みんなみすべくきたすべく

そうなの、わたしは 赤ちゃん。

 赤ちゃんj
がちゃがちゃがちゃがちゃ 台所の音 うるさいなぁ。
お姉ちゃんのときは、静かにしていたって聞いたけど・・・

初めての沐浴。
でも、でも、あれが足りない、これもあったほうがよかった・・・
お姉ちゃんのときは、パーフェクトに揃っていたって、聞いたけど・・・

みんなは、軽っ!!というけれど、そりゃ、2歳のお姉ちゃんとはくらべものになりません。
お姉ちゃんって、ともかく、食べる人だもの。

そうなの、わたしは 赤ちゃん。
小さく 時々、微笑むの。

PageTop

さてさて、わたしは お姉ちゃん。

泣くj
 さてさて、退院してきたお母さん。
 あれあれ、だれ?このちいちゃいの。

久しぶりなの、お母さんの抱っこ。
あれあれ、だれ?ちいちゃいのが抱っこされてるよ。

 さてさて、わたしは、お姉ちゃん。
 あれあれ、ちいちゃいのが泣いている。

 ほんとは、わたしも泣きたいの。
 イヤイヤ イヤイヤよ、
 久しぶりなの、わたしのお母さん。

PageTop

ぴったりの名まえを だれが つけたのだろう

くさたちばなj
 思い出します。子育て真っ最中の頃、大人が読む本を、まったく読まない10年余があったこと。
 読むのは、子どもと楽しむ絵本や児童文学、せいぜい、ヤングアダルト向けの小説。

 それを補うかのように、ここ10年間は、大人が読む小説などを、よく読んでいました。
 が、しかし、ここで書いた「ゴッホの手紙 上 ベルナール宛」(エミル・ベルナール編 硲伊之助訳 岩波文庫)
「ゴッホの手紙 中・下 テオドル宛」(J.v.ゴッホ・ボンゲル編 硲伊之助訳 岩波文庫)以来➡➡ 娯楽としての読書はまったくりできていません。
  時間がなく、多忙を言い訳にするよりも、余裕がないという言葉が当てはまります。

 そんななか、ぱらぱらと、どこからでも読める(見られる)「まど・みちお詩集」(谷川俊太郎編 岩波文庫)を、手に取りましたら、
こんな詩が、ありました。豆好きの孫が居るから、目に留まったのかもしれません。
「まめ」
≪豆に「まめ」という
ぴったりの名まえを
だれが つけたのだろう

さっぱりしている
ひきしまっている
りっぱというよりほかはない
つけたのは 人間でないのでは?
と おもわれてくるほどだ
・・・・(後略)・・・・・・・・・・・・・・≫
(続く)

☆写真は、白沙村荘➡➡でみたハナタチバナ・・・やっと、名前がわかった。

PageTop

神戸の山と海

神戸jj
 (承前)
 誕生日を忘れがちとはいえ、しっかり、家族の言葉に甘えて、連休前後が誕生日の我々姉妹は、神戸のホテルに泊まりました。
 神戸生まれ・育ちの二人は、山の近い、海も見えるこの場所が気に入っています。
 孫と一緒に寝る日々を忘れ、ひととき ゆっくり過ごしました。

 近々、もう一人の孫も生まれ、いずれ、こんな日々があったことも、いい思い出となるでしょう。
 そして、孫も、ばあばと一緒に寝た事、お風呂に入ったこと・・・・すべて、忘れてしまうでしょう。
 が、年老いた姉妹が、海と山に惹かれるように、どこか、身体の片隅に、ばたばたと動くばあばの姿が、記憶されているかもしれません。

神戸j

PageTop

誕生日

てつぼう30
 (承前)
 いつの頃からか、自分の誕生日も結婚記念日も、忘れがち。
 ところが、孫の誕生日は、そわそわ。周囲もそわそわ。
 特に、入院生活の続く、孫の母親は、動けない分、思いがふくらみ、手作りのカードを用意して待っていました。
 孫の父親は、抱き心地のいい、人形を手作りし(!)、じいじは、バースデー・ケーキを作りました。
 叔母は、エプロンを手作りし、伯父は、大きな苺をプレゼント。大叔母は、玩具を用意し、もう一組のじいじとばあばは、夏のお洋服・・・・

 さて、連休中に2歳になった孫は、お口が達者。そのお口で、よく食べ、なんでも「自分で」、なんでも「いやだ」といいながら、鉄棒にぶら下がりました。
 替え歌歌手だけでなく、鉄棒選手という可能性まで!(続く)
 

PageTop

うそつききつつき つつきにつつく

     水飲み場j
昨日のブログ➡➡を書いた後、口ずさんでいたのは、谷川俊太郎詩「ことばあそび」(瀬川康男絵 福音館)のなかの、「うそつききつつき」
≪うそつききつつき きはつつかない うそをつきつき つきつつく
うそつききつつき つつきにつつく みかづきつくろと つきつつく≫

ずいぶん、大ぶろしきのきつつきです。木をつつかないで、月をつついているんですから・・・
まだ、おおぶろしきのきつつきは可愛いですが、人間の嘘つきは、どうなんだ?と思って、
嘘つきの「つき」を、つまり「つく」を調べてみたら、嘘つきの「つき」は、なんと、「吐き」と書くんですね。
「嘘吐き」!

