭は、個人が庭を楽しむのにうってつけ。(と、いっても、この池泉回遊式庭園の広さは7400平方メートル。敷地は10000平方メートル。)
白沙村荘1
 つまり、橋本関雪のアトリエ(3つの画室)、茶室や持仏堂も併せ持つ橋本関雪の邸宅、白沙村荘は、財のある人物の趣味のいい庭ではなく、芸術家本人の美意識が、後世の我々をも楽しませてくれるのです。
白沙村荘4

 近くにある、足利義政の銀閣寺(慈照寺)は、東山ぎりぎりの場所にあって、簡素枯淡の美といわれる東山文化を生み出しましたが、この白沙村荘は、もっとわかりやすい形で、東山を楽しませてくれます。(続く)

白沙村荘3
白沙村荘5
白沙村荘2

PageTop

バラの香り

みかんの花j
(承前)
 連休後半は、満開のバラ。ばら。薔薇。

みかんの花jj

 柚子の花の香りが、辺り一面漂って、「どこ?どこ?ああ、いい匂い」というのと、薔薇に鼻を近づけて、「うーん いい匂い」というのも、同じ幸せ。
 初夏の風が、身体に心地よく、いい季節だなぁと思う幸せ。
みかんの花jjjj

連休前半は、妹と孫の誕生日。連休終了後は、米寿の義母とカ・リ・リ・ロの誕生日でした。(続く)
みかんの花jjj

PageTop

柚子の花が咲いている

 ミカンの花j
今年は、花が早い早いと言いながらも、2015年の同日のブログも同じような写真です。➡➡
♪みかんの花がさぁいているぅ♪の歌をつい口ずさむのも、同じ。あたり一帯、柑橘系の香り…たぶん、柚子の花。
ミカンの花jjjj
 水の周りだとか、日当たりだとか、いろんな条件のもと、365日の始まりが、いつか、わからない植物は、自分の身体で感じ取った暦があるのでしょう。当たり前ながら、梅だより、桜暦、薔薇ウィークなどなど、人のデータによる参考暦も、なんのその、自由に自然に生きているのが植物なのだとわかります。
ミカンの花jjjjj

ミカンの花jjjjjj

ミカンの花jjj
 
 ・・・とはいえ、ここまでは、連休前半の散歩の写真。ということは、やっぱり1週間は早い?(続く)
ミカンの花jj

PageTop