FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

リュート

リュート2
(承前)
 ソプラノとリュートの小さなコンサートでは、演者が、簡単に楽器や、歌詞の説明をしてくれる場面もあり、興味が増しました。
 リュートは、ペルシャ時代からその原型があり、石造りの建物で弾くヨーロッパでは、優しい音色(はかない、か弱い感じ)で、受け入れられ、東に伝わったら、「琵琶」となり、畳、障子の音の吸収しやすい日本では、結構大きな音の弦楽器となっていったようです。

 するうち、リュートは、音域を増やすために弦が増え、上の写真にうつる、直角に曲がる部位も、今見る弦楽器のように、まっすぐになっていったようです。また、上記写真右のフェルメールの絵の女性が調弦しているように、ガットの調弦は、なかなか大変だったようで、弦が増え、今のようなナイロン製のガットでないなら、ますます大変だったとのこと。で、「リュート奏者が60年演じるなら、その40年は調弦している」というジョークまで、披露してくださいました。
 そんな苦労の多い楽器も、優しい音がゆえに、大きな音の出る楽器や、たくさんの楽器の中では、存在感が薄れ、衰退していったようです。ですので、今回、音響のいい、小さなコンサートで、楽しめたのは、よかった。

☆写真上は、「フェルメールと音楽展」「(2013年:ロンドン・ナショナルギャラリー)➡➡のときの図録の上に、「リュートを調弦する女」(フェルメール)の絵葉書
☆写真下は、同じく「フェルメールと音楽展」図録”Two Men and a Young Woman Making Music on a Terace,about 1670-5"(Jan Steen画1626-1679)の一部
リュート4

PageTop

ロマンチックな歌に、優しい音色

     リュート20
ソプラノとリュートの 小さなコンサートに行きました。生リュートの演奏は聞いたことがありませんでした。
バレンタインデーが近いということで、フランス、イギリス、イタリアの愛の歌を集めたものでした。

 お昼を済ませたばかりのその時間、少々眠気を誘われるのは、ソプラノの優しい歌声と、その伴奏となる、優しいリュートの音色ならばこそ。

 讃美歌や古謡、マザーグースなどは、どこかで聞いたことがある、親しみのあるメロディ。中でも、LochLomond(ローモンド湖)などは、「五番街のマリー」かと、思うくらい似たところがあることにびっくりしたものの、とってもいい歌。スコットランド地方の古謡は、どこか、懐かしい。

 ・・・と、英語の歌もさることながら、イタリア、フランスの歌も、素敵でした。
「恋人よバラを見に行こう」は、ロンサールの詩を歌ったもの。
改めて、ロンサールが古い時代の詩人だとわかります(1524~85)。というのも、リュートがルネサンス期からバロック期に活躍していた楽器だったからです。
ロマンチックな歌に、優しい音色のリュートの伴奏。

≪恋びとよ、見にゆかん、
花薔薇(はなそうび)、けさ紅(あけ)に、
陽に解きし その衣、
くれないの 重なりも、
きみに似し頬のいろも、
失せたりな、今宵いま。
・・・・・(後略)・・・・・≫「カッサンドルへのオード」(「ロンサール詩集」井上究一郎訳 岩波文庫)(続く)

PageTop

スター

アートj
レディー・ガガの映画「アリー・スター誕生」を見に行きました。
今まで、ジュディ・ガーランドやバーバラ・ストライサンドなども主演した映画「スター誕生」の現代版。(舞台や設定は、各々、異なるようです)今をときめく、レディー・ガガの歌を劇場で聴けるとあっては、見に行かなくては…

