FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

鹿まつところの狸

十二支1
(承前)
 ≪…ふつう美術史家は、室町時代にはいっての絵巻物として、わずかに『十二類合戦絵巻』と『福富草紙』の二作を認めるのので、鎌倉以後は、評価していません。けれども、室町時代を通じて絵巻物は、三百をこえ、その大部分がお伽草子だといわれます。そしてたしかに、『十二類』と『福富』とは、土佐派の優品で、しかも内容からいっても、お伽草子を代表するものでした。…≫と、「落穂ひろい」(瀬田貞二 福音館) ➡➡にも書かれていますが、その『十二類合戦絵巻』です。➡➡

 ≪『十二類合戦絵巻』というのは、満月の夜に十二支の鳥獣が月を題に歌合せをして、鹿を判者として楽しみます。≫
 が、次に、鹿の代わりに狸がやってくるのですが、狸は≪さんざん馬鹿にされたので、味方を集めて十二類に戦いをしかけ、逆に討たれて、狸は三井寺で出家する…≫

 この話が「いまは昔 むかしは今」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)第3巻「鳥獣戯語」➡➡ の中で、綺麗な状態のチェスター美術館の絵巻を使いながら、紹介されています。この話を知らなかったカ・リ・リ・ロには、新鮮で楽しいものでした。

 例えば、鹿の判定がなかなか鋭いいいものだったので、十二類たちは2・3日後にまた寄り集まったときに鹿を判者として呼ぶも、≪・・・鹿はこういう席へ二回出席することは古人がいましめているとはばかって、あいにく風邪気なのでと辞退し、前回、鹿の供をした狸が、鹿が歓待されたのをうらやましがって、自分でも判者になれないはずがないと、あつかましく歌会におしかけていった。…≫。
 この一件から「鹿待つところの狸」という言葉が生まれたとか…
*「鹿待つところの狸」・・・・よい獲物をとろうと待っていたのに、とるに足りないものが来たの意。

 で、牛は?(続く)

☆写真は、狸たちの作戦会議。≪・・・まず一門の獺の守、稲荷山の老狐、熊野山の若熊、蓮台寺の狼、愛宕山の古鵄、ゆるぎの森の白鷺、二日市場の群鴉、梟悪大好きの梟などが味方についた。侍大将は、猫、貂、鼬、ばん、みみずくなど。総勢三百。・・・≫(ここに出てくる動物たちの漢字読めますか? 

PageTop

劇的な場面転換は絵本でなければできない

IMG_5879j.jpg
(承前)
 「鳥獣戯語」(「いまは昔 むかしは今」第3巻 福音館) ➡➡ では、「白鼠弥兵衛物語」の絵本になったものを載せ、サントリー美術館の「鼠草子」➡➡と比べています。

 弥兵衛と姫君との婚礼の場面で、
≪絵本だからページを繰って次の場面へ進むことになるが、開いてみるとあっと驚かされる。さっきまで美しく着飾って姫君につきそっていた鼠の女房たちが、着物を全部脱ぎすてて、あられもない恰好で小盗みをしているのである。ページの表と裏が、鼠の女房たちのふるまいの表と裏になっている。こういう劇的な場面転換は絵本でなければできない。≫

今、単純に、絵本のことを考えるとき、絵本は、文と絵と、そして、めくるという要素があると言うものの、この「いまは昔、むかしは今」の中でも、改めて、絵本の奥深さを教えてもらった気がします。

で、牛の話を探していて、「いまは昔 むかしは今」を開いていたわけでしたが、「落穂ひろい」(瀬田貞二 福音館)➡➡にも「いま昔 むかしは今」第1巻「瓜と龍蛇」(福音館)にも、干支の話で、今まで知っている話より、ずっとお面白い話が出ていました。
  そして、これも、また、先の「白鼠弥兵衛物語」をフォッグ美術館が持っていたように、チェスター・ビーティ美術館所蔵の保存状態の良い絵巻からも、わかることなのです。(続く)

*フォッグ美術館:アメリカ合衆国ハーバード大学付属 *チェスター・ビーティ美術館:アイルランド ダブリン(続く)

IMG_5881j.jpg

PageTop

絵本の味わい

IMG_5875 (2)j
 第1巻「瓜と龍蛇」 ➡➡ ➡➡ 「いまは昔 むかしは今」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 全5巻福音館)は、まだまだ手におえていません➡➡が、中世文学、伝承など、子どもの話に繋がるのことについては本当に深く書かれ、本を開くだけで、不勉強を思い知ります。また、この本は、大人を意識して書かれた論文ではなく、大きな子どもたちにも理解できるように平易に書かれていて、もっと、読者のすそ野が広がればいいと心から(今さらながら・・・)思います。

