みんなみすべくきたすべく

トンネルを掘る

交通2j
 (承前)
 ルチェルンの交通博物館は、乗り物好きには、たまらん施設かと思いますが、カ・リ・リ・ロには、どうよ?と、思っていたら、2016年、日本の青函トンネルを抜いて、世界最長となった鉄道トンネル「ゴッタルドベーストンネル」の地層の断面図がすごーい。
交通5j
交通4j
 スイスは古い地層なので、地層が上に上に水平に重なるというより、垂直に近い地層の連なりが多いようです。ですから、掘削するときは、次々に異なる地層に出会い、そりゃぁ、大変だったと思われます。しかも、この世界最長トンネルは、57キロという長さ。
 館内には、その地層を物語る、50メートルはあろうかと思われる断面図が(もしかして、千分の一の縮尺?)あって、各地層部分の鉱物とともに展示されています。これは、なかなか興味深い。硬そうな岩あり、ぽろぽろと もろそうなものあり、砂みたいにさらさらしたものあり。(続く)
 
☆一番上と一番下の写真は、そのトンネルを掘っていった先端と、トンネルのパネル写真。(交通博物館前)
交通6j
 ちなみに、このトンネルはゴッタルドの山々の下を貫通しているのですが、 「ゲーテ スイス紀行」(木村直司編訳 ちくま学芸文庫)➡➡には、ゲーテ自身が描いたゴッタルト峠から見たイタリア方面の風景スケッチが載っています。

PageTop

交通博物館

 交通3j
(承前)
 中央スイス(インターラーケン・ブリエンツ付近)に滞在した2日間が雨や雷でしたから、山にも行けず、仕方なく、一日は、ルチェルンの交通博物館に。(こんなとき、スイス全土に行けるスイスパスは助かります。)

 ルチェルン観光➡➡は、昨年、うろうろし、周りの山にも上がったので➡➡⇒⇒この日は、この博物館だけ。夜に観劇の予定もありましたから。
 ・・・・予想通り、男の子や子どもたち・・・というより、嬉々としている男性諸氏。もちろん、日本から出かけた、我が家の男性もその一人。
交通1j
   交通7j
 歴代の機関車だけでなく、登山電車各種の鉄道コーナー、飛行機や船などもありました。
 自動車も新旧、展示されています。
 以下の写真、おもちゃのように見えるけど、実物の自動車が壁一面。
 多分、立体駐車場の要領で動かすことができると思われます。(続く)

車2j

車1j

車11jj

PageTop

北スイスの 古い街並み その6

チューリッヒ4j
チューリッヒ2j
チューリッヒ5j
(承前)
  古い街並みというのが、当てはまるかどうか不明ながら、ともかく北スイスの街で古いところも残っているのがチューリッヒ。
 ここは、ヴィンタートゥールのときにも書いたように➡➡、ともかくホテルが高い。なので、今までも飛行機の発着に合わせて、一泊するのがせいぜいで、駅前周辺しか歩いたことがありません。今回も、飛行機に合わせて、ちょっとうろうろしただけです。
 国立チューリッヒ博物館⇒⇒  ➡➡は、駅に隣接していて行きやすい。
 
 駅前周辺しかしらないこんな観光客も、チューリッヒが清潔で、豊かな雰囲気のある街だとは感じ取れます。坂道があったり、チューリッヒ湖がそばにあったり・・・そして、すっきりとお洒落なお店が連なっています。
チューリッヒ1j

以下の写真の教会は、華美でなく小さな教会でしたが、パイプオルガンの音が流れ、旅の疲れを癒してくれました。
チューリッヒ6j

チューリッヒ3j

PageTop

北スイスの 古い街並み その5

バーゼル8j
(承前)
 美術館や博物館には、昨日のテキスタイルミュージアム以外にも、数か所行ったのですが、それは、もう少し後で報告することにして、バ―ゼルに行った事。(バ―ゼルには美術・博物館が特に多い)
 