 予想通り、レディー・ガガの歌唱力は圧巻。監督で共演の男優も、歌の上手いこと。
 しかも、すっぴんのレディー・ガガは、歌手が本職とは思えない演技力。

 歌唱力や演技力が光っているように思えるものの、さて、映画作品の出来としては、どうなんだろう?・・・・と、思っていたら、アカデミーや何やかやで、評価が高いらしい。
 クィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」➡➡も劇場で聴くことのできる臨場感はともかく、こちらも「アリー・スター誕生」同様、作品の評価も高いらしい。フレディ・マーキュリーの天才と波乱に満ちた人生があってこその作品だったような気がするけれど。

 とはいえ、レディー・ガガの心のこもった歌、フレディ・マーキュリーの魂の叫び。天賦の才能を持った人たち。
 加えて、レディー・ガガが、政治的な発信をしているのも、応援したくなる一因です。
 ユーチューブで見ることのできるレディー・ガガが歴代大統領経験者を前に、弾き語る映像は、なかなか小気味よく、素晴らしい歌声。
 
 で、確か、「アリー・スター誕生」の中で、主人公アリー(レディー・ガガ)の部屋に、キャロル・キングの写真が貼ってあったのは、本人のリスペクトの象徴なんですよね。➡➡
☆写真は、ロンドン チャーチル博物館壁

PageTop

優しい子に育ちましたね

ハイドパーク15j
 おもわず、声をかけにいきました。
 テストのその朝、いつもはお洒落な彼の今どきのキャップの下は、丸刈り坊主頭。
 彼は、照れながら帽子をとって、頭をかきました。
 こちらは、「優しいんやね・・・」と、肩を叩くのが精いっぱいでした。

 真面目に授業を受け、授業後は質問もし、持参した絵本を手に取りに来る。毎回の言葉遊びも、こだわって、適当に提出する学生とずいぶんの差。

 そんな彼が2週続けて休みました。ん?学校にも連絡が入っていたようです。「家族の用があって・・・」
 で、登校した時、彼は、「母の抗がん剤治療・・・」と言いました。
 
 次に、エレベーターで一緒になった時、「昨晩は、家族でウィッグをかぶり合い、誰が一番似合うかやったんすよ。ま、母が一番似合ってましたけど」

 そして、今や、真冬の丸刈り。
 なんと、優しい心を持った青年に育っているのでしょう。頑張れ、彼のお母さん。
 テストの出来も、きれいな字で、ちゃんとハイスコアでした。ご安心を。

☆写真は、ロンドン ハイドパーク

PageTop

物より思い出

     フィジーj
 先日、長男が、「こんな画像あるよ」と、見せてくれたのが、フィジアンダンスの画像。
 そうそう、子どもたちが、10代前後の頃、夏休みに続けて3度、南太平洋フィジーのマナ島に行ったとき、ホテルの夜の出し物に、フィジアンダンスを見たのです。
 狩りに行く前の踊り、お別れの歌・・・・などなど。
 長男が、見せてくれた画像は、狩りに行く前のものでしたが、あのときの曲と、ちょっと違うかも?
・・・ということで、今度は、みんなで検索し合い、これかな?これが近い?などと楽しみました。多分、部族ごとに、微妙に違うのだと思いますが、みんなが覚えていたのは、男の人たちが、筋肉質でかっこよかったことと、女の人の中には、髭が生えていた人も居たということ。それに、ゆったりしたフラダンスや、タヒチアンダンスのように、フィジアンダンスも女の人たちが踊るものは、手の動きで、何か思いを表現しているということ。

 ほかに、朝ご飯の卵を調理のおばさんが片手だけで割ったこと。
 体重と荷物の重さを計って島に飛ぶ小さなセスナの扉がきちんと閉まってなくて(閉まらなくて)少々、びくびくしていたのは、親だけだったこと。長男などは、パイロットの横の席に乗せてもらったし・・・などなど、思い出は尽きません。

 年金生活の近い今、なんという出費!と、我ながら驚きます(なんといっても、家族5人ですからね)。
 とはいえ、日頃は、テレビを見ず、塾に行かず、ゲーム機を買い与えるわけでなく、3人の散髪は家でやり、外食をせず、ドライブもせず、年に一度、距離と日数を伸ばしながら(小児喘息の長男が居ましたから)、旅行に出かけた その思い出を楽しむ姿を見せてもらうのは、有難いことでした。