 「いまは昔、むかしは今」全5巻には、中世のものが多いので、京の都(きょうのみやこ)という設定も多く、いわゆる、江戸や江戸時代については、ページ数が少ない。また、江戸の絵草紙などの消耗品だったものまでは、多く書かれていないので、瀬田貞二「落穂ひろい上下」(福音館)も、開き、読み直しています。

 こちらは、瀬田貞二が、絵本を深めるために日本の絵本の歴史をたどるという趣旨がある、これも大著です。
 瀬田貞二は、≪日本の子どもの本は、鼠に始まった≫という小池藤五郎の言葉を引用し、≪鼠の嫁入りは子どもの本の不変のテーマでした。≫とします。

 鼠の嫁入りのことは、以前、サントリー美術館で「鼠草紙」の絵巻を見た時にも書き、➡➡、また昨年のネズミ年にも書きましたが➡➡「いまは昔 むかしは今」第3巻「鳥獣戯語」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)にも出てきます。
≪江戸時代のなかばになると、人間の生活のさまざまなありさまを鼠でにぎやかに描いた絵本が無数に作られるようになった。…(中略)・・・・これらの絵本に人間が登場することはない。そのかわり、鼠たちは人間にかぎりなく近づいてゆく。≫

 そして、ハーバート大学フォッグ美術館所蔵の「白鼠弥兵衛物語」(絵巻)を紹介しながら、こう言います。
≪絵巻には場面が連続して変わる楽しさがある。≫
≪絵本の味わいは、ひとつひとつの場面に集中することにある。≫(続く)

PageTop

不埒な人たち

ラダj
 「不埒な人たち」(飯島周 編・訳 平凡社ライブラリー)
2020年年末に、新刊文庫コーナーでこの本を見つけたのは、ヨゼフ・ラダ   ➡➡  ➡➡のイラストだからでした。そして、副題にハシェク短編集と見えたからでした。短編集なら、読めるかな???
 実は、チェコの作家ハシェクの本「兵士シュヴェイクの冒険1~4」(栗栖継訳)は、2008年岩波文庫一括重版の時に、買いそろえていたのです。が、しかし、手つかずの状況で本棚の奥深いところに。この4冊も。ヨゼフ・ラダのイラストに惹かれて購入していたのでした。
 さて、結果、前半のハシェクの自伝的要素のある文は、その風刺と反逆の精神から描かれ、面白おかしく ぐんぐん、読んでいきました。
 例えば、「人食い人種の話」の最後、
≪・・・かれは神の御心に身をゆだね、檻の前に集まる人たちにスラヴ正教の教えを説き、日に日に肥っていき、ついに張り裂けてしまった。その肉はこの上なしに美味であった。そこでロラロム島の人びとは猛烈なスラヴ正教者になり、最近ではついに、カトリックの宣教師に、串焼きにされる前にスラブ正教に改宗してくれと説得するまでになった。≫

 ま、ここだけ引用しても、そのシニカルな可笑しさは伝わらないと思いますが、後半、軍での話が中心になってくると、少々お手上げに近い状態になってしまいました。だから、先の「兵士シュヴァイクの冒険」もまたしばらくは手つかずだろうかと。

 が、しかし、ラダのイラストは、全編通じて、楽しむことができました。例えば、上記写真のイラストですが、どれもみなピストルをかまえ、あるいは撃っています。そんな緊迫した状況なのに、一人は、すっとぼけた顔をしています。緊迫感と無力感。

 では、そのイラストの元となった文章は、どのようなものか?
 まず、表紙にもなった右の絵、≪トヴェーリ革命連隊司令官イェロヒモフが、印刷所長に拳銃をつきつけて脅し、なにやら命令書と公示書を印刷させようとしているという。≫

 次に、左上のイラスト≪「白露軍かソヴィエト軍か?」「ソヴィエト軍です―――手をおろしてもいいですか」「いいよ。だけど戦争のルールに従って、すぐに市の司令権をおれに譲ってくれ。おれがブグリマを占領したんだから」「でもわたしは司令官に任命されている」わたしは反論した。≫

 さて、写真中下≪「飲むのかね飲まんかね?」イェロヒモフは怒鳴った。わたしは拳銃を抜いて、リトアニアウォッカの瓶を撃ち飛ばし、それから自分の上司に銃口を向け、力を込めて言った―――「ただちに寝にいけ、さもなくば・・・・」≫