 とはいえ、初めからバ―ゼルに行こうとしていませんでした。
 例の日本で購入済みのスイスパスを使えば、スイス国内では、どこでも、お金を出さずに行けますから、いつかは、中央アルプス付近からチューリッヒ、いつかは、レマン湖から中央アルプスなどと、東京大阪間のような交通移動を、雨の日、あるいは晴れた!日に使うことが可能です。
 ということで、アルプス地方が雨なら、仕方ありません。ということで、バ―ゼルに。
バーゼル9j
ドイツ・フランス・スイスの国境が、街の端にあり、歴史ある 整然とした街並みです。他の壁絵の街とはちょっと異なる街並みでした。以下は、大聖堂と地下の古い部分、ほか改装中ですべて観覧できたわけではありませんでした。
バーゼル2j
バーゼル3j
バーゼル4j
バーゼル5j
 単に、日帰り弾丸バ―ゼル観光でしたが、実はゆっくり見どころ満載の街のようです。(というのも、後から一人で出かけた娘が、美術館・博物館の充実を教えてくれましたから)(続く)
バーゼル6j
バーゼル7j
☆写真下二枚は、旧役場(今も使っている?)のようで、広場から写したものと、中庭から写したもの。

PageTop

テキスタイルミュージアム

てきすたいる1j
(承前)
 かつて、ザンクトガレンに行ったときには、テキスタイル美術館が、この街にあることを知りませんでした。娘が刺繍やレースや、そういう仕事に携わるようになってから、娘の父親も、その分野に関心が生まれました。
てきすたいる5j
てきすたいる4j
 以前、レマン湖畔 モルジュの街で手芸店に入った時、≪今や、スイス刺繍というのは、ザンクトガレンでのみ。そこのミュージアムに行ったら、見られるよ。≫などと教えてもらっていたので、次回行ったらと、娘の父親は目論んでいたようです。
 
 で、ザンクトガレンに行くことに。
 しかしながら、結局、今夏は、娘もスイスに後半一部合流し、娘は自分自身で、テキスタイル美術館に行くことになりました。ところが、娘より先に行って、情報をと思う父親心は、ザンクトガレン行きを変更せず、綺麗な展示品を見ることになったわけです。
てきすたいる2j

 今、巷に流行る、レースの服ですが、このしっかりした厚みのレースは、ゴージャスで美しい。
  てきすたいる3j

PageTop

北スイスの 古い街並み その4

ざんくと1j 
 (承前)
 これまでいくつかの街の古い街並みを紹介してきましたが、ザンクトガレンの建物にも壁絵があったり、装飾されていたりします。
 が、日曜日に行ったものですから、ほとんどのお店が休み、食べるところさえ、少ない。なんだかさみしい・・ああ、雨も降ってきた・・・
ざんくと4j
ざんくと3j
ざんくと2j
ざんくと5j
 実は、ザンクトガレンには、テキスタイル美術館というのがあって、そこに行ってみたかったのです。(続く)

PageTop

ザンクトガレン修道院と付属図書館

ザンクト5j
 十年以上前に、初めてスイスに行ったときにも、ザンクトガレンに行って、ザンクトガレン修道院の天井絵の華やかさと壮麗さに圧倒されましたが、今も、それは同じ。

ザンクト1j

ザンクト3j

ザンクト2j

ザンクト4j 
    ザンクト7j 
  さて、修道院と同じ敷地の図書館は、華やかさより重厚な空気。こちらは、かつてケルズの書を見に行ったアイルランド図書館より小ぶりです。 図書館は、撮影禁止なので、ここに使った写真☟は、観光客向けのパネル写真。(続く)
    ザンクト6j

PageTop

漢字ミュージアム

漢字1
 久々に京都です。が、まだ、暑いので、お稽古前遠足は、空調のあるところ。
 前から行ってみたかった八坂さん前の漢字ミュージアム。

 なかなか企画展が面白いようで、夏休みは子どもたちで賑わったようです。
 夏休みもあけ、紅葉シーズンでもないので、ちょっと見やすく「ため」になる時間を過ごすことができました。というか、体験型ミュージアムは、楽しかった!!