PageTop

会話のない食卓

  さぎj
 家族で外食は、もともと少ないのですが、その日は、予約でいっぱいのお店(中華料理店)に、大人ばかりで行きました。その時、目にした二つの光景のこと。

 隣のテーブルには、中学1年生くらいの女の子と、小学校高学年のその妹、そして、お父さんとお母さんが席に着きました。
 料理が運ばれてくるまで、二人の女の子は、携帯を出し、ゲームをしていました。そのお父さんも携帯を、いじっていました。お母さんは、何か、話しかけていますが、話しかけられた女の子たちは、目もあげないで、返事をし、そのままゲームをしています。
 やがて、料理が運ばれてくると、女の子たちは、ささっと、食べ、またゲームに興じていました。そのお父さんも、画面はゲームになっていました。
 つまり、料理を食べていないときは(あるいは、食べている時もあったかもしれない)、4人中3人が、携帯の画面を見、指を動かしていました。一人、お母さんのみ、何か、話しかけています。
 4人でする会話は、多分、初めの注文のときだけだったのかもしれません。(その時は、まったく気にしていませんでしたから、その人たちの様子がわかりません。)

 さてもう一つ、席から見えた光景。
 向こうの座席に、ベビーチェアに座った男の子と、その横にはその子のばあば。
 その子は、うちの2歳半の孫より大きく、しっかりしているように見えました。多分、3歳以上と思える男の子でした。 
「うちの孫も、もう少ししたら、このように外食にも連れ出せるのかな・・」と考えていました。
 その子は、お行儀よく、ばあばに食べ物を口に入れてもらっています。
「自分で食べたら、こぼすもんね・・・」と、おとなしく食べているその子を見ながら、うちの孫の食べっぷりを思い出していました。
 やがて、ごちそうさま。
 すると、手には、ゲーム機。
 しばらく、画面を見つめ、指を動かしていましたが、次に見たときは、まぶたが重そう・・・で、横のばあばの抱っこということになりました。男の子の前には、お母さん、赤ちゃんを抱っこしたままのお父さんが居ましたが、話しているのは、ほとんど、目にしませんでした。

 会話のない、中華料理の食卓、そんなこと、考えにくいなどと思う人が、減っていくのでしょうか。
 参考➡➡
☆写真は、近所の河口。

PageTop

酸っぱい

     1544883601596 (2)
 孫たちも参加のクリスマス会。
 たくさんのプレゼントに交じって、果物好きのおじさんが用意したのが大粒のイチゴ。

 おじさんも赤ちゃんの時、苺を洗った上に、さらに表面をとって、食べさせたことを思い出し、6か月の孫にイチゴを、口に入れた写真がこれ。生まれて初めて食べるイチゴです。

「酸っぱい!!!!」
酸っぱいものなど、口にしたことがないのに、何故にこの顔ができるのだろう???
このイチゴ、箱に入った高級品の「あまおう」。
大人たちには、甘く美味しいものでした。
もちろん、2歳半の孫は、誰よりも早く、パクパクパクッ・・・・
        1544919426835 (002)

PageTop

師走のココア

     ザンクトガレンj
 先日、クラシック音楽を、極上のスピーカー、プレーヤーで聴けるカフェに行きました。
 最近、パソコンから、流れ続けているクィーンとはちょっと違います。
 膨大なLPレコード コレクションの中からリクエストしたのは、バッハの無伴奏チェロ。演奏は、ロストロポーヴィチ。実は、クラシックなら、なるべく楽器の少ない楽曲が好みです。
 中でも、チェロの楽曲は好きなのです。かつて、聴講した英国文化論の中で、ジャクリーヌ・デュプレの「エルガーのチェロ協奏曲」の演奏を聴き、落ち着いた響きの中にある情熱を感じ、その音色に惹かれました。

