FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

しょうびすい

     ばらすいj
(承前)
 大体、隣国というのは、何かと、簡単にいかない問題が山積するものだし、そこに宗教・宗派・教義が絡むと、より根深い問題が残り・・・また、アジアとヨーロッパを陸続きと考える、基本の土地が、トルコでありイランであり・・・なかなか、高校で習った程度では、理解が難しい、トルコとイランです。特に、平和ボケしている国民には、ピンと来ないことも多いのです。

 が、「トルコの至宝展」➡➡で、見た豪華絢爛な宝石などが、その昔のイランの「王書—-古代ペルシャの神話。伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)にも、同じように書かれているのを知ると、彼らが、単に陸続きにあったことを、我々にも教えてくれます。(今も、もちろん、陸続きなのですが)

 例えば、第一部神話の王たちの時代 第五代蛇王ザッハーク王(在位1000年)では、
≪ある日、王は、トルコ石を鏤めた(ちりばめた)王冠を戴き、象牙の王座に座り、王権の基盤を万全のものにしようと全国の貴族高官を御前に集めた。そして、拝火教高僧にこう言った。≫
 ここでいう王冠は、トルコのスルタンの王冠に似ているし、象のいるインドともつながっていたイラン(ペルシャ)は、象牙の王座・・・たったこの一行で、イランが、トルコとインドの間にあることがわかります。(詳しく言えば、今のアフガニスタンやパキスタンもある。)そして、最後で、王書に書かれている宗教は、拝火教、ゾロアスター教だとわかるのです。

 さて、宗教のことは、まったくの勉強不足ですが、映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」➡➡のインドから来たアブドゥルという青年が、ペルシャ系インド人で、ペルシャ絨毯を例えに、ヴィクトリア女王に話すところや、かのクィーンのフレディ・マーキュリーが、ゾロアスター教だったことを知ると、世界最古の宗教の一つだと言われるものの、今では、三大宗教どころか、ヒンズー教の陰にもなっているゾロアスター教にも、興味がわきます。

 閑話休題。そうそう、「トルコの至宝展」と古代ペルシャの「王書」の共通項をもう一つ。
 第一部神話の王たちの時代 第四代偉大なる統治の王ジャムシード王(在位700年)の章
≪王はまた別の年月を調査についやして雑多な石から鉱石をえらび、ルビー・琥珀・金・銀といった輝く宝を手にいれる。それらの貴重な石をほかの岩石から選別するのに王は呪術をつかったが、いわば岩の縛め(いましめ)から宝をとりだす秘密をとき明かしたのであった。また人びとがその芳香を愛する安息香、樟脳、純粋な麝香(じゃこう)、沈香(じんこう)、竜涎香(りゅうぜんこう)澄んだバラ水といった香料をつくる。≫
 バラ水というのは、女性の美容効果に近しいものとされていますが、古くは、宗教儀式で、浄めるときに使われてきたようです。ということは、、「トルコの至宝展」で、女性のための唯一の美術工芸品かなと思ったバラ水入れも(上記、写真の案内紙にある七宝製)、多分、およそ、身分の高い男性のものだった???(続く)
 ちなみに薔薇水は、しょうびすいと読むようです。

PageTop

トルコ至宝展

     トルコj (2)
 京都国立近代美術館の「トルコ至宝展ーーチューリップの宮殿トプカプの美ーー」に行きました。(~2019年7月28日)オスマントルコ時代からの日本との友好関係の歴史関係にも迫るとありました。先日のG20後に、トルコの大統領も寄って帰りましたね。(内政が、かなり厳しい状況であると思われるのに・・・)

 さて、ただの宝石展かと勘違いし、足を運んでいませんでしたが、行って見ると、OH!やっぱり、宝石に目を奪われてしまいました。嘘でしょ?というくらい大きなエメラルドや、水晶でしょう?というダイヤモンド。大体、ちっさーい宝石しか見たことがありませんから、展示されている本物具合が、よくわからん。展示説明を見て、ふーん、本物ね・・・
 その大きさもさることながら、その周りの細工も細かい事!!!日本の伝統工芸品で、何度も、ひぇーと、その細かさに驚いてきましたが、諸外国の多くの工芸品は、余裕(?)で、見てきました。それが、やっぱり、金銀財宝に目がくらみ、トルコもなかなかやるじゃないの。