 最近、日経に連載されている阿辻哲次さんの「遊遊 漢字学」を読むようになって、ちょっと漢字に近づきたい気持ちがあったのです。
 「あつじ てつじ」という、漫才コンビみたいなお名前の学者さんの文章は、 時にユーモアを交えながら、語源などを解説する文章で、読みやすく、その漢字愛が伝わってきます。
 聞くところによると、活版印刷屋さんのご子息で、漢字には、小さい時から親しんできたようですから、漢字学者になられるのは、当然のなりゆきかも、と思うと、それもまた楽しい。

 それで、そんな記事を読まないような子どもたちなら、いえ、漢字を今まで使ってきた大人でも、漢字ミュージアムの体験型学習(?)は、ふーん、へぇーと楽しみながら、漢字にアプローチできます。
 なにより、すべて、判るわけではないところが魅力で、料金に「年間パスポート」と表示されているのにも、納得がいくのです。
漢字2
 
 さて、建物の大黒柱は、五万字タワーというものになっていて、五万字の漢字が書かれています。あまりに面白い字を見つけるのに夢中になり、お稽古に行く時間も忘れかけ、「おっと、とっと!」と、時間切れ。 ・・・ということで、次回、雨降りでお稽古前遠足がままならないときには、「また、行こう!」
漢字3

漢字4

PageTop

氷河が解ける

  アイガー氷河13 
 スイス報告なんぞ、だらだらと書き続けている場合じゃないやん・・・
 嫌な足音が聞こえてくる。・・・とはいえ、個人には、なすすべもなく・・・

 先日、スイスの氷河が解けて、住民避難というNEWSが流れました。行った事がないところでしたが、ふもとの鉄道には、この度も乗って、見上げた場所のその向こうのはず。大きく言えば、先日、危惧した➡➡アイガー・メンヒ・ユングフラウとも連なるアルプスの氷河。
 その時列車に乗りながら目にしたのは、あちこち滝が流れ落ち、その水の量も多かったということ。

 下の写真は2017年今夏、一瞬だけ晴れた➡➡ユングフラウですが、いたるところ、水が流れ落ちているのが見えますか?上のヘリコプターが写る氷河は、2016年夏の同じユングフラウ。
アイガー2017滝

 世界中の異常気象をもたらすものが、46億歳の地球に、たったの何年かで、起こっているのかと思うと、本気で取り組まなあかんやん!そこの大きな国々(も)!!そんなこと考えもしないわけのわからんそこの人も!!!
 
 さて、以下の写真は、上から2005年、次は2016年、最後が、今夏2017年のアイガーの方向。

アイガー2005

アイガー2016

アイガー2017

 

PageTop

夏の寒中水泳

      あむらいんj
(承前)
 シュタイン・アムラインの朝食は8時開始だったので、早起き日本人夫婦は、毎日、小さな街とその周辺をうろうろ。
 すると、なぜか、人が、一定方向に向かっている・・・
 静かな川べりにマイクの声が・・・

 え?市民水泳大会?
 みなさん、早朝、水着に着替えて、主催者のアナウンスに耳を傾けています。
 水で冷えないように、油を塗っている人が多く、上下スイミングスーツの人は少し。
 おお、さむっ!
 こちら、8月とはいえ、スイスの朝は肌寒く、日本人夫婦はフリースのヨットパーカーを着込んで、なりゆきを見ていました。
 水泳1j

 すると、ドイツ語のシュプレヒコール!多分、「がんばろう!」とか「やろうぜ!」
 この力強さが、もしかして、かつて人を扇動したあれに近い?などと、思っていると、遅れてきた人たちもどんどん、川に近づき・・・

 ついに、ライン下流に向かって泳ぎ出しました。若者より年配が多かった・・・みなさんひたすら、泳ぐ。泳ぐ。
 我々は、寒いので、帰りましたが、確か3月のロンドン ハイドパーク サーペンタイン池でも、泳いでいたなぁ➡➡・・・皮下脂肪?体感温度の差?
水泳2j

PageTop