つく・・・・吐く・・・意味は、好ましくないことを口に出して言う。他、「悪態をつく」も、これ、悪態を吐く。
なのですが、「吐き出す」までしないと「嘘」はつけないってこと?
☆写真は、スイス バーゼル

PageTop

墓場まで持っていけない

つつじjj 
 今、世の中を賑わしている、1年以上、あるいは、何年もかかって、出てくる事実。
 昨年、事務次官と言われた人が、退任し、本当のことを話すために登場した時、ああ、人間の良心もまんざらでもないと、思ったことがありました。今回も、やっぱり、嘘はつき続けられないと思う人の心が、後押ししているはずです。
 事の真相追求は当然ではありますが、個人的には、嘘をついてはいませんよ、ごまかしてはいませんよ、という側の人の晴れ晴れしい顔を見ると、ほっとします。反対側の厚顔無恥の態度には、もう、うんざりです。

 幼い頃、嘘つきは、地獄で舌を抜かれるんだから、と、教えてもらわなかった可哀そうな人たち。
 舌がないと、話すことができず、嘘もつけなくなる罰なのですから。

 いろんな事情で墓場まで持っていける嘘があるかもしれないとはいえ、この場合は、違います。

PageTop

数合わせ

フリージアj
(承前) さてさて、新学期の用意万端整えて、出かけたら、2016年に2版になった教科書がたった二年で2018年第3版になっています!きゃあ・・・
 子ども子育て支援新制度とかいう、ほれ!あれの【おかげ】。
 いえいえ、内閣府の告示は平成29年にやっているのですから、平成30年4月施行に慌てている方が悪いというお叱りもあるでしょう。

 かの政府が「力」をいれているかのように見える新制度。
 実際、雨後の筍のように、小規模保育園が、都市部では、ビルの中にできてるでしょ。あれは、補助金の成果か、はたまた????

 教育も福祉も、数合わせじゃないんだから・・・質なんです。質。
 子育てと言ってしまって、人とは、別ものと思っていないかい???人育てなんですよ。
 追いつかないから・・・などと、・・・迅速かつ慌てて整えているようですが、実際には、このばあばがの学生のときから、幼保一元の問題は出ていたし、1966年の1.57ショック以来、いろんな策をだらだら施してきたかのように見える。

 ・・・というわけで、教科書の数字や、表現少し変わっています。が、前の方がいいような表現もある。この表現の微妙な変化には、何かにつなげる少々匂いがないわけでないような・・・・・・振り回されるのは、いつも現場。
☆写真は、フリージアと白山吹

 白山吹j

PageTop

やめる!が言えない

 未使用ハナズオウj
前期の授業が始まる前、昨今のドタバタ生活を思うと、はてさて、務まるんだろうか、と少々不安でした。
が、始まってみると、案ずるより産むがやすし・・・意外と、気分さっぱり(身体はぐったり・・・)。

 日々、孫を預かっているという責任は、少々重い。
 もちろん、学生たちに講義するのも重い責任を感じます。
 が、ばあばとして生きるのは楽しいものの、やっぱり、自分を生きるのは、充実感があります。

仕事は、最終的には、やめる!と言えます。が、子どもを育てることは、やめる!が言えない。・・・・・そこが、世の母親たちが鬱々としてしまうところなのだろうと思います。

 さて、机上の学問というよりも現場での経験の豊富なベテランの教授と話している時、彼女もいうのです。先生というのは、毎年、なかなかよくやる学生に出会うから、また来年もやろうと思うんだよね、と。同感。➡➡
ところが…(続く)
☆写真は、ハナズオウとダッチアイリス

イリスj

PageTop

おかあさんのしごと

北野j
先日、懐かしいものを見せてもらいました。
 むかし、むかし、友人たちと子どもの本について思うこと、知っていることの情報交換していたことがあって、それをA4の一枚紙にまとめ、郵送していたことがあったのです。その全コピーです。

 このまえ、ここに書いたように➡➡、当時は、はがきで、個人の絵本と子育ての報告通信もしていましたから、子育てで時間がない!とぼやきながらも、こまめに発信していたことを思い出します。
 小学校1年生だった息子が、生活の授業で「おかあさんの しごと」を書き記すとき、「ごはんをつくる。せんたくををする。こぴーをする。」などと書いていましたから、いくら、家庭用コピー機のお世話になっていたとしても、自分勝手な毎日を送る母親だったと言えましょう。
 
 さて、それで、その昔の全コピーです。保管されていた人のを、わざわざコピーしてくださってファイルに入れてありました。感激です。そして、それをまた、コピーして読みたいと言ってくださる人が居て・・・

 実は、もちろん、原文は手元にあるのです。
 が、しかし、はがき通信のように冊子にせず、切り貼りのままの原文なので、退色甚だしく、見せていただいた全コピーのような状態では残っていなかったのです。

 そして、ご親切にも、その全コピーを、カ・リ・リ・ロに用意くださった人が居て、今、1987年から94年までの101号分まで読み直すことができました。感謝です。 

 思えば、長いあいだ、絵本のこと、子どもの本のこと、楽しんできたものです。
☆写真は、京都 北野天満宮

PageTop