PageTop

クリノリン

P9080004 (3)11
(承前)
 纏足、女性割礼…所変われど、女子差別の手術は、前者は消失し、後者は、まだ時として問題になっているのですが、平たく言えば、英国ヴィクトリ時代後半に流行った鯨骨や針金!などで、骨組みした女性用下着 クリノリンも然り。➡➡

 クリノリンは、「問題だらけの女性たち」(ジャッキー・フレミング作 松田青子訳 河出書房新社)➡➡でも、取り上げられていますが、今や滑稽な遺物でしかありません。が、しかし、考えようによっては、現代も続くファッションのためのコルセット様のものが、その流れに在る。誰のためのコルセットで、誰のための纏足で、誰のための女性割礼か・・・です。
 
 パンチ誌の風刺画が英国で隆盛を極めたのは、皮肉にも女性の王様 ヴィクトリア(1837-1901)時代と重なっていますが、このパンチ誌を楽しんだのは、主に民衆男性たちだったのでしょうね。ここで、細かく書くことはしませんが、ちょっと「パンチ誌の画集」のページを繰ってみたら、これって、女性蔑視やん・・・と、思われる風刺画も、簡単に見つかりました。
 
☆上の写真は、英国 ヴィクトリア&アルバートミュージアム

☆下の写真に写る左の風刺画は、ジャッキー・フレミング「問題だらけの女性たち」のもので、文には≪科学を学ぼうとする女性には ほかにも障害がありました。大きなスカートの幅とか。≫とあります。

☆写真下、右上の小さい風刺画は「パンチ素描集」(松村昌家編 岩波文庫)のもので、そのキャプションには、≪婦人を階下のディナー席へ案内する最も安全な方法≫とあり、エスコートしている男性は、階段手摺の外側を降りています。
 また、右下は「パンチ誌」でジョン・リーチ描く、二人の大きな幅のクリノリンドレスの女性が、教会への風刺画。「なんて美しい教会だこと。でも入り口が狭すぎる!」*Great Drawings and Illustrations from PUNCH 1841-1901: 192Works by Leech,Keene,du Maurier,May and 21 others Edited by Stanley Appelbaum and Richard Kelly :Dover
IMG_5834 (2)

PageTop

問題だらけの女性たち

風刺画j
「問題だらけの女性たち」(ジャッキー・フレミング 松田青子訳 河出書房新社)
 上の写真にはぼんやりとしか写っていないので、まず左ページの文
≪女性は時には試験を受けることを許されましたが、何の資格も取得できませんでした。頭が小さかったからです。≫
次は右ページの文
≪ごくまれに、外国の言葉を学び、留学し、医者の資格を得て帰国する女性もいましたが、女性を外に出すとろくなことにならないので、証明されただけでした。≫

 英国、ビクトリア時代の(そして今も?)女性蔑視の風潮を、風刺画にした本です。18世紀英国で大衆新聞が出てきた頃、ウィリアム・ホガースによって、風刺画が描かれ、英国の風刺画隆盛のきっかけを作ったとされています。ギルレイやクルックシャンク、パンチ誌のリチャード・ドイル…その後、プーさんの挿絵を描いたシェパードなどもです。多々の英国のイラストレーターたちが居て、今、頭が小さかった女性が、この1冊の本を出したのです。

 笑い飛ばせる人は、女性問題を真剣に捉えられていると考えます。
 ちょっと、酷く書きすぎじゃないか?と、天才たちを擁護したい人は、本の始まり、特に一行目を読み飛ばしているのかもしれません。
≪かつて世界には女性が存在していませんでした。だから歴史の授業で女性の偉人について習わないのです。男性は存在し、、その多くが天才でした。その後、女性が少しだけ誕生するようになりました。でも、頭がとても小さかったので、刺繍とクロケー以外のことはなにもうまくできませんでした。≫
 そんな嘘っぱちな言葉から始まるのですから、真に受けてどうするのです。ただ、この本はナンセンスの本ではなく、風刺の本です。皮肉です。

 最近の日本で、何度も続く失言問題(本人たちは失言と思っていませんね。どこがおかしいねん?が本音だと思います)、あるいは、医学部入試の女子合否問題、一昔前は、我が出身高校、男女3:2の定員だったけど、何故、3:2?
 アメリカなんか、日本とは比べものにならないくらいガラスの天井だと思っていたら、そうでもなかったし、me tooの風も吹いたし…