 チューリップが、オスマントルコの象徴とされ、スルタンの衣装にも、美術工芸品にも、チューリップが表現されていました。トルコ語で「ラーレ」と呼ばれるチューリップ紋様で、優美な感じはするものの、そこは、イスラム社会。つまり、女の人が表に出てこないので、柔らかさに欠けるような・・・
 また、長すぎる袖も展示されていましたが、あいさつ代わりに、その袖に、口づける儀礼用らしく、安全上の知恵があることを知りました。女性用の長すぎる袖は、ひらひらと優美なだけなのに、このスルタンたちの袖は、長すぎ、多分地に着くくらいですから、スルタンに挨拶しようと思えば、膝を折り曲げなければなりません。

 なさけないことに、高校で習ったトルコの地歴から、進歩していませんが、たまたま読んでいたイランの(ペルシャの)「王書—-古代ペルシャの神話。伝説」*に、このトルコ展で、見たようなものが書かれていて、興味がわきました。また、隣国とはいえ、今や、トルコとイランの隔たりや、かの国々と関わる国々の位置づけ。先日、紹介した、イランの絵本➡➡から見る、イランとインドなどなど・・・事実は小説より奇なりなのですが、古いものは(古くから伝わるものは)、多くの真実を我々に示してくれます。(続く)

*「王書—-古代ペルシャの神話。伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)

PageTop

もりのなか

ファンタジー3
(承前)
 「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ まさきるりこ訳 福音館)には、個人的に深い思い出があります。(この話は、他でも書いたかもしれないし、話すことも多いのですが・・・)

 昔、小学校1年生を担任していた時、小人数のクラスだったこともあり、毎日、帰りの時間には、1冊の絵本を読んでいました。教室の後ろの広いスペースに子どもたちは半円になり、体操座りで床の上、教師の前に座ります。それで、絵本を聞くのです。
 そのとき、それまで、幼稚園にも保育所にもいったことのなかった、つまり、集団生活の経験のなかったNくんは、うろうろと、動き回り、ともだちの顔をのぞきこんだりしていました。それは、そのときに始まったことではなく、授業中でも同じでした。椅子に座って聞くという経験がなかったのです。騒いだり、もめごとを生んだりするのでなく、みんなが椅子に座っているのは、どういうことなのか、うろうろ確かめているような動きでした。やんちゃ坊主ということもなく、多動過ぎるということもなく、単に、友達の存在が気になって、椅子に座っていなかったような気がします。その子の家庭は、決して裕福ではなく、狭い一部屋に5人家族が住んでいました。N君が、一番上の子で、あと2人の弟、妹が居たと思います。
 いくら、この話が昔のことと言っても、当時、ほとんどの子どもが幼稚園や保育所に通っていましたから、一種のネグレクト状態だったのかもしれません。まだ、虐待という言葉自体が、知名度の低い頃で、ましてや、新卒の新米教師には、そんなに深いところは、理解もできていませんでした。
 ・・・・で、3学期にもなったある図書の時間のことです。
 子どもたちは、思い思いの本を広げて、図書の時間を過ごしていました。ふと見ると、N君が、「もりのなか」を広げ、にっこり笑っているではありませんか。いい笑顔!!!
 その笑顔が忘れられなくて、新米教師だったカ・リ・リ・ロは、前期高齢者講師になった今も、絵本の種をまき続けています。
絵本なんか見たこともなかったであろうN君に、「もりのなか」を紹介したように、これからも細々と種まきします。 とはいえ、終わりの方が近いなぁ・・・・

☆、写真は、「また もりへ」(マリー・ホール・エッツ まさきるりこ訳 福音館)➡➡の見返しを広げた上に、「もりのなか」

PageTop

ファンタジーの世界へ

ファンタジー1
(承前) 「あおのじかん」➡➡「はくぶつかんのよる」➡➡ 「シルクロードの あかい空」➡➡の イザベル・シムレールの絵本で邦訳されているのは、現在のところ、4冊です。

 次の「ねむりどり」(イザベル・シムレール作 河野万里子訳 フレーベル館)は、他の三冊と違って、科学絵本ではありません。美しい絵でファンタジックなで世界を表現しています。
 「青い」「赤い」ときて、今度は「白い」絵本とも言えるでしょう。白い鳥の羽毛の質感も、表現しています。
☆写真上は、イザベル・シムレールの「シルクロードの あかい空」の上に、「ねむりどり」の本を置いています。
 