 夫は、コーヒーを飲みながら、コレクションのリストに隅々目を通し、レコードジャケットを眺め、極上の機器に近寄り(彼の目的は、ここにあります)、カ・リ・リ・ロは、美味しいココアを飲みながら持参した本を読みました。
 師走の優雅なひとときでした。

☆写真は、スイス ザンクトガレン修道院。

PageTop

コーラスを見る

     グロースター
  巷では、まだ、映画「ボヘミアン・ラプソデー」➡➡の話題がテレビや、新聞でも取り上げられ、懐かしい人だけでなく、若い人たちも取り込んで拡散しているのがわかります。ユーチューブの視聴者数も、日々、半端なく増えている・・・そこで、しつこく、クィーンの曲のこと。

 昔、娘たちの出身中学校は、コーラスに力を入れていました。市のコンクールでも、いい成績だったようで、市のホールでコーラスするの聞きました。そんな音楽会もさることながら、この子たちの卒業式に歌う歌の感動的だったこと。もちろん、親だから味わえた感慨だったともいえます・・・が、コーラスという形で、心を寄せ合っているのを目にすることは、そのプロセスも見えてきて、個人的には、好きなシーンです。

 そこで、クィーンです。クィーンにほとんど興味のなかった夫が、カ・リ・リ・ロとその娘が映画に行ったあと、盛り上がっているのを目にして、聞きました。「それで、一番好きな曲はどれ?」
 「♪Somebody to Love ♪ かな・・・。それから、・・・・・・、それから」
 
 このゴスペルみたいな曲Somebody to Love は、どうですか?若い彼らの情熱も伝わってきて、当時よりずっと、気に入っています。特に、I’m OK, I’m alrightのところ。強がっても、強がっても・・・

 で、クィーンのOfficial ユーチューブのOfficial Video♪Somebody to Love ♪を見ると、彼らが、コーラスするシーンが写ります。 キーの高い部分では、フレディ・マーキュリーとブライアン・メイ➡➡、そして、聖歌隊に居たという高音のロジャー・テイラーが、声合わせ歌います。それはそれで、いいのですが、そのとき、ベースのジョン・ディーコンは、どこ?と少々気になっていたら、最後のコーラスでは、4人一緒にコーラスするのです。一つのマイクの前で、若者4人が心合わせて。
 いいなぁ、コーラスしているのを見るのは・・・
 初めて見たときは、ちょっと、うるっとしてしまいました。 
 若いのは、いいなぁ・・・・とも、思います。

 そして、現代のこの簡易さを享受しながら、このブログを打っています。聞こえてくるのは、フレディの歌うバラード♪Love of My Life♪Official ユーチューブの音です。
☆写真は、英国 グロースター大聖堂。

PageTop

絵本を抱えて、種まきに

みのお1
  機嫌よくとはいきませんが、なんとか、週二回仕事に出かけています。
 昨年からの1年間で、忍び寄ったものが、実感できる日々です。
 が、徐々に、ほんの一部とはいえ、絵本に近づく学生たちも増えているので、やりがいだけが支えの日々。
 重くても、絵本を抱えてまいりましょう。

 最近、電車で、文庫本を読んでいる若者を見かけることが、ほんの少し増えたような気がします。ほんの少し…

 休み時間に文庫本を出している学生が二人並んで居たので、何読んでいるの?どこで読んでいるの?などと、聞いてみました。
 お互いが貸し借りして、電車などで読むらしい・・・ふーん。
 もちろん、今どきのお嬢さん二人。綺麗な長い髪。綺麗な爪。綺麗にお化粧。
 絵本が見えにくいと、志願して前列に座っているのです。

 絵本を抱えて、種まきに。

☆写真は、大学の周辺、同じ日、携帯の写真。紅葉と桜です。

みのお2

PageTop