 この本読んだら、昨年続けて書いていたチャールズ・ダーウィン➡➡  ➡➡  ➡➡  ➡➡  ➡➡、そうか、あなたもね・・・が、一番残念かも・・・。

 ま、ともかく頭の小さい「女」の書くことなんて、所詮、たいしたことではありません。
 そして、ダーウィンによると、女性を家の中に閉じ込めておけば、男性のように結果を残すことができないので、女性が生物学的に劣るのも必然、だそうです。?????(続く)

PageTop

むかしの鳴き声

スイス2015 (1)j

(承前)
  『うしは どこでも 「モー!」』(エレン・スラスキー・ワインスティーン 作  ケネス・アンダーソン 絵  桂かい枝 訳 すずき出版)➡➡にあるように、世界共通の牛さんの「モォー」は、日本では、昔から「モォー」と鳴いていたのか?

 この疑問には、「いまは昔 むかしは今 全5巻」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)第3巻「鳥獣戯語」に、答えがありました。

≪牝牛はウンメと鳴き、牡牛はウンモと鳴くなる≫(醒睡笑)*1623年成立の笑い話集1039話
・・・・ま、やっぱり、牛は、モゥーかな?

牛ではなく、猿の事は、「今も昔も進化しない猿」と書かれ、
≪キヤキヤキヤキヤ≫(狂言「猿聟」)
≪キヤアキヤアキヤア≫(狂言「柿山伏」)と、しています。

そして、鼠は、チューチューでなく、「ジイジイ」
≪「あら都恋しや、ジイジイ」「姫まつ恋しや、若まつ恋しや、ジイジイ」「都よりの花男見んとて、ジジメキ、寄りこぞり給ひけり」(慶応大学本『弥兵衛鼠』)
≪ジジといへば聞き耳たつる猫殿の眼のうちの光恐ろし≫(渋川板御伽草子『猫の草子』)

さて、犬は?「わんわん」といわず、古くは、英語のよう。
≪べうべうたる野城、ことに興をもよほして覚え候≫(チェスター・ビーティ本『十二類絵巻』 15世紀)
≪ただべうべうと打つ波の音/鼓にも犬の皮をやかけぬらん≫(鷹筑波)*1642年刊の俳諧撰集
≪世間ノ人ハ犬ノ如ニシテ、ヒヤツヒヤツト吠テ≫(東福寺『四河入海』)1534年成立の抄物

他にも鴉、鷲、猫、梟、雉なども出ていますが、
ちょっと勉強になったのは狐。
≪コウコウとはちぎりながら其日はみえず≫(チェスター・ビーティ本・旧堂本本『十二類絵巻』 15世紀)
≪夜ならばコムコム(コウコウ)とこそ鳴くべきに あさまに走る昼狐かな≫(大山寺本・十行古活字本『曽我物語』江戸時代)
・・・・コウコウというのは、来う 来う(擬声語のコウコウの掛言葉)。

 上記チェスター・ビーティ本・旧堂本本『十二類絵巻』では、「コウコウ(来う 来う)」と約束しながら、狐が、その日は来なかったという箇所があります。ずるがしこく、約束を破る狐の性質までも当時から読み取っていたのが面白い。(『鹿まつところの狸』に続く)

PageTop

文庫本

  京都7

 最近の文庫本--新訳であったり、新刊であったり、改版であったり、様々ですが、注釈の場所が、後ろにまとめてではなく、開いたページの左側を利用して書かれているものがあるの、ご存じでしたか?

 何しろ、浅学なものですから、本を読んでいても、その文言の歴史的背景や、擬古文的なものであれば、読み方、意味までも、ようわからん時が、多々あります。そこで、後ろの注釈まで戻って、調べるものの、途中、面倒になって、わかった気になって、読み終えてしまうことも、多々。

 が、2019年末の新刊「サラムボー上下」(フローベル作 中條屋進訳 岩波文庫)を読んだとき、左端に注釈(脚注)が、ありました。
 この古代カルタゴを舞台に書かれた歴史小説を読み進めるにあったって、何度、左端の注釈(脚注)にお世話になったことでしょう。
 個人的には、この話の前半では、引き込まれ一気に読んだものの、後半、ごちゃごちゃしていまい、挫折。古代とはいえ、かなり酷い書き方もあって、サトクリフの歴史小説を楽しんだようにはいきませんでした。

 それで、芥川龍之介の「仏蘭西文学と僕」という一文を読んでいたら、こんなこと書いてあって、ちょっと、嬉しい。
≪フロオベルに『聖アントワンの誘惑』と云う小説がある。あの本が何度とりかかっても、とうとうしまいまで読めなかった。・・・・(中略)・・・近頃ケエベル先生の小品集を読んで見たら、先生もあれと「サラムボオ」とは退屈な本だと云っている。僕は大いにに嬉しかった。しかしあれに比べると、まだ「サラムボオ」なぞの方が、どのくらい僕には面白いかしれない。≫(芥川龍之介全集7 ちくま文庫)