 この「ねむりどり」は、図鑑のように名前を紹介するのではなく、お話仕立てですから、作者の表現する世界に、自らが入りこんでいく必要があります。ところが、話の始まりは、リアリティのある、生活感のある表現ですが、徐々に、時間をかけて、ファンタジーの世界に入っていくので、ん?どうなっているの?  よくわからない・・・ということに、なるかもしれません。

 ファンタジーの世界に入りこむことは、時間をかけてではなく、あっという間に入りこまなくては、嘘っぽさが増してしまうのではないでしょうか。そして、入りこんだ世界が、もしかしたら、あるかもしれないというリアリティに裏付けされていることが、ナンセンスとは、違うと言えましょう。ナルニア国に行くのに、大きな深い衣装だんすに入りこむなんて、本当にありそうな入り口です。

 と、考えると、幼い読者が、あっと言う間にファンタジーの嘘っこの世界に入っていける「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ作 まさきるりこ訳 福音館)は、本当にお薦めできる1冊なのです。

≪ぼくは かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを もって もりへ さんぽに でかけました。≫
 そしたら。ほら!あっというまに、ファンタジーの世界に入み、らいおんが、ひるねをしているところに・・・
 そして、髪をとかすライオンがいて、水浴びをする象がいて・・・これが、髪をとかす象、水浴びをするライオンじゃ、リアリティがない。ありそうな世界だから、安心して、入りこめる。

 「ぼく」は、もりに散歩に出かけ、動物たちと、お父さんには見えない動物たちと、楽しい時間を過ごすのです。

 イザベル・シムレールの「ねむりどり」は美しい本ですが、地味な色合いの「もりのなか」「また もりへ」というマリー・ホール・エッツの絵本と比べると、幼い読者の心を捉えて離さない絵本は、後者だと思います。(続く)
☆写真下は、イザベル・シムレールの「ねむりどり」の上に、「もりのなか」を置きました。寝ているライオンの口元、よーく見て!このリアリズムがたまらない。

ファンタジー2

PageTop

シルクロードのあかい空

あおのじかん5
「シルクロードの あかい空」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)
(承前)
 さて、今度は青い絵本ではなくて、「赤い」絵本です。赤い色を基調にし、雄大な風景を美しく描いています。
 この絵本は、科学絵本の中では、自然科学というより、社会科学絵本のような位置づけでしょうか。もちろん、今までの「あおのじかん」➡➡(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波) 「はくぶつかんのよる」➡➡のように、図鑑的な要素もあり、絹や綿、その地の動物などの名前を記してもいます。ただ、この絵本は、シルクロードの歴史や位置づけもテーマなので、2冊の青の絵本より、単純な流れとはいえません。
 今この時、シルクロードを行く人の視点だけなく、歴史上の人物も登場するため、視点がぶれ、幼い子どもにはわかりにくい。絵本の形はしていても、小学校中学年以上の子どもたちに楽しんでほしい一冊です。(続く)

☆写真上下とも、「はくぶつかんのよる」の見返しの上に、「シルクロードのあかい空」を広げています。これら、「はくぶつかんのよる」の 2つの見返しは、少々、青の明度が違い、描かれている内容も、違います。

あおのじかん6

PageTop

はくぶつかんのよる

あおのじかん3
「はくぶつかんのよる」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)
(承前)
 絵本「はくぶつかんのよる」は、「あおのじかん」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)➡➡の続編かと勘違いしそうになる深い青色の表紙。中身も青を基調としています。

≪かわの ほとりに たたずむ はくぶつかんに まもなく よるが おとずれます。だれも いなくなった たてもののなかを そっと
のぞいてみましょう。≫と、この絵本は始まり、化石や貝殻の部屋(ここは何も動きません)、次は、昆虫標本の部屋(チョウたちがこきざみに 羽根をふるわせ始めたと 思ったら、一匹の黄色いチョウが・・・)、骨だらけの部屋(いつのまにか、チョウたちが 飛び回り)、剥製の部屋(チョウたちが呼びかけると、どの生き物も目を覚まし)、鉱石や隕石の部屋(チョウたちがふれ)、道具たちの部屋、埴輪やお面も仏像も、空中散歩、いろんな時代のいろんな地域から集まってきた生き物や化石や道具たちが、一晩中 過ごすのは、まるで、夢のようなひととき!・・・・・

 たくさんの化石にも、昆虫たちにも、動物たちにも鉱石や隕石にも、名前が付けられ、さながら、小さな図鑑のようです。
 図鑑のようでありながら、詩的で、美しい話の流れ、最後は、一番初めに飛び始めた、一匹の黄色いチョウの絵で終わります。(続く)

☆写真上は、「あおのじかん」の最後の見返し、世界地図の上の動物たちの絵の上に、「はくぶつかんのよる」を置いています。
写真下は、「あおのじかん」の初めの見返し、色々な青という色見本の上に、「はくぶつかんのよる」の鉱物のページを開いています。


あおのじかん4

PageTop

こんなところに 半夏生

半夏生2
季節の雑節の一つ、半夏生は、今年も7月2日(夏至からかぞえて11日目)だったようです。
これまで京都 建仁寺両足院の、植物の半夏生の紹介をしてきました。➡➡   ➡➡ 半夏生は、半分だけ白く化粧したような葉っぱの、ドクダミの一種。
 
 が、京都まで行かずとも、近所の公園にありました、ありました。以前は、花菖蒲で埋められていたところが年々、寂しくなってきていて、リニューアル。そこに、半夏生を植えたようです。
半夏生1
 それで、その晩は、夏の疲労回復にいいとされる、明石のタコ(田植えが、しっかりと根付くようという意味付けもあるようです)と、栄養価の高いサバといいたいところですが、ま、サバの親類でもあるサゴシのきずしを あっさりと、食べました。
 梅雨は多分、もう一息。とはいえ、そのあとの真夏は、まだまだまだまだ続くから、しっかり、栄養管理もせねば・・・

半夏生3

PageTop

あおのじかん

あおのじかん2
 きれいな絵本です。「あおのじかん」(イザベル・シムレール文・絵 石津ちひろ訳 岩波)

 おはなしの絵本のようでもあり、小さい子どもにもわかりやすいように描かれた科学の絵本でもあります。絵本を開くと、初めの見返しの部分に、いろんな青の色見本があって、青といってもこんなにあるんだと、本を読み進む期待感が増します。
 ちなみに、一番薄い青は、「こなゆきいろ」。一番濃いのが、「まよなかのそらいろ」。

  ≪おひさまが しずみ よるがやってくるまでの ひととき あたりは あおい いろに そまるーそれが あおの じかん≫で、はじまり、≪すべての あおい いきものを よるの やみが そっと やさしく つつみこむ≫で、終わる絵本です。

 いろんな青の動植物たちが登場。詩的な世界が広がります。≪あおの じかんの はじまりを つげるのは アオカケスーー≫そして、ホッキョクギツネ、コバルトヤドクガエル、アオガラ・・・・・最後は、 ≪ぐんじょういろの イトトンボが ルリハッタケに すっと とまったら・・・・あおの じかんは そろそろ おしまい≫
 
 見返しの最後は、青い世界地図が描かれ、絵本に登場した動物たちが、世界中で、夜更けを迎えたのがわかり、その地球規模の広がりを知り、青の深さに改めて、感心。静かで、美しい世界を味わえる1冊です。 

 この綺麗な絵本を学生たちに読んだ授業後、「手に とって見たい」と近寄った学生も、何人か・・・(多くは、いつも、近寄ってきません) (続く)
 
あおのじかん1

PageTop

ねこのホレイショ

ホレイショj
「ねこのホレイショ」(エリナー・クライマー文 ロバート・クァッケンブッシュ絵 こぐま社) 

(承前) 写真左は、気難しい顔つきに見えるねこのホレイショです。
 ホレイショは、しまもようのおじさんねこで、ちょっと太りぎみ。灰色の眉毛が突き出しているので、気難しい顔つきに見えるとあります。が、抱かれるのも嫌いで、うれしいときも滅多にゴロゴロとのどを鳴らしません。ホレイショは、可愛がられるより、尊敬を込めて扱ってほしいと思っていたのです。

 写真右は、ホレイショが笑っているところです。抱きしめられても嫌がらず、嫌がるどころか、のどをゴロゴロ大きく鳴らしたホレイショ。

この2枚の絵は、初めと最後の絵です。
ホレイショに何があったのか?

 ホレイショの飼い主は、親切なケイシーさん。ケイシーさんが、連れて帰ったおなかをすかせた子犬、預かったウサギ、翼のおれた鳩、隣の家の子どもたち・・・みんな、ホレイショには、不愉快な存在でした。
うんざりしたホレイショは、家から抜け出すと・・・子猫が二匹、ついてきます。お店で追い払われ、大きな犬に吠えられ、雨が降ってきても、おなかをすかせた子ネコたちはついてきます。
 するうち、ホレイショが、子ネコたちのために行動し始め…
 最後は、ケイシーさんのところに子ネコと共に帰る・・・というお話。

 温かみのあるロバート・クァッケンブッシュの版画が、すねているホレイショをうまく表現し、可愛い子猫をより可愛く表現しています。

 作者のエリナー・クライマーは、「パイパーさんのバス」(クルト・ヴィーゼ絵 小宮由訳 徳間書房)➡➡の作者でもあります。

PageTop

15のわけあり小説

     テートj
(承前) ジェフリー・アーチャーの「15のわけあり小説」( 戸田裕之訳 新潮文庫)も、結論から言うと、面白かったけど、カ・リ・リ・ロにとって、心に残るような佳品が少なく・・・・そりゃ、そうです。「わけ」があるということは、素直な道筋とは違うということですから。狡猾な技は、そのとき、そのときは、感心するのですが、心に残らないものも多いのだと、思いました。ただ、、一気に読めてしまう短篇集なので、ファンも多いのは、わかります。

 そんな中、一つ、気になった短篇が、「外交手腕のない外交官」です。
 主人公のパーシヴァル・アーサー・クラレンス・フォースダイクは、大英帝国に決して陽が没しないことを証明する役割を果たしてきた家系に生まれ、生まれた瞬間にケンブリッジのトリニティカレッジという道を進むことが決められ、卒業後は、傑出した祖先にならって外務省入り…が、彼の学問的優秀さは認められるものの、常識に欠け、社会性に乏しく、外交的緻密さに欠けると結論付けられ、出世街道から外れていきます。
 外務省をくびにはならないものの、文書保管事務官という,地下の狭いオフィスでの仕事に・・・そして、その30年に及ぶ地下での仕事は、退職送別会で外務大臣に「彼は、大英帝国がこれまで結んだどの協定も条約もほとんど暗唱できる、比類ない百科事典のような記憶力を持つ男だ」と、賛辞されます。が、しかし、祖父は貴族、父は上級勲爵士なのに、自分はただの下級文官で終わったことの修正をはかる計画を立て、それを実行・・・・そして。。。。。
 
 ネタバレになるので、これ以上詳しく書けませんが、その計画というのが、彼の能力をいかんなく発揮させた上、外交という大きな世界事情を垣間見ることができ、最後は、ふーん、そこ?という終わり方でした。

 まったく、個人的ではありますが、彼の自宅がロンドン プリムコであることや、タクシーでユーストン駅に向かうなどと言う文言には、反応してしまいます。
 プリムコは、かのラファエル前派の絵をたくさん所蔵しているテムズ川に面した ロンドン テート・ブリテンの最寄り駅で、美術館に近づくにつれ、閑静な大きな住宅が並ぶ地域になる・・・ことを思い出します。
 また、初めて友人たちとイギリスに行ったとき、地下鉄に乗らず、タクシーで、マーブルアーチからユーストン駅に行ったものの、その後、地下鉄でも簡単に行けることがわかり、それ以来、タクシーはロンドンでほとんど使ったことがない、ということを思い出すのです。

 で、もう一つ、この話で気になったのが、彼の飼っている猫のホレイショーのことです。
 パーシヴァル・アーサー・クラレンス・フォースダイクの飼い猫ホレイショーは、どんな猫かというと、
≪彼がプリムコの自宅へ戻ると、三週間、ホレイショ― ―――三本足で片眼の猫―――だけを仲間として書斎にこもって、詳細な覚書を書き上げた。≫
≪(3か月たって)プリムコへ帰って最初にしたことは、猫に餌をやることだった。≫

 ホレイショーという名前が気になったのは、ジェフリー・アーチャーが他の短編でもシェイクスピアを扱い、ホレイショーというのが、ハムレットの友人の名前だから・・・そして、それから、現代では、「ねこのホレイショ」という絵本があるからです。(続く)

☆写真は、2017年プリムコから歩いて行ったテート・ブリテン案内。➡➡ 

PageTop