 さて、こんな文を見つけたのも、何十年かぶりの芥川龍之介。
 芥川龍之介を読み直すきっかけになったのは、今昔物話でした。その際、時代や当時の人物等の注釈が必要なカ・リ・リ・ロにとって、左端に注釈は必須でした。それで、文春文庫現代日本文学館「芥川龍之介」の左端に注釈を見つけ、その後、同じく、ページ左端に注釈のあるちくま文庫「芥川龍之介全集 全8巻」にも手を出したというわけです。

 ☆写真は、上下とも京都 知恩院三門。 

京都8

PageTop

踏ん張った牛

アイガーjj

(承前)
 昨日のように、牛が力強い象徴として伝わる話➡➡は多いのですが、単に、体力的な力強さだけでなく、その心も強いと表現しているお話もあります。
 それは、「いまは昔、むかしは今」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)の第三巻「鳥獣戯語」に載っています。やはり今昔物語です。

  夕暮れに、牛小屋に入れられるのを忘れられた牝牛と子牛が、田んぼで草を食んでいると、狼がやってきます。母牛は、子牛をかばおうと、狼の動きに合わせ、ぐるぐる回り。するうち、片方の崖が土塀のように切り立ったところに狼が背を向けたちょうどそのとき、母牛は真正面から寄って行き 突きました。母牛は、満身の力を込めて、狼を角で突き続け、狼は死んでしまいます。
 が、母牛は、狼がまだ生きていると思ったのか、角を突いたまま、夜通し踏ん張ります。
 夜が明けて、牛小屋に入れ忘れたことに気づいた牛の主が見に行くと、狼を追い詰め、まだ角で突いたままの母牛とそばで鳴きながら座っている子牛を見つけます。
 それで、牛の主は「なんとかしこいやつだ」と言って牛をほめ、うちに連れ帰ったというお話。

 第3巻「鳥獣戯語」というタイトルですから、牛の話だけでなく、たくさんの鳥獣の話が載っています。また、大きな目次だけ記します。
 翼あるもの、地を走るもの
 神か神の使いか妖怪か
 狩人・王・荒えびす
 血と肉の祭り、豊穣の祭り
 ”生”の品位
 人と野生をつなぐもの
 楽土の夢想

☆写真は、スイス 向こうにアイガー

PageTop

黄斑の牛

北野jj

(承前)
 今度は、「黄斑」。
 あめまだらの牛の話です。こちらは「いまは昔、むかしは今」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)第二巻「天の橋 地の橋」にありました。

また、第二巻の大きな目次だけ書きます。
「最初の橋を見つけた!」
「だれが橋を架けたのか?」
「橋の神秘」
「橋は別世界との通い路」
「橋にひそむもの、川にひそむもの」
「川をゆく――淀川水系の場合」
「都の橋 京・大坂・江戸」
・・・中には、「だいくとおにろく」や「さんびきのやぎのがらがらどん」や「一寸法師」などの話も入っています。

 それで、「黄斑の牛」がでてくるのは今昔物語「河内禅師の牛」です。大意が現代語にされて書かれています。
≪・…当時、河内禅師のところに黄斑の牛が飼われていたが、その牛を知人が借りうけたいというので、淀へ牛をひいていかせた。ところが、樋集(ひづめ)の橋にさしかかると、牛飼いの車さばきがへたで、片方の車を橋から落としてしまった。それにひかれて牛車も橋から落ちていく、ああ、落ちる落ちる、と思っていると、牛は足をふんばってぐっとこらえ、じっと動かずに立っていた。とうとう鞅(むながい)が切れ、牛車は落ちてこわれてしまったが、牛は落ちずに橋の上にとどまった。人は乗っていなかったので、けが人はなかった。力の弱い牛だったら、引かれて落ちて、牛も大けがをしたことだろう。なんとすばらしい牛の力だと、そのあたりの人たちもほめちぎった。・・・・・≫

 なるほど、力強い牛の象徴として「黄斑牛」が選ばれたのですね。
 ちなみにこ樋集橋のことを調べてみましたが、この字の橋や地名は見当たりませんでした。ただ、ひづめ(獣の蹄と同じ音)の字が樋爪という地名は、京都南部桂川(やがては淀川になる近く、淀樋爪というところが見つかりました。(続く)


北野

